1997年、インターネット上のGARO体験

title22

ガロというグループは、1970年にデビューして『学生街の喫茶店』をはじめとするヒット曲で人気を博し、1976年に解散したバンドだ。

garot2彼らはそのルックスやヒットした曲から歌謡曲的バンドと思われがちだけど、実際には演奏面でも楽曲面でも実力派で、今日の日本のソフトロックの源流ともいえるバンドである。

ガロについて書こうとすると、僕は自分自身がインターネットの可能性を実感したことについて書きたくなってしまう。

ネットワークの素晴らしさはそれまでも十分に体験していたけれど、アーティストとの関わりに結びつくような経験をしたことはなかった。

1997年末、僕は”ガロ”についてのコンテンツをWebに公開した。当時のガロ楽曲の状況といえば、オリジナルアルバムは全て廃盤で、手に入る音源はシングルヒットだけを適当に寄せ集めたベストアルバムだけしかなかった。

あれほど売れていたグループにも関わらず、日本ロック史本の類のどれを開いてもガロに関する記述は殆どなく、またインターネット上でさえ、どの検索エンジンを駆使してもガロのページはひとつも見あたらない状況だった。

だから昔の音楽雑誌等で少しばかりの知識を仕入れた程度の僕でも、ガロの音楽を紹介するページを作って公開することは、少しばかりの意味があるように思えた。

ページを公開して半年ほど経った頃、ある女性の方からメールをいただいた。彼女は趣味で音楽関係のHPを作られている熱烈なガロファンの方だった。

僕は彼女とメールのやりとりをさせていただいて、ガロの全盛時代のエピソードなど教えてもらった。

何ヶ月が過ぎた1999年4月、彼女の音楽ページにガロのコーナーが生まれた。彼女の掲示板を訪れていた別のガロファンと共に立ち上げたファンページである。やがてそのコーナーは独立したサイトとなり、さらに多くのガロ・ファンが集うようになっていった。

僕もときどき掲示板に書き込みさせていただいて、あらためてファンのガロの音楽に対する評価の高さや、昔のエピソードを教えてもらった。

僕は自分が作ったページが、GAROのファンサイトの生まれるきっかけのひとつになれたことをとても嬉しく思っている。

そのページに集ってきたファンによるガロのページも増え始めた。資料的価値という意味では、”えとせとらレコード”によるガロのディスコグラフィのページが詳しかった。

流れはネットワークにとどまらなかった。僕はマークこと堀内氏の近況を知る方と知り合い、ほんの少しの時間だったけど、実際に堀内氏と会う機会を得た。その才能に憧れていたアーティストに会えるなんて思ってもいなかっただけに、それは感動と興奮の素晴らしい体験となった。

堀内氏は小柄で、とてもやさしい感じが漂う人だった。さすがに髪は短くなっていたけれど、写真で知っていたマークと変わらなかった。

hp1g1堀内氏は、僕が厚かましくも差し出した色紙に「サインなんて久しぶりだねー」と言いながら、気安くマジックを走らせてくれた。マークとは後に、スタジオでファーストアルバム全曲のセッションで遊ぶことになる。

ファンページを通じて知り合った方々からは、昔のライブ音源をはじめとする貴重な品々を貸していただいた。

そして僕は、何回か参加したガロのオフ会(演奏会)をきっかけに、ガロのコピーバンドに一時、参加することになった。100人近い観客の前でライブを行うのは、学園祭以来の体験だった。

ネットワークのファンページが大きくなっていくのに現実が呼応するように、ガロの全オリジナルアルバムがCD化され、さらにB面を含む全シングルを収録したCDまでもが発売された。

また、これまでTVでは封印されてたかのごとく放送されることがなかった昔の演奏風景なども、何度か特番で放映されるようになり、まさにガロ再評価の気運が高まってきた。

しかも、ガロ解散後のソロ活動を経て、プロデューサに活躍の場を移していたボーカルこと大野真澄氏がライブ活動を復活。

僕は、この頃には殆どファンページへの参加はしていないのだけれど、大野氏のマネージャ氏がファンページ掲示板へ書き込んでくれたことをきっかけとして、大野氏本人とファンとの交流(オフ)も実現する運びとなっていったのである。

これらはすべてほんの1~2年の間のできごとだった。インターネットがなければあり得なかった展開だと思う。

アーティストとファンの交流がこんな形で実現していくのを体験しながら、ガロの凄さとインターネットの凄さをも実感することになった。

by 静 炉巌(2000/3/6)

home1