今どきの新入社員と今どきの上司の巻

[登場人物]

子分1号
中途入社だった私と入社年度がさほど変わらないからと、タメ口どころかときどき上から目線になる女性部下。

子分2号
妙な感性と仕事ぶりは評価できるが、かなりお調子者。子分1号の後輩となる女性部下。

静 :「あのさ、大手カード会社に勤めてる友達がいるんだけどね。今年入ってきた新人の女の子でスゴイ人がいるんだって」

子1:「なんか今の新人って、常識以前っていうか考えられないようなことをするんだってね」

静 :「うん。まず前フリとしてね。その子は”御中”って漢字が読めなかったり、”紹介”って字が書けなかったりするっていうのがあるんだよ」

子1:「えっ? 入社試験とかなかったの?」

静 :「コネ入社なんだって。んで、先輩の女性がその子に仕事を頼んだんだけどね…まぁ、書類を客先に送るだけなんだけどさ」

子1:「それで”御中”を間違えたんだ?」

静 :「それもあるけど…”御中”と”様”を併用して”御中様”にしちゃったっていう。でも、その子のスゴイところは封筒に何も入れないで糊付けしてさ、封筒の裏に書類をセロテープで貼って送っちゃったってことなんだよ」

子1:「えっ? 何それ? ヤバイよ」

静 :「うん。大きな会社だから社内にメールセンターがあってね。そこで気づいて部署に連絡があったから助かったってさ」

子1:「なんでそんなことしちゃったのかねぇ?」

静 :「先輩に『その書類をつけて送って』って言われたかららしいよ。」

子1:「素直に受けとめちゃったんだ!」

静 :「バカっていうかオタンコナスだよな。オレだってさ、新人の頃はいつまでたってもFAXが送れなくて泣きそうになってたけどレベルが違うよね」

子2:「えっ? FAXが使えなかったの?」

静 :「うん、初めてだったからね。物質転送機みたいに紙を送ってるんだと思ってさ。何回やっても紙が戻ってきちゃうから死ぬほど送信ボタンを押したよ」

子2:「そんな人いないよ!」

子1:「ふつーは、そんなこと思わないって!」

静 :「ふつーだってば! それは今だから言えることであってさ、FAXを初めて触る人はみんなそう思うよ!」

子2:「そんなんでポケベルとか使えてたの?」

静 :「また古いこと言うなぁ。オレはポケベルなんて持ったことないもん。だいたい当時は楽器だと思ってたからね。”ポケット・ハンドベル”の略でさ、サラリーマンの間でヘンなもんが流行ってんだなって思ってたよ」

子2:「あんたがヘンだから!」

静 :「ヘンじゃないよ! 耳慣れない語感の言葉を聞くと誰だって自分なりのイメージが浮かぶじゃん。例えばカラオケ! あれは長い間、カラヤン・オーケストラの略だと思ってた」

子1:「えー!! まさかカラヤン・オーケストラが演奏してたと思ってたの?」

静 :「それじゃ、バカだろ! でもカラヤン・オーケストラだって、舞台で演奏できない2軍とか3軍がいるんでしょ? そいつらがアルバイトで演奏してると思ってたんだよね。カラヤンは名前だけを貸して小遣い稼ぎしてさ。プライドのないヤツだなって、カラヤンを軽蔑してた」

子2:「その人たちが日本に来て、カラオケの録音をしてると思ってたんだ?」

静 :「そんなワケがないじゃん!! 生テープを海外に送って、それに録音されて戻ってくると思ってたんだよ」

子2:「生テープなんて現地で買えばいいでしょ! 中学生が友達にダビング頼むんじゃないんだからさ」

静 :「だって安いテープを買ったくせに、バカ高い請求をしてくるかも知れないじゃん」

子2:「なんでカラヤンがそんなに細かいのよ!」

静 :「お金持ちはケチって言うから。でも当時は、カラオケの店がどこにでもあったから、カラヤンってスゴイ独占契約だなって感心してたよ。名前を貸してるだけのくせにボロ儲けして、すごくズルイ人だと思ってた。本業の音楽を真面目にやれよって」

子2:「…なんか、上司がこんな人かと思うと悲しくなってきたよ」

子1:「それ、わかる! 私も友達に『上司ってどんな人?』って聞かれたとき、答えるのイヤだったから」

静 :「なんだよそれ! オレは細かいこと言わないから楽だと思うよ。感謝しなよ!」

子1:「ってゆーか、テキトーなだけじゃん! うちらが注意してるんだもん」

子2:「そうだよ! 私はもうウルサク言うのは疲れたよ。もうあきらめた」

静 :「そういうけどねぇ。オレは結構、上の人たちに評判いいんだよ」

子2:「上の人って、問題ある人にばっかり好かれてるじゃん!」

子1:「みんな騙されてるんだよ。すぐ好青年ぶるからね」

子2:「好中年だよ!」

静 :「ウルサイよ!」

子2:「はぁ…。いまどきの上司ってこんなもんかね。」

子1:「うちの上司っていうのは常識以前っていうか、考えられないようなことを言うからねぇ…。」

静 :「……」

職場を和ませるために新入社員の話題を提供しただけなのに、それがどうして上司批判につながってしまうのか!? それにしても、この人たちに初々しい新人時代など本当にあったのだろうか…。

home1