マイブーム:ホラー映画とエルム街の悪夢

1980年代はホラー映画ブームで、当時のオレは玉石混交のホラー映画をレンタルビデオで楽しんでた。

だけど1987年に公開された『エルム街の悪夢』シリーズの3作目『エルム街の悪夢3 惨劇の館』は、なんとなく劇場に足を運んだんだよね。

で、この映画はオレにとってはかなり面白かったね。

それまではホラー映画といえば、怖がらせることを突き詰めていくものだとばかり思っていた。

だけど、『エルム街の悪夢3 惨劇の館』は、悪夢の具現化がファンタジーの域に入っている。

夢の中だから何でもアリってわけで、その映像が面白くて驚いたんだよね。楽しませよう精神にあふれててさ。

この映画の監督はチャック・ラッセル

この監督はオレが好きな1988年の映画『ブロブ/宇宙からの不明物体』(The Blob)も撮っている。似たテイストなわけだ。

リメイクを除けば、映画の「エルム街の悪夢」シリーズは8本が作られている。

「エルム街の悪夢」シリーズ
1984年『エルム街の悪夢
-(A Nightmare on Elm Street)
1985年『エルム街の悪夢2 フレディの復讐
-(Nightmare on Elm Street 2: Freddy’s Revenge)
1987年『エルム街の悪夢3 惨劇の館
-(A Nightmare on Elm Street 3: Dream Warriors)
1988年『エルム街の悪夢4 ザ・ドリームマスター 最後の反撃
-(A Nightmare on Elm Street 4: The Dream Master)
1989年『エルム街の悪夢5 ザ・ドリームチャイルド
-(A Nightmare on Elm Street 5: The Dream Child)
1991年『エルム街の悪夢 ザ・ファイナルナイトメア
-(Freddy’s Dead: The Final Nightmare)
1994年『エルム街の悪夢 ザ・リアルナイトメア
-(Wes Craven’s New Nightmare)
2003年『フレディVSジェイソン
-(Freddy vs. Jason)

ちなみにオレの中では『フレディVSジェイソン』の物語の続きは、2001年に公開された未来版の「13日の金曜日」である『ジェイソンX』に続くことになっている。

なにしろ『ジェイソンX』の舞台は、西暦2455年の宇宙なのである。もはや映画全体が、ひとつの悪夢を見ているかのようだ。

オレは「13日の金曜日」シリーズを面白いと思ったことはないけれど、『ジェイソンX』だけは面白かったな。

もっとも未来の宇宙へと飛び出すホラー映画はこれが最初ってわけじゃない。

1996年に公開された『ヘルレイザー4』(Hellraiser IV: Bloodline)のラストは、未来の宇宙における魔導士との戦いだった。

やり過ぎってのはジャンルを超えた面白さがあると思ったね。

遊人(2022/5/3)

home1