オバQのクリスマス

title22
いやー、インターネットってのは便利だね。幼稚園年長組の息子が『オバケのQ太郎』にハマってるもんだから、オレもこの際、”オバQブーム”に乗っちゃえと思ってね。YouTubeやニコ動でオバQの検索をしてたわけです。

そしたらオバQのソノシート音源なんかがアップロードされてんの。ソノシートってのはペラッペラのビニールで作られたレコードでね、音も悪いし、すぐに痛むんだけど、レコードが高級品だった頃に廉価盤として活躍してた。

その音源の中に、この時期にふさわしいクリスマスソングなんかがあるから嬉しいよ。こんなモノが出てたなんて知らなかった。

oba2まず、不二家がクリスマスケーキ販促用に制作した『ホーム☆スィートクリスマス』というソノシートの音源。

これはペコちゃんとポパイとオバQがクリスマスパーティを開くというもの。

1965年(昭和四十年)の夏に初めてアニメ化された『オバケのQ太郎』は、不二家の単独提供枠のTBS『不二家の時間』(1959年-1965年)で放映された。

『オバケのQ太郎』の前に同じ枠で放映されていたのが『ポパイ』だったことから、ペコちゃんと共にソノシートで共演することになったらしい。

Qちゃんもポパイも、ちゃんとアニメの声優さんが演じているんだけど、妙にオッサンなポパイのアンマッチ感も面白くて、とても楽しいクリスマスソングになっている。そういえば、この頃はケーキといえば不二家っていうイメージだったな。

「ホーム★スイート クリスマス」
”ポパイ・オバQ・ペコちゃんの★楽しいジングルベル★”
編曲・指揮 小林亜星
演奏 アド・ミュージック・アンサンブル
ペコちゃん:斎藤尚子
ポパイ:浦野 洸
オバQ:曽我町子
ナレーター:中島 道
提供:不二家
制作:ソノレコード株式会社
©1965 KING FEATURES SYNDICATE / ©小学館1965

もうひとつは、1966年に発売されたケイブンシャ(勁文社)のソノシート「オバQクリスマス」。

oba1これは、オバQがサンタクロースに扮したという設定で、アニメのオバQ役の曽我町子さんが、語りを挟みながら「ジングルベル」,「きよしこの夜」,「赤はなのトナカイ」,「おばけのQ太郎」の4曲を歌っている。ソノシートではA面、B面に2曲ずつが収められていた。

まさに昭和のこどもたちのためのクリスマスソングという雰囲気なんだけど、うちの幼稚園児も機嫌よく楽しんでいるのだから、クリスマスには時代なんて関係ないってことだろう。

image_middleちなみに同じ「オバQクリスマス」というタイトルで、コロンビアレコードから「ジングル・ベル」と「赤鼻のトナカイ」を収録したレコードも発売されている。

ケイブンシャ版は、オバQが一人で歌っているけれど、こちらには正ちゃんやP子ちゃんも登場している。

ちなみに、コロンビア版に収録されていた「ジングルベル」は、『昭和クリスマス』というコンピレーションCDで聴くことができる。

自分が子供の頃に親しんで、いつの間にか記憶の中に埋もれていたオバQ。自分の子供がきっかけとなって、またオバQと遊べるなんて、とても楽しいことだなぁと思う。

oba3

home1