『エンドレスサマーⅡ』で夏に近づく

title22

靴屋の前を通りがかったら、店頭に展示されたコンバースに見覚えのあるデザインがプリントされていた。

sum6それは太陽をバックにサーフボードを抱えた男たちのシルエット。1964年に公開されたサーフィン映画『The Endless Summer』だ。

どうやら映画公開50周年を記念してのコラボレーションモデルらしい。

『The Endless Summer』は、監督兼カメラマンのブルース・ブラウンと2人のサーファーが、良い波をもとめて世界中を巡るサーフィン・ロードムービーで、サーフィンをやったことがない人でも十分に楽しめるシンプルで前向きな冒険映画の名作である。

sum1僕はこの映画のことを、片岡義男氏の『サーフシティ・ロマンス』(1978年)という本で知った。

片岡義男氏の書く小説は冗長で自分にはつまらないけれど、ハワイのエッセイは楽しい。

この本もそんな一冊で、当時、日本では殆ど知られてなかった映画『The Endless Summer』について詳しく書かれている。

それを読んだらどうしても映画が観たくなって、ビデオを探し回った。

それは初めて目にした種類の映画だった。古い映像だけれど、ワクワクする感覚が詰まっていて、先が読めない。ただ良い波を求めて様々な国で波乗りをしているだけなのに。

 それから10年以上が過ぎた1996年6月、同じくブルース・ブラウン監督による正当な続編『The Endless SummerⅡ』が日本で劇場公開された。

sum8

この頃、個人的な問題を抱えていた自分は、表面上はなんとか保ちながらも、気分を変えるためにスキューバダイビングの免許をとったりして、前へ踏み出すためにあがいているところだった。

そんな時に飛び込んできた『The Endless SummerⅡ』のニュース。劇場公開とはいっても映画館は限定的だったし、上映時間も夜だけだった。

僕はこの映画を今は亡き藤沢のオデオン1番館(2007/3閉館)に観にいった。平日の館内は満席ではなかったけれど、そこそこの客入りだった。

sum5『The Endless SummerⅡ』の基本コンセプトは、前作と全く同じだ。二人の若者が良い波を求めて世界を旅するサーフィン・ロードムービー。

映画がはじまると、スクリーンには息を呑むほど美しい映像が広がり、そこからあふれてくる旅の空気に引き込まれていった。

それは前作『The Endless Summer』に流れていた空気感と同じで、心を自由にしてくれるポジティブな何かがあった。

僕は翌週、再び映画館に足を運んでいた。

『The Endless SummerⅡ』は、3人だけで撮られた前作とは異なり、美しい映像を撮るためにスタッフは20人にも及んでいる。

また映画では連続しているように見える旅も、実際には主役の二人と2年の撮影契約を結び、彼らはひとつの旅に行って終わったらカリフォルニアに戻って、また次の旅の連絡を待つという感じだった。

それは真の意味で行き当たりばったりだった3人の旅の記録を元に編集で物語を紡いだ前作『The Endless Summer』を、より映画的にしたものだとも言える。

僕は『The Endless SummerⅡ』が好きだ。この映画を観ると、どうしようもなかった当時の痛みの片鱗が引き出されもするけれど、心がほんの少しだけ夏の状態に近づけるような気になれるから。

home1