アルファベットが伝わらないんだけど

ソフトウェアがうまく動かないのでサポートセンターに電話をかけることにした。机上のビジネス電話器に手を伸ばしてダイヤルを回すと、すぐに電話がつながった。

「あの、○○会社なんですけど、ソフトの使い方のことで質問があるんですけど」

「はい。それではお客様のユーザ番号を確認させていただきたいのですが、アルファベットからはじまる数字をお願いします」

「えっと、A318です」

「AT318ですね」

「いや、”てぃー”じゃなくて、”ぴー”です。」

「”てぃー”ですね?」

「んと、あの”ぴー”。”ぴー”です。”ぴー”

「”てぇー”ですよね?」

なんでここまで伝わらないのか? なんかPがつく単語はなかったっけかな?

「”てぇー”じゃなくて…”ぴー”。あっ、オバQの妹の!

「(しばらく沈黙)…あの、”オー”(O)ですか?」

「いや、それは弟のO次郎の方でね、言いたいのは妹の方…」

「すみません、ちょっとわかりません」

オバQの妹はP子に決まってんだろが! なにやってんだよ、藤子不二雄! ”オバケのQ太郎”とか知られてないよ! もーう

そのとき、横から部下が助け舟をだした。

ぴーまんのPってどうですか?」

「なるほど。じゃあ、パーマン(ピーとパの中間音)です」

「・・・」

「・・・知らないですよね」

「・・・はい」

いい加減にしろよ。藤子不二雄!! ”パーマン”も知られてないじゃんかよ! ちゃんと働いてんの? ドラえもんなら、じゃないよ。こっちはね、現代っ子と話が通じなくて仕事にならないんだから!

とっくにコンビを解散したどころか、既に鬼籍に入ってしまった藤子・F・不二雄。

それはわかってるの。わかってんだよ。それでもなぜか、云われなき非難を藤子不二雄に向けてしまう午後であった。


カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい パーマリンク