黄昏のお楽しみレストラン

今回は、”ランチライムはお楽しみレストラン“の続きです。前回の記事を書いてから約半年後のこと。

ランチタイムに通ってたお気に入りのレストランが閉店することになった。

マスターからそのことを聞いたときに知ったのだけれど、この店は5年間も営業していたらしい。料理の出来不出来が凄まじいので、てっきり開店したばかりの初心者だと思い込んでいた。

店が閉店するということで、以前から「一度は行ってみたい」と言ってた職場の女性部下、子分2号(”黄昏の職場日記”)を、営業最終日にランチに連れていくことになった。

店へと向かう道すがら、子分2号が嬉しそうに言う。

「今日は、おいしい日かなぁ?」

この店の料理は同じものでも日によって味に相当の開きがあることは、これまでに散々聞かせている。

「まぁ、勝率は4割ってトコだろう。たぶんマスターは閉店が決まって、やる気がないはずだ。今日は店の最後だから、マズくても巻き返しはない。覚悟しておけ」

店の中に到着してカウンターに腰掛けると、暇そうなマスターがやってきて FIFAワールドカップの話題を振ってくる。

マ:「サッカー残念だったねー」

静:「そうだね。あっちの方って暑いのかねー?」

子分2号がオレを突いてささやく

子「(小声で)とんちんかんな会話になってるよ!」

静「(小声で)サッカー、わかんないんだよ」

早いとこ話題を変えてしまえ。

静:「今日は、何がお薦めですかね?」

マ:「ドリアなんかおいしいよ。コクがあって、お客さんとかビビるもん」(なんでビビるの!?)

静:「じゃあ、ドリア2つね。」

しばらく待つとドリアが運ばれてきた。さて、これが最後となる今日の味はどうだろうか? アタリかハズレか?

緊張の一口めだ。子分2号も、恐るおそるスプーンを口に運んでいる。

静:「・・・うまい・・・よね?」

子:「・・・・おい・・・しいよ!」

よかった! 当たりだったぜ! でも、確かにコクはあるけれど、やたらと濃いような気もする。そこに、再びマスターがやってきた。

マ:「どう? うちはホワイトソースにじゃがいもを練りこんでるからコクがあるでしょ。今日は特別多くしたしさ」(余計なことすんなっつーの!)

静:「食後は何にしようかな?」

マ:「うちはアイスコーヒーがうまいよ。業者も驚くもん」(だから、なんで驚くの!)

静:「なんか、秘訣とかあるわけ?」

マ:「豆がいいから」(そんだけかよ!)

静:「じゃあ、アイスコーヒー2つね」

マ:「うちはパックのアイスコーヒーじゃないからね。うまいんだよー」

マスターはサイフォンでアイスコーヒーの準備をはじめた。でも、珈琲の粉をバサバサと入れて、ジョバジョバとお湯を注ぐ様子は、どうみてもアバウトにやってるとしか思えない。

やがてマスターがアイスコーヒーを運んできた。私と子分2号はさっそく飲んでみる。

マ:「うまいでしょ?」

静:「うん、濃いねー」

マ:「えぇっ、濃い? そうかなぁ?」

子分2号が、またもオレをつつく。

子「(小声で)またとんちんかんだよ!濃くないって」

私は慌てて言い直す。

静:「いや、濃いっていうか、コクがあるっていう意味なんだけどね」(あってるか? いいのかこの返事で?)

マ:「そうでしょ。コクあるでしょ。玉子いれちゃったからさ!」(うげっ!)

静:「玉子!?」

マ:「ミルクに玉子の黄身をまぜてみたのよ」(余計なことすんなっつーの!!!)

マスターは地道な料理よりも、奇をてらう方向に走りがちだ。よく言えば創意工夫の人である。

アイスコーヒーを飲み終わると、昼休みの残り時間もあとわずかしかない。私は用意していた贈り物をマスターに渡して店を後にした。馴染みの店がなくなるのはやっぱり寂しいものだ。

会社に戻る道を早足で歩きながら、子分2号が言う。

子:「静炉厳さんって、毎週来てたんでしょ? いっつもああいうトンチンカンな会話してたの?」

静:「うるさいなぁ。だって、オレの知らないことばかり話すんだもん。オレはスポーツとか興味ないから、適当なあいづちになっちゃうんだっちゅうの!」

子:「ふーん」

まったく信用していない口ぶりで、子分2号が相槌を打った。

会社に戻って、店を出るときにもらったチラシを広げると、閉店の挨拶が書かれていた。

やや突然ぎみなお知らせ

やや突然のことではありますが、いろいろな事情から、六月末をもって閉店することにしました(ご想像に任せますが、経営悪化ではないので、念のため)。

移転などの計画もありますが、当分の間、修行に出てこようと考えています。

拙いおもてなししか出来ませんでしたが、御愛顧くださいました皆々様には、辛抱強くご助言を賜り、今日まで私を育てて戴きまして、心からお礼申し上げます。

不景気風の吹く寒い日本の夏ではありますが、皆様には、くれぐれもご自愛くださいますよう、陰ながらお祈り致します。

尚、余談ではありますが、斎藤陽子の様なお嫁さんも募集しています。(藤原紀香の様なお友達からでも可)

やや無理ぎみとは思いますが、お心当たりの方はご紹介くださいませ。

喫茶GEST 店主

ご紹介くださいませじゃねーよ! っていうか、喫茶だったのかよ!

home1