[葛楽堂] GIジョーは死なず、ただ母親に捨てられるのみ

葛楽堂タイトル1

『葛楽堂』と描かれた木製看板の奥に、古玩具だのワケのわからん品だのが所狭しと並んだショーケースが置かれている。そのショーケースを覗き込んで、いろんなモノたちを眺めながら、店主の桃源さんとときどき雑談を交わしている。

葛楽堂のカウンターにアメリカ兵の人形が飾ってある。

joe2「桃源さん! これってGIジョーじゃん!」

「おぅ! 1964年にアメリカで大ヒットした初めての少年向けアクション・フィギュア、GIジョーだ」

「子供の頃に持ってたよ。小学生の頃、大船に”グリム”っていうおもちゃがあってさ、親との買い物ついでに立ち寄るお気に入りの場所だったんだけどね」

「今は靴屋になってる商店街の場所な」

joe3「そうそう! 当時はプラモデルの時代でね、500円が買える買えないの基準の金額だった。その頃テレビで派手に宣伝していたGIジョーは、定価は1800円だったからかなりの高級品だったよ。後半に売られてたデカかいジープとか戦車の値段なんて、もはや天文学的な数字に思えたもん」

「GIジョーは日本では高級品だったよな。今井科学からでていた『サンダーバード秘密基地』や『光線銃SP』の『ビール瓶打ちセット』なんかと並んで、金持ちのアイテムだった。庶民の子供たちの憧れだったな」

「ハワイ旅行が金持ちの特権だった時代だからね」

「一口にGIジョーと言っても、期間によって異なった製品に分かれている。しかし最も素晴らしく、今も語り継がれるべきは、やはり1964~1968年の初代GIジョーだな」

「どこがスゴイわけ?」

「まず発想だ。それまでは人形遊びは女の子の独占的な遊びとされていた。そこに”男の子向けの着せ替え人形”という革新的なアイデアを持ち込んだわけだからな。そして綿密なリサーチとプロモーションで一躍ブームになった。初期GIジョーのコンセプトは、ミリタリーで、ソルジャー,マリン,セイラー,そしてパイロットの基本フィギュア4種と数多くのアクセサリーが用意されたていたが、これは1959年に発売されて成功したバービー人形をヒントにしたものだ」

1959berbie「バービーって、オリジナルの顔って今と全然違うよね」

「バービーのデザインは、マテルの創業者エリオット&ルース・ハンドラー夫妻がスイス旅行に行った時に、娘のバーバラへのお土産にと購入した人形がヒントになっている。この人形は、Bildというタブレット誌に連載されていた大人向けの漫画”Lilli”の主役の人形だ。ちなみに漫画でのLilliは秘書という設定だ」

lilli1

「女の子向けはセクシーな人形だから、その対極としてミリタリーってことなのかな」

「ベトナム戦争という時代背景も切り離せない。ともあれGIジョーの開発は、当時の玩具で現実の軍隊をどこまでリアルにミニチュア化できるかという挑戦でもあった。デッサン用の木の人形をヒントにした全身21ヶ所可動というフィギュアの構造も実在の人物をモデルにしたヘッドの造形もこの発想からきている」

「GIジョーの顔に実在のモデルなんていたの?」

srbi3「いたぞ。太平洋戦争におけるガダルカナルの戦い(1942年)で名誉勲章をもらったミッチェル・ペイジが、オリジナルのGIジョーのモデルだ」

「似てるような、似てないような…」

「リアル指向が更に顕著に現れているのが凝りに凝った装備品の数々だな。実際に軍隊で使用している生地で服を作ったり、できる限り本物のイメージに近くスケールダウンしたりといった凝り具合は、前例のないおもちゃを市場投入する意気込みが伝わってくるようじゃないか」

「生地までこだわってたんだ」

「それだけではないぞ。例えば野営用のテントは、布製の本体とは別にテントを地面に打ちつけるためのプラスティック製の支柱と杭がセットになっている。だが杭が本当に杭の形になっているために、実際に地面に打ち込まなければセットすることができない。通常のおもちゃならば家庭内で遊べるようにアレンジを加えるはずだが、そのままなんだな。雨用のポンチョは裏地にゴムの防水加工がされている。深海ダイバーは水の中に潜れるように防水製のユニフォームと鉛の重りがついている…など、おもちゃとして実現可能なミニチュア化を最大限に行っているのだ」

「聞いてるだけで、やりすぎ感が…」

「それまでの玩具とは一線を画していたわけだ。1965年に発売されたジープなんぞは全長80センチで、エンジン音が鳴り、無反動砲や投光器がセットになった大迫力ものだ。現在なら一部のマニアを対象とするような仕様を一般向けの玩具にとり入れて、なおかつ大ヒットしたことは奇跡に近い。このような製品は、現在ではPL法や製作コストの高騰から実現不可能だしな。それがいつまでもGIジョーが伝説として語られている理由のひとつじゃないか? 」

img_0

gijeep1

「日本兵もあったんでしょ?」

「おまえ、ヘンなとこだけ知ってるな。アメリカがベトナム戦争に介入した翌年の1966年にGIジョーの敵役として、”Soldiers of The World”シリーズが発売された。これは日,仏,独,英,露,オーストリアの兵士達で、それぞれに凝ったユニフォームとアクセサリーを身につけている。例えばドイツ兵のコスチュームには、細かなタグや数多くのボタンが縫いつけてあり、勲章もセットになっている。ショルダーバッグの背は毛で覆われ、全体はまるで映画撮影用のミニチュアプロップのようだ。もっとも資料も乏しい時代のことだから正確ではないがな。日本兵を除く5名の兵士には、ジャーマン系のヘッドが新たに作られた。そして日本兵のみアジア系のヘッドが作られている」

g1

japan1

「日本兵っていうか中国人みたいだね。箱絵なんて見るからに悪人って感じだし」

「偏見を感じるよな。ともあれGIジョーのヘッドのデザインの見事さには感心する。お人形のように過度なデフォルメをせずに、リアルさを残したセンスは素晴らしい」

「日本でもGIジョーが流行ったけど、よく考えると戦争に負けた日本の子供がアメリカ兵の人形で遊んでたってすごいよね。戦争が終わって20年ちょっとしか経ってないのに」

「戦後占領期にGHQ(連合国最高司令部)が日本人に施したWGIP(ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム)の呪縛をなめんなよ。”日本弱体化”のための洗脳政策だ」

「卒業式で国家を歌うとか歌わないとかの論争があることがヘンだしね。自分の国の国家や国旗を敬うのは当たり前だよ」

「またそこに便乗して日本を蹂躙しているのが歴史を自国に都合よく書き換えてきた韓国だ」

「韓国は知れば知るほど異常な国だよね」

「中国や韓国は自分たちが自国や他国で行った残虐行為を日本になすりつけているんだからマトモな国じゃない。だいたい南京事件も従軍慰安婦問題も捏造だろうが!」

「その話は長くなりそうだから・・」

「とにかくGIジョーは戦争を自国内で体験していないアメリカの少年に、兵隊フィギュアを提案したわけだ。しかしベトナム戦争が泥沼化するにつれて、ミリタリーをコンセプトとするGIジョーの販売は苦しくなってきた。そこで1970年からはヒゲのGIジョーの冒険をテーマにしたアドベンチャーチームというシリーズに移行するのだ」

hige1「ヒゲのGIジョーは覚えてるよ」

「だが、GIジョーはもともと現実の軍隊のミニチュア化をコンセプトにしていたからな。手本がない空想の冒険世界の構築と、売上減少に伴う小物の使いまわしでは、ひたすらにチープな玩具になっていかざる得なかった。そして1976年にGIジョーは一旦終了することになる」

「家には2つのGIジョーがあったよ。自分のと弟のモノ。当時は戦争物には興味がなかったから、他に比べて一番普通の格好をしているように思えたSailerを選んだんだよね。あとで後悔したけど。でも母親は男のくせに人形なんかで遊んでという目で見ていたな。根本的に女の子の人形遊びとは違うんだけどね」

「扱いが乱暴なんだろ?」

「そうそう! 当時のテレビドラマでは、悪人がよく崖から落ちてラストを締めくくっていたでしょ。あきらかに人形とわかるんだけど。あの場面が好きでさ、その頃”はげ山”と呼んでいた近所の山の崖から、よくGIジョーを落として遊んだね。手足を曲げながらリアルに転がり落ちていく人形をみていると、まるで映画を撮影しているような気がしたよ。車のおもちゃなんかも、よく崖から落として遊んでいたな。灯油を染み込ませた綿を押し込んで、火をつけたりなんかしてさ」

「アブナイやつだな。ちょっと引く…」

「引かないでよ!! でも、GIジョーは長い間お気に入りのおもちゃだったな。当時見ていたバラエティ『8時だヨ!全員集合』では、前半のコントの強引なオチに”ジャンボマックス”と呼ばれる謎の巨大人形が登場してたんだけど、知ってる?」

jb1「ドリフターズと全員集合を知らない子供はいなかっただろ!」

「でね、巨大人形”ジャンボマックス”の中に人が入っている構造を想像してさ。カップメンの空き箱を使って、GIジョーを自作のジャンボマックスに仕立て上げたりしたな。あと『子連れ狼』の悪役の柳生烈堂のヒゲに惹かれてね。母親の裁縫箱から糸束をちょろまかして烈堂風のGIジョーにヒゲをつけたりした」

「子連れ狼は時代劇だろ? 軍服じゃあわないだろうが」

「白ヒゲがカッコよかったんだよ。まぁ、軍服と白ヒゲの組み合わせは、孤島に取り残された旧軍人みたいだったけどね。それからブルース・リーの『ドラゴン危機一髪』で殴られた拍子に壁を人型に突き抜けてしまう人! あれが面白くてさ。ボール紙に切れ目を入れて、GIジョーを殴りとばして、人型にくり貫いて感動していた」

dragon1

「…おまえ、変な子供だったんだな」

「子供なんてそんなもんだよ! とにかく、どんなに乱暴に扱っても壊れないところが凄いオモチャだった。でも扱い方が違うだけで、結局女の子の遊びと同じような気がしないこともないけど」

「で、GIジョーはどうなったんだ?」

「いつのまにやら母親に捨てられてたんだよね」

「それは正しい流れだな。アメリカのGIジョーマニアの間の格言は”GIジョーは死なず、ただ母親に捨てられるのみ”(GI Joe never die,but thrown away by my mother)だ。そのとおりじゃないか」

「付属品なんかはもっと早くに失くなったけどね。バネ仕掛けで跳ね上がる地雷があってさ。単純だけど気に入ってたんだよな。あとサウンドマシンガンには憧れたな。高くて買ってもらえなかったもん」

サウンドマシンガン1「ちょっと待て。バネの地雷とサウンドマシンガンは、タカラのニューGIジョーのオリジナルだぞ」

「ニューGIジョー? あっ! 突然にGIジョーがリカちゃんシリーズの相手役みたいな顔になったやつか! あれはヘンだったな。それまでリアルなところに憧れてたのに真逆になったからね」

「もともと日本では三栄貿易株式会社が1966年半ば頃からハスブロ社のGIジョーを輸入販売をしていた。GIジョーの衣装制作は日本だったから一種の里帰りでもあるな。それが1970年から取り扱いはタカラに変わる。1971年からは日本市場に向けて新たに”ニューGIジョー”シリーズが発売された。これがリカちゃん人形の相手役ワタルくんみたいな顔のGIジョーだ。リカちゃん人形のタカラは、結局”お人形”の発想から抜けることができなかったんだろうな。装備品なども簡略化されてチャチくなっていく」

joe1

「子供向けの兵隊っていうカテゴリーも、日本の玩具業界としては難しいだろうね」

「そのためにスポーツシリーズをはじめたのだ。ボクシング、レスリング、野球、柔道、アクアラング(スキューバ)、スキーといったラインナップがあったな」

「えぇっ? ふつーに考えてスポーツ人形なんて売れないんじゃないの?」

「当然だ! スポーツに興味をもつ男の子だったら、人形じゃなくてスポーツ教室に入るだろが! そのため日本のGIジョーは、1971年10月から当時人気だった特撮ヒーローの衣装を加えた独自の展開に向かっていくのだ」

newgi1

「なるほどねぇ」

hensin1「さらに1972年7月からは、変身サイボーグ1号という新たなブランドを広げていく。これはニューGI.ジョーのボディを透明なパーツにして、胸と頭部にメッキの機械部品を仕込んだものだ」

「覚えてる! 腕とかをアタッチメントに付け替えられるんだよね」

「悪役としてキングワルダーなんてのも販売されていた。少年サイボーグだのサイボーグジャガーだの、やたらとサイボーグ化されてたな」

「変身サイボーグは、ミクロマンにつながるんだよね」

「国内では消えていったGIジョーだが、1980年代前半に『こちら葛飾区亀有公園前派出所』や、コンバットマガジンの記事をきっかけにして、G.I.ジョーの再評価が盛り上がったことがある。機に乗じてタカラが新たな12インチミリタリーシリーズの『コンバットジョー』を1984年に発売したが、ブームになることもなく短命に終わっている。まぁ、ヘッドの造形がお人形っぽさから抜けられなかったからだと思うがな」

「少女漫画みたいな顔だよね」

「どうだ。本来のGIジョーのコンセプトに敬意を表して、オリジナルのGIジョーでも買っていくか?」

「いえいえ、自分は戦争に興味はないですから」

私は首を横に振ると『葛楽堂』を後にした。

home1