「僕らの夏の時間」について

title22

pinapple1年齢を重ねてマシになったとはいえ、時折、感傷的になることがある。

イザとなればそんなモノに流されることなく、スイッチを切り替えてやるべきことをやるけれど、それはそれで自分を構成している一部分なのだ。

だったら封じることなく、文字という形にしてみてもいいんじゃないかと思った。誰かに訴えるわけでもなく、ただ自分目線で書いてみるだけ。

「僕らの夏の時間」は、いわゆる”ふつー”のブログだ。読者へのサービスは控えめにパーソナルな目線で書きたいことを書いている。

だけどラジオのチューナーが偶然に放送局を拾って楽しめることがあるように、誰かに響くことがあったとしたら、それはとても嬉しい。

『僕らの夏の時間』はそんな位置づけのサイトです。

home1