人類の進歩の巻

[登場人物]

子分1号
中途入社だった私と入社年度がさほど変わらないからと、タメ口どころかときどき上から目線になる女性部下。

子分2号
妙な感性と仕事ぶりは評価できるが、かなりお調子者。子分1号の後輩となる女性部下。

午前中、頭を悩ませながら契約書を作っていた私は、昼休みになって突然に疑問が沸いた。果たして人類はこのままでよいのであろうか?

子分どもはそんな高尚な疑問など感じたこともないだろう。世界には貧困があふれ、争いごとが絶えることもない。そして何よりも…。

静 :「ねぇ、人類っていうのは、もしかして全然進歩してないんじゃないかって思わない?」

子2:「えっ?」

静 :「だっておかしいでしょ? 人類が営みをはじめてから何百年ってたってるのに、人類は未だに労働から解放されてないじゃん!!」

子2:「…」

子1:「…いきなり話が深遠なる方向にいってるけど、それさー、単に働くのがイヤなんじゃないの?」

静 :「だって契約書作るのめんどくさいんだもん。なんか働かなくてもいい方法ってないかなー?」

子2:「働かないと頭つかわないからバカになるよ!」

静 :「そんなことないよ。オレは頭も身体も使って遊びまくるもん!」

子2:「じゃあ経営者にでもなれば? オーナーとか…」

静 :「それ働いてるじゃん! やっぱあれかな、植民地でも持たないとダメだよね。」

子2:「ちょ…何を…!」

子1:「マイ植民地!?」

静 :「そうそう。人民に働いてもらってさ。ときどき何かあげて機嫌とってさ。」

子2:「それ言うと思った! とりあえず『アメで機嫌をとればいいや』って思ってるタイプだよね、静 炉巌さんは。」

静 :「いや! オレはアメなんてケチなことは言わないね。ベランダから『パンがないならケーキをお食べ!』って皆に投げるよ。」

子1:「それマリー・アントワネットじゃん! ギロチンでクビを切られるんだよ」

静 :「だからさ、そうならないようにうまく機嫌をとるんだよ。『憎めない人だなぁ』みたいな印象で人民の心を鷲づかみにするわけ。」

子2:「どうやってよ?」

静 :「ときどき、民衆の家を訪問して『餅はどうだい?』とかさ。」

子2:「…時代を間違えてない?」

静 :「田舎の方に行けばいるでしょ?」

子2:「いないよ、そんな人! そのまま断頭台に連れていかれるよ」

静 :「…もってきた餅はどうするのさ?」

子2:「置いてきなよ! もう、そんなこと考えてる人は絶対に働いた方がいいよ。ヒマなんか与えない方がいいね。」

静 :「残業代は?」

子2:「与えません!!」

人類の進歩を憂える私であったが、人類よりも、まず子分どもはこのままでよいのであろうか? 私は彼女たちを手なずけるために心の中でそっと餅を配ってみるのであった。

 静 炉巌(2003/12/07)

home1