もっとも嬉しかったメールのご紹介

めったにないことだけど、ときどきメールをいただくことがあって、そこに「面白かった」などとお褒めの言葉が書かれていると素直に嬉しいもの。

どのメールも大切だけれど、2005年に中学生の男の子からいただいたメールは、特別な嬉しさがあった。当時、ご本人の承諾をいただいて掲載させていただいたメールを、ここでご紹介させていただきたい。

静炉厳様、こんばんは。 いつも楽しく湘からを見させていただいています。

父に教えてもらった「自爆の事件簿」にはまってしまいました。 特に「死のダイアモンドゲーム」はおもしろいです!!

「から元気の素」の「妖怪アパート」なども 毎回楽しく見させていただいています。 私はそのおもしろさを自分だけでなく 友達にも紹介しました。 クラスのみんなに広めた時のことを書こうと思います。

“修学旅行での出来事”

小学校6年生の時に行った修学旅行のクラスのバスの中でのことです。 「自爆の事件簿」の一部を出し物(マイクで音読して) としてやる予定だったのですが、 1つ前の出し物が長引いてしまい、その時はできなかったんです。

ですが帰りのバスの中で「おもしろいのにな~」, 「見なきゃ絶対後悔するのにな~」,「すっごくおもしろいんだけどな~」っと湘からを知っている友達と出し物をできなかった悔しさをバスの中で広めていると、 「読ませてー」っという子がではじめて「時をとめる少年」をプリントアウトしたものを渡したんです。

しばらくして大きな笑い声と「おもしろかった!!他のも読ませて!!」という声が返ってきました。それから他の子も「見せて!!」っと言うようになって、修学旅行の裏では湘からは大人気でした。 (先生達には内緒です)

しかし、それだけではありませんでした。 湘からの人気は修学旅行でとどまることなく終わったあとにまでも、私のクラスメートから聞きつけた知らないクラスの子が休み時間に「『時をとめる少年』読ませて!!」っと突然教室を訪ねてきたのです。

その時私は湘からファンが増えるっっ!!っと心から嬉しく思い喜んで知らないクラスの子にプリントアウトしておいたものを渡しました。 それからサイトをクラスの皆に教えてあげたり、バカペラを教えてあげたりしました。 (私は音痴ですががんばって歌っています。吹奏楽部に入っていたのになぜか音楽の授業以外の歌は音痴でした)

そして小学校を卒業し中学校でも新しい友達に声をかけて、湘からのサイトを広めたりバカペラを教えてあげたりしています。(今も歌っています)

以上です。

あらためてありがとう! きっと今は社会人になって新しい家族もできているんじゃないかと思う。そして、「若気の至りで出したメールだったのに、こんなトコに載せられて。消してしまいたい自分史なのに!」と後悔してるに違いない。

by 静 炉厳

home1