カナリアが飛んでいった

title22

小学生の頃、母親がカナリアを飼っていた。

天気が良い日のベランダには、カナリアの籠がかけられる。

ある日、カナリアに餌をあげようと籠の扉を開けたら、カナリアが飛び出してしまった。

自分にとっては、あっという間のことだった。

空に向かって一直線に飛びたったカナリアは、瞬く間に小さくなって消えた。

どんなに空を見つめても、そこにはもうカナリアの姿はなかった。

人に飼われていたカナリアは、自然の中では生きていくことができないと誰かに言われた。

カナリアの死が怖かった。だって自分のせいだから。

どこかに鳥の楽園があって、そこに辿りついてくれることをひたすら願い続けた。

カナリアがあれからどんな運命を辿ったのか、ずっと心にひっかかっている。

忘れた頃に思い出してしまうから、きっといつまでも忘れられない。

自由になって死ぬことと、籠のなかで生きることとどちらがよかったのか。

カナリアのことを思い出すとき、そんなことを考える。

aozora_3

home1