2009年の衆院選に思う

2009/8/30に書いた記事である。この日の衆院選で民主党が与党になった。それは紛うことなく日本の最大の危機であったと思う。ここからの数年は、民主党が韓国、北朝鮮、中国に日本を売り続け、日本人を蹂躙した期間だった。

予想はしていたものの、衆院選は民主党の圧勝だった。

民主党という政党が、日本にとってどれほどブラックな政党なのかは、在日本大韓民国民団 が全力で後押ししていることだけでもわかりそうなものだけど、民主党と結託しているマスコミがそれらの情報を大きくとりあげることはなく、今回の結果は未だにマスコミを信じている日本人が多かったということの現れだと思う。

これから日本がどれだけ壊されるのかと思うと、さすがに憂鬱な気持ちだ。

さて、昨日は鎌倉駅前で、麻生総理の応援演説があったので聴きに行ってきた。駅前はものすごい人だかりで、麻生さんの人気の高さがうかがえた。

演説の内容もわかりやすく、情熱的で、この国に込める思いが伝わってくる。偏向報道による色メガネなしで、麻生総理の実績を知れば、どれほど今の日本にとって重要な人物なのかがわかるだろう。

麻生1だいたいマスコミによる必死な批判の矛先が、政策ではなく、漢字が読めないだのホッケだのといったくだらないことしかないんだから。

さて、その日の夜のこと、NHKでは各党首の演説の光景をニュースで紹介していた。驚いたのは、麻生総理のときだ。

総理が演説しているときは、両脇で候補者たちが日の丸の旗を振っていた。しかし、NHKでは、日の丸が写らないように総理の顔だけを不自然なアップで映し出していたのだ。各党首のときは、ちゃんと上半身を映しているのに。

NHKはフィギュアスケートのときでも、荒川選手の日の丸ウィンイングランを映さなかったし、「アジアの一等国」という番組でも、日本を貶める捏造問題を起こしている。また自衛隊が災害救助をしているときに、自衛隊のマークを映すことも絶対にない。

公共放送という名のもとに国民から受信料を聴取しながら、左翼の巣窟となって中国の意志のままに反日活動をするNHK。パチンコマネーに支えられて、同じく反日になってしまった民放。

一昔前なら、「そんなの頭の悪い陰謀論じゃないの?」と一笑してしまうようなことが、今はちょっと調べるだけで様々な事実に触れることができる。

インターネットによって、広範囲に情報を入手できるようになった今、知っておくべきことを知らないことは、やはり罪なんじゃないかと思ったりする。椿事件を超える程の異常なマスコミ報道と、それを受け入れてしまう人の多さから、そんなことを考えた。

マスコミによる猛烈なネガティブキャンペーンにも耐え、公務を休まずに働かれた麻生総理には、「ありがとう、お疲れ様でした」と言いたい。

麻生総理,安部元総理という保守政治家を異常な偏向報道で潰したマスコミ、特にテレビは明確に日本の敵になったと思う。

[2009/8/30]

home1