若松、バーテンダーを追いかける

この日、私は腸弱会の会長こと若松(わかまつ)に誘われて、池尻大橋にある大江戸東山温泉の暖簾をくぐった。ここは外見はただの銭湯にしか見えないが、都会の温泉なのである。

のんびりと湯船に浸かっていると、若松がいきなりチンコを背中に押しつけてくる。彼はオレが嫌がるのをみて喜んでいたが、それが一段落すると得意そうに話しかけてきた。

「静炉厳さ、東山温泉っていいでしょー」

「いいねー。オレも一回来てみたかったんだよ」

「そうでしょー。今ね、ここはすっごい大ブームなんだよー」

「さすがに大ブームってことはないだろー」

「ホントだって! 大ブームなんだよー!!」

若松は、最も客が多いと思われる時間帯に、我々しかいない湯船に浸かりながら、”大ブーム”だと主張し続けるのだった(現在は案の定、廃業)。

温泉を満喫すると、休憩所のソファでダラけながら缶コーヒーを飲む。

「若松さぁ、これからどうする? Pさん達と会うことになってるじゃん」

この日は、ネットで盛り上がった勢いで何人かの方と顔を合わせることになっていた。Pさんと言うのは、初めて会う方でバーテンダーの経験があるらしく、ネットで酒に関するウンチクを度々披露していた。例えば、こんな具合である。

「バーボンを味わうにはストレートが一番だ、と言ってショットをご注文されるお客様がいますが、ストレートで飲むにしても、大きく分けて2種類あるのをご存知ですか?

アメリカンスタイル(以降、米)とイングランドスタイル(以降、英)…米は、文字通りバーボンだけを飲みます。しかし英は、ショットグラスに対してチェイサー(水)を付けます。ストレートで飲んで、口直しに水を飲むスタイルです。

お酒の飲み方に、何が正しいか間違っているかなどありません。 自分に一番あった飲み方で、その一時を楽しむ…それが一番です。 あ!でも社会人としてのマナーは守りましょうね。」

なんだか高尚な世界である。アルコールには全く縁のない我々には、ネットがなければ恐らく接点がなかったであろう方だ。

若松が唐突に提案する。

「皆で浅草のストリップに行こう!」

「えっー? マジで言ってるの?」

「当たり前じゃん。オレ、一回行ってみたかったんだよ。Pさんだって行きたいに決まってるって。オレ、ロック座に電話して時間とか聞くからさ」

若松は、さっそく電話をかけている。ロック座とは、ビートたけしが下積み時代に働いていたストリップ劇場 浅草ロック座のことである。

「どうだった?」

「んー、入場料6000円だって。高いよなー…やめよう!」

値段の壁には勝てない。あっけなくストリップをあきらめた若松と私は、会長カーで渋谷に向かった。そこでPさんと他の二人を拾って、浅草で夕食をとることにしたのである。

浅草の路地を歩いて、「水炊き」,「焼き鳥」と書かれた看板に魅かれて入った店は、テーブルが2つとカウンタだけの小さな飲み屋だった。

お通しや焼き鳥をつまみながら、テーブルの上で水炊きができるのを待つ。私と若松は酒に弱く、運転手でもあるのでウーロン茶だ。

他のメンバーは酒が強そうである。それまで無口だったPさんも、酒が入るとやたらと元気になって、ご機嫌にガブガブと飲んでいる。

そんな中、水炊きの鍋から鶏肉をつまむとなにかおかしい。んっ?

「なんだこれっ! …これ若松だろー!!」

「えっ? あ、オレだ!」

「おまえなー、囓って骨だけになった鶏肉を鍋に戻すなよ。歯形がついてんだろ!」

「だって、ダシがとれるじゃん」

「なんで、おまえのダシで鍋を食うんだよ!」

バカ話で笑っていると時が経つのが早い。店を出るともう11時を回っていた。これから参加者をJRの駅まで送って解散だ。会長カーに乗り込むメンバーたち。

事件は、車が走り出してまもなく起こった。

若松は運転しながら、助手席のPさんとなにやら話している。

「静炉厳さ、Pさんが気持ち悪いって」

「吐きそうなの?」

「マジで、だめっす。」

「じゃあ、そこの角を曲がったら停めるから、吐いちゃいなよ。」

若松がそう言って、小学校の前で車を停めると、Pさんは力無く降りていった。

オレ、見に行くよ!!

若松は、なぜか目を輝せて、Pさんの向かった方角へと走っていった。私は残されたメンバーに声をかける。

「しょうがないな。いくか?」

我々が現場に到着すると、若松は、前屈み状態のPさんを、目をキラキラと輝かせながらのぞき込んでいる。

若松の視線に耐えきれず、たまらずに場所を移動するPさん。

今度は道路わきの植え込みに向かって、ゲロの放射体勢を整えた。

だが、そのわきにはいつの間にか若松が…。ん? 若松は…

彼は…チンコを出している!!!

そして、今まさに吐こうとしているPさんのすぐ横で、小便をはじめた!!

Pさん! オレがおしっこで円をかくから、その中に吐くんだぁ!! Pさん、早くぅー!

何が早くだよ。できるわけねーだろ!!

再び、よろよろと逃走するPさん。その後を追いかける若松。

「Pさん! 待ってー!」

「待ってじゃないよ。かわいそうでしょ。若松、やめなって」

「なんでぇ? だめ?」

「絶対だめ!」

じゃあ、グー・チョキ・パーで行くんだったらいい?

「まぁ、グー・チョキ・パーならいいかな」

Pさん以外のメンバーは、さっそくジャンケンをはじめた。説明するまでもないが、”グー・チョキ・パー”とは、地方によって呼び方は違うが、要はジャンケンで勝った人が、パーなら”パイナップル”,チョキは”チョコレート”、そしてグーなら”グリコ”という言葉数分の歩数を進めるという遊びである。

夜の空に大きな声が響く。

「ジャンケンポイ!」

若松が叫んだ。

「勝ったー! パ・イ・ナ・ツ・プ・ル」

彼は嬉しそうに6歩進んだ。その後も何度かのジャンケンが繰り返されたが、Pさんのゲロを吐くところを見たいという若松の純粋な願いが天に届いたのか、彼はダントツに歩を進めるのだった。

やがて、若松の情けなそうな声が聞こえた。

あっ、Pさんを通り越しちゃったよぅー!

慌ててPさんの元に駆けつける若松。我々が辿り着くと、Pさんは既に…。

Pさんは、小学校の校門前というとんでもない場所に吐いていた。

少し傾いた地面の上を、ゆっくりと触手を伸ばしながら流れて落ちてゆくゲロ。それはまるで生き物のように5本の筋に分岐してゆくのだった。

そして若松は…その筋を踏まないように猛烈な勢いでステップを踏んでいた!!

学生時代に片手を机の上に置き、もう片方でシャーペンを指と指の間にさしていく遊びがあったが、ちょうどあんな感じである。

ねぇ、静炉厳。このゲロでケンケンパやんない?

「やんないよ!」

若松は、しげしげとゲロを観察している。

ほら、ごはんツブが動いてる! んー、これは水炊きを食ったな

さっき、一緒に食っただろが!

それにしても、今日、はじめて会ったばかりだというのに、Pさんはなんと気の毒なことだろう。

ネットでは「酒は自分に一番あった飲み方で、その一時を楽しむ…それが一番です」と書き込んでいたのに。「でも社会人としてのマナーは守りましょうね」とも書いていたのに。

我々は、Pさんの気分がよくなるまで、小休止をとることにした。やがて落ち着いたPさんを車に乗せて出発する。

皆を駅に降ろした後、若松の車はPさんを自宅に送り届けるために、夜の中へと消えていった。

…Pさんは、その途中でまた吐いたという。

その後、Pさんが我々の誘いに応じることはなかった。

home1