[葛楽堂]カバとバナナと少年と

葛楽堂タイトル1

『葛楽堂』と描かれた木製看板の奥に、古玩具だのワケのわからん品だのが所狭しと並んだショーケースが置かれている。そのショーケースを覗き込んで、いろんなモノたちを眺めながら、店主の桃源さんとときどき雑談を交わしている。

カバに乗った男の子が、カバの鼻先にバナナをぶら下げて走らそうとしているブリキ玩具が、ショーケースの隅にみえる。

「あのカバに乗った男の子、ちびくろサンボみたいだね!」

「あれは、東京プレイシング商会が1957年に発売した”HAPPY HIPPO”だな。当時、60,000個が生産されたものだ」

kaba1

「小さな男の子が主人公の冒険話っていいよね。『ちびくろ・さんぼ』とか『エルマーのぼうけん 』とかさ。力じゃ大人に勝てないから、知恵を絞ってピンチを乗り切る。子供の頃って、そんな主人公に自分を重ねた経験が誰にもあるよね」

kaba3「まぁな。それにしても、この男の子は、なかなかの知恵っ子だな」

「この玩具ってどんな風に動くの?」

「ゼンマイを巻くと、カバが大きな口をパクパクと開けたり閉めたりしながら走り出す。カバにはミステリーアクションとも bump’n go action とも呼ばれる機構が取り入れられていて、壁にぶつかると勝手に方向転換をする仕組みだ。もっとも、ここにあるものは、経年変化でギアがスムーズには動かない。残念ながら、その場でクルクルと回るだけだ」

「でも、バナナでカバを走らせるなんて、ホノボノとしてるよねぇ。箱絵に描かれたカバも可愛らしいしさ」

「おまえ、カバをナメてるだろ?」

「えっ?」

「カバはな、おっとりとみえる外見とは裏腹に陸上生物最強とも言われているのだ。皮膚の厚さは4センチもあって防御力は抜群。強力な顎と長い牙は殺傷能力が恐ろしく高く、性格は凶暴。しかも、あの巨体なのに40キロの速度で走ることができる」

「そ…そうなんだ」

「だいたいアフリカで野生動物に襲われたことによる死者数は、ライオンでもワニでもなく、カバが一番なんだぞ」

「そう言われて箱の絵をよく見たら、奥にはカバが木にぶつかって、放り出される人がいるし。あの人、バナナの代わりに食われちゃうのかな…。こんなカバに追いかけられたら、ちびくろサンボだって裸足で逃げ出すね。アフリかって怖っ!」

kaba2

「…お前、ちびくろサンボの舞台はアフリカだと思ってるんじゃないだろうな?」

「えっ? 当たり前じゃん。アフリカだよ!」

sanbo1バカめ。決まってるのは、ちびくろサンボはインドが舞台だってことだ! この物語はな、イギリス人のヘレン・バンナーマンがインドに滞在していた時に、イギリスで暮らす2人の娘のために手作りした絵本がはじまりだ。そして、バンナーマン自身のさし絵による初版が、1899年にイギリスで出版されて以来、各国で翻訳、出版されてきたのだ」

「でもさ。インドにいながら、アフリカの話を書いたのかもしれないでしょ?」

「アフリカにはトラは生息してないし、かつて生息したこともない! だから、このトラはインドのベンガル虎だ」

「えぇっ!」

kaba10「お前、もしかしてバターはトラから作られるって思ってるんじゃないよな?」

「さすがに思ってないよ!」

「ところで、この”HAPPY HIPPO”にはグレーのバージョンもある。どうだ、茶色とグレーをあわせて買っていくか? かわいいぞ」

「かわいいけど、凶暴だから…」

私は首を横に振ると『葛楽堂』を後にした。

home1