[葛楽堂]Shasta社のトラベル・トレイラー

葛楽堂タイトル1

『葛楽堂』と描かれた木製看板の奥に、古玩具だのワケのわからん品だのが所狭しと並んだショーケースが置かれている。そのショーケースを覗き込んで、いろんなモノたちを眺めながら、店主の桃源さんとときどき雑談を交わしている。

葛楽堂のショウケースに、可愛らしいキャンピングトレーラーが飾っている。

shasta1「桃源さん。このキャンピングトレーラーはお洒落だね」

「あぁ、1958年に萬代屋が製作した全長約27センチのブリキ玩具”Shasta トラベル・トレイラー”な。実車の雰囲気をよく捉えてるだろ」

「実車なんて観たことないよ」

shasta2「そうか。当時、販売されていたShasta社のトラベル・トレイラーは、今となってはちっぽけなサイズではあるけれど、そのデザインは古びていない」

「確かに完成されたデザインだね」

「曲線を巧みに取り入れたボディライン、ツートンのカラーリング、そして、側面上部にとりつけられたウィングがこのトレイラーの軽やかなイメージを決定づけているよな」

「1950年代のアメ車は航空機のデザインの影響を受けてるでしょ。キャデラックのテールフィンとかさ。このウィングもその影響下なのかもね」

「そうだな」

「これって牽引するための自動車も売り出されてたの?」

「もちろんだ。ここにあるのは単品売りのパッケージだが、Rambler Station Wagonとの組み合わせでも売られていたぞ」

shasta3

shasta5

「ホントだ」

「このトラベルトレイラ―は箱にスケールモデルと書かれている。つまりはそれほど精密に作られているわけだ」

「このサイズのブリキ玩具では迫力があるね。雰囲気もあるし」

「ところがブリキ玩具の定めなのか、後期にはもっと玩具よりに改修されてしまうのだ」

shasta4

bf_12_sb

「確かにオモチャっぽくなってるね」

「ブリキ玩具の旬は短いからな。やはり最初に発売されたものが一番素晴らしいということだ。どうだ、お前も初心を忘れないためにこのトレイラーを買っていくか?」

「いや、自分はインドア派ですから」

私は肩をすくめると、葛楽堂を後にした。

home1