紙作りの時計職人

title22
ガチャガチャでトーマスの腕時計を手にした3歳の息子は、時計がマイブームだ。

「今、何時?」と聞くことが口癖のようになっている。

手元にすぐに剥がせる紙テープがあったから、彼のために腕時計を作ることにした。

リクエストに応えて、紙テープを切り、ペンでテキトーに時計を描いていく。

tokei1
「次は、お化け時計!」

「次は、トラック時計!」

「次は、レッカー車時計!」

「次は、マックィーン時計」

「次は、成田エクスプレス時計!」

・・・

・・・

テキトーな仕事の時計職人。

なんでもないことで息子は笑顔をみせてくれるから、僕はまた遊びたくなってしまう。

home1