おとひめ様の受難の巻

[登場人物]

子分1号
中途入社だった私と入社年度がさほど変わらないからと、タメ口どころかときどき上から目線になる女性部下。

子分2号
妙な感性と仕事ぶりは評価できるが、かなりお調子者。子分1号の後輩となる女性部下。

世の中に生み出された道具というものは、発明者の意志を離れてどんどん成長していくことがある。色々な人間のアイデアが組み込まれることで、道具は進化していくのである。

静 :「ねぇ、”おとひめ”って知ってる?」

子2:「知ってるよ! ”おとひめさま”でしょ?」

静 :「”さま”はつかない方!」

子2:「えっ、彦星と乙姫様じゃないの?」

子1:「乙姫様って竜宮城じゃなかったっけ?」

otohime1静 :「違うの! オレが言ってるのはトイレにあって、手をかざすと水の音が出るやつだよ。」

子2:「あぁ、あれね。」

静 :「あれってたまにトイレにあるんだけどさ。オレは絶対に使わないんだよね。卑怯だから!」

子2:「なんで?」

静 :「ブリブリブーっていう音をお手軽に水の音でゴマかすっていう発想がずるい! これがさ、滝みたいな大掛かりな装置があって本当に水を流すっていうんならまだいいけどね。」

子2:「その水がもったいないから音をだすんだよ!」

静 :「うーん、でもなんか自分の罪をこそこそ隠してるみたいな気がするんだよなぁ。」

子2:「ゴマかすっていうのがイヤなのね?」

静 :「そう!! そこがプライドなんだよ! きっと、オレみたいにボタンを押せない人間はたくさんいると思うんだよね。だからいいアイデアを考えた!」

子2:「はぁ…。なに?」

静 :「まず第一! 水の音の代わりに”ブリブリブー”っていう、本物っぽい音にする! そして第二! ボタンを押すとランダムに個室が選ばれて音が流れる!!

子2:「えっ?」

静 :「例えば4つの個室があったとするでしょ。そして用を足しながらボタンを押すよね。すると運がよければ自分の個室に音が流れるけど、運が悪けりゃ別の個室にブリブリブーって音が流れるわけ。まぁ、ロシアン・ルーレットみたいなもんだな。」

子2:「…それだと罪の意識がないの?」

静 :「そうだよ。電気イス知ってる? 死刑執行の電気イス」

子2:「えっ? うん。テレビでみたことあるけど…。」

静 :「あの死刑を執行する人は4人いてね。電気を流すボタンも4つあるわけ。死刑を執行するときは、それぞれの目の前にあるボタンを同時に押すんだよ。で、どれかひとつが本物のスイッチであとはニセモノ。つまり死刑執行人が罪悪感を感じなくてすむようになってるわけ。これはその応用なんだよ。」

子2:「でも、違う人のところでブリブリブーって音がするんでしょ?」

静 :「いや、自分のところで鳴る場合もあるよ、ランダムだから。誰かがボタンを押すたびに、自分のとこで毎回ブリブリブーの音が鳴るときもあるね。『また私なんですかー!』みたいなさ。」

子2:「そんなのイヤだよ! だいたいそれは男の視点だもん。」

静 :「なんで?」

子2:「女は”大”のときだけ使うとは限らないもん。毎回毎回、ブリブリ音が流れるなんてイヤだよ!」

静 :「あっ…なるほど…、これは素直にごめん! オレは男の視点でしか考えてなかったな。確かにそれだと冤罪が発生するね。」

子2:「そうだよ!」

静 :「うーん、じゃあ音声センサーをつければいいのかな? チャポンとか音がするとそれを聞きつけてブリブリブーー!

子2:「精巧なセンサーじゃないとだめじゃん。」

静 :「確かに! だから不用意に音たてらんないよ。くしゃみとかもダメ!」

子2:「鼻をすすっただけで…」

静 :「ブリブリブー!!」

子2:「それだったら最初から、便器に座ったら自動的に音をだせばいいじゃん。」

子1:「もう止めてよ! 気分が悪くなってきた!

横から、子分1号が口を挟んだ。

静 :「それはダメだよ。便秘の人なんか30分ぐらいブリブリブーを聞いてなくちゃいけなくなるでしょ。気分悪くて倒れちゃうよ。それを延々と外で聞かされる方もたまらないし…。まてよ?」

子2:「なに?」

静 :「他の人に聞かれるから冤罪も発生するんだよね。だったらヘッドホンを備え付ける! 用を足した人はヘッドホンをつけてボタンを押すわけだ。するとヘッドホンからブリブリブーが大音響で聞こえる。でも、周囲にはわからない!!」

子2:「それ拷問だよ!! だいたい周りに聞こえなきゃ意味ないじゃん!」

子1:「なんか吐きそう…。

子分1号が青い顔でつぶやく。

静 :「あっ、冤罪を防ぐなんて簡単じゃん! ボタンを2つ用意すればいいんだよ。”小”のボタンを押すとジョバーって音、”大”だとブリブリブー! これなら冤罪は発生しない!」

子2:「…それだったら最初からいらないじゃん! それがなんか役にたつわけ?」

静 :「えっ。…うーん、便秘をゴマかせるとか?」

子1:「もう、こんな上司はイヤだよ!

子2:「あたしも!」

静 :「……オレもそう思うよ。」

こうして素晴らしい改革のアイデアは、人知れず消えていくのだった…。

home1