お小遣いの使い道

title22
休日の朝、リビングに行くと小学3年生の息子がモジモジと定期券サイズの紙の束を渡してくれた。

一番の上の紙には、手書きで”スタンプカード”と文字があり、6つの押印欄が書かれている。

紙をめくると、”肩たたき券”が6枚ついていた。期限は今年いっぱいらしい。

「お父さん、もうすぐお誕生日だから、作ったの」

55t2

「嬉しいな。ありがとう」

「どういたしまして」

「これって、いつから使えるの?」

「もう使えるよ」

「1枚で何回、叩いてくれるの? 1回だけドンとか」

「違うよ。いいって言うまで」

「ホント?! じゃ、お願いします」

「はい」

小さな手でとんとんと叩いてくれる。「いい」って言うまで叩いてくれるらしいから、そのタイミングが難しい。あまり短いと”やった感”がないし、長過ぎると苦痛になるだろう。サービスを受けるにも加減が大事。

頃合いを見計らって手を止めてもらい、お礼をいう。

朝食後、自室にいるとキッチンから息子とヨメの会話が微かに聞こえてきた。

「ねぇ、お母さん。もう渡してもいい?」

「まだ早いよ。お誕生日はまだ先だよ」

「でも、渡したいんだもん」

「じゃ、渡してきたら?」

 すぐに息子が嬉しそうにやってきた。手にはプレゼントの箱を持っている。

「お父さん、お誕生日のプレゼント」

「えぇ、肩たたき券をもらったのに、まだあるの? ありがとう!」

「どういたしまして」

「開けてもいい?」

「うん!」

包み紙とって箱を開けると、少し派手めのベルトが入っていた。

55t1

「お小遣いで買ったんだよ!」

「ホントに! 嬉しいな。ありがとう。さっそくしてみよう!」

 はいていたジーパンのベルトを、もらったばかりの新しいものに交換する。

「どう? かっこいい?」

「うん。いい感じ!」

「ありがとうね!」

あとでヨメに聞くと、前日の夕方に一緒に近所のスーパーに買いに行ったという。息子が言い出したそうだ。

しかも自分のお小遣いで買うからと、3年生になってから貯めた月300円のお小遣いを全部使ってくれたらしい。

せっかく貯めたお小遣いなんだから、自分の好きなモノを買えばいいのに。

ありがとう、息子よ。お前はイイ奴だな。

by 静 炉巌(2016/11/26)

home1