[葛楽堂」映画『カーズ』の脇役たち~グッズ売りのブライアン

葛楽堂タイトル1

『葛楽堂』と描かれた木製看板の奥に、古玩具だのワケのわからん品だのが所狭しと並んだショーケースが置かれている。そのショーケースを覗き込んで、いろんなモノたちを眺めながら、店主の桃源さんとときどき雑談を交わしている。

葛楽堂のカウンターの向こうの椅子で、店主が暇そうに本を読んでいる。

「桃源さん。映画『カーズ』のキャラクター玩具について教えてほしいんだけど」

「そっち系は扱ってないといっただろ!」

「だからさ。Matelの『カーズ』のことを教えてくれるだけでいいからさ」

「何が知りたいんだ?」

「Matelって『カーズ』に出てくるどんな脇役でも製品化してるでしょ。ピストンカップの場面で観客席にレーシングシリーズの映画に一瞬だけでてきた応援グッズ売りはミニカーになってるの?」

「それはブライアン・パーク・モータースBrian Park Motors)だな。これのことだろ?」

「やっぱり設定はあるの?」

「もちろんだ。ブライアンはある夏、レース場でアンテナボールを売るのは楽しいだろうと思ってアルバイトをした。それは10年前の夏のことだったが、9月になって彼は自分の将来を考えた。彼は、その仕事を追求することにした。そして彼は応援グッズ業者になった。ブライアンはレース場の興奮を楽しんでいる。そして彼はレースに声援を送る観客よりも大きな声で『このアンテナボールを手に入れて!」と叫ぶのだ」

「シンプルな物語だね」

「でも、ブライアンの扮装は派手だぞ。全身が売り物の応援グッズだ」

「ホントに派手だねぇ」

「このミニカーは以前はヨーロッパの一部地域の 販売のみで、日本や本国アメリカでも発売されていなかった。しかし、2018年シリーズでリリースされるらしいぞ」

「今さらリリースして売れるのかな?」

「そもそも売れてないだろ」

home1