東海道線でお仕事を

会社帰りに東海道線に揺られていたら、横浜駅のホームに先頭車両が入ったあたりで突然に電車が停止した。

車内アナウンスが、しばらく停車する旨を伝えると、あちこちから小さなため息が聞こえてくる。

tokaiまったく、これから帰ろうってのにウンザリ気分だ。

スマホをいじっているうちに20分が経過したけれど、まだ電車は動きそうもない。こんなに停車しているなんて珍しいと思っていたら、何度目かの車内アナウンスが流れた。

どうやらホーム上で事故があったらしい。アナウンスは、まだ発車の見込みがたっていないことを告げる。

それよりも問題は別のところにあった。

別にたいしたことではないのだけれど、・・・ウンコが漏れそうなのだ。

普段ならば「早く次の駅についてくれ」と祈るところだが、この状況ではそんなことをやってるよりも、この東海道線内にあるトイレ車両に行くしかない。

だが、この移動が問題なのだ。朝のラッシュほどではないにしても、帰宅の時間帯なので列車内は混み合っている。車両内を移動するのは困難だ。

そもそもトイレ車両はどこなのだ? ここで移動する方向を間違えるわけには行かない。私は額にうっすらと滲んだ汗を拭った。おそらく限界が訪れるまでの時間は6分ぐらいだろう。それを越したら死ぬ。

進行方向側の車両か、それとも反対の車両か? そのとき、混雑する車両の中をこちらに移動してくる車掌の姿が見えた。移動する間にも乗客たちから、状況を説明を求められて大変そうだ。

車掌が自分の前を通り過ぎるとき、トイレの場所を聞いた。幸いなことにそれは車掌が向かっている方向と同じだ。だったら車掌の後についていけばいい。それならこの混雑の中でも進みやすいじゃないか。

そんなわけで車掌の後についてトイレまで辿りつく。

コトを終えてトイレを出ると、トイレ待ちというわけではないのに人が多くて身動きがとれない。仕方がないのでトイレのドアの前に背中をむけて立つ状態になってしまった。

なんだか周囲から、「おまえ、ウンコしただろ?」と思われてるみたいでイヤだ。

停止した電車の中は静かだ。ふと隣の車両を見るとOLっぽい女性がこちらに向かってくる姿が見えた。やはり混雑の中を進むのに難儀しているようだ。

この状況の中で移動するのはトイレを目指しているに違いない。仕方がないな。トイレは助け合いだ。私は右手を女性がいる方角に伸ばすと声をあげた。

すみません! そこね、ちょっと人を通してあげてくださいな

こういうときに皆が協力的なのが日本のいいところだ。通り道の人たちは自分の身体を壁に押し付けて女性の通り道をつくる。

トイレの前に到着した女性はドアの開け方に戸惑っていた。このドアは取っ手ではなく、ボタンで操作するようになっているのだ。

あのね、ドアを開けるのは、右にある緑のボタンを押すんですよ。そう、それそれ! はい、いってらっしゃい!

しばらくして女性が出てくると、さっきの私と同じように混んでてドア前から動けない。そこに今度は男性がやってくるのが目に入る。しょうがないなぁ。

すみません。ちょっとまた人を通してくださいな

停車時間が長引くに連れて、仕事が増えてくる。そしてトイレから人が出てくる度にトイレ前の混雑が増す。 いつの間にかトイレの案内人になっている自分。まるで、”東海道線おべんじょ当番”でやんす。

電車は40分が経過してようやく動き出した。ほっとした表情を浮かべる乗客たち。

電車が動いてよかった。でも、私は引くに引けなくなっていた”東海道線おべんじょ当番”から解放されてホっとしていた。


カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい パーマリンク