[葛楽堂]GIジョー 深海ダイバー(DEEP SEA DIVER)

葛楽堂タイトル1

『葛楽堂』と描かれた木製看板の奥に、古玩具だのワケのわからん品だのが所狭しと並んだショーケースが置かれている。そのショーケースを覗き込んで、いろんなモノたちを眺めながら、店主の桃源さんとときどき雑談を交わしている。

葛楽堂のカウンターに昔の潜水服の人形が飾ってある。

「桃源さん、これってGIジョーの潜水夫じゃん!」

「1965年に発売されたDEEP SEA DIVERな」

deep sea diver「カッコいいね。ところで、このタイプの潜水服っていつ頃からあったの」

diver3

「1918年から1980年代半ばにかけて米海軍の潜水士たちが深海の探索任務のために使用していた。このタイプの潜水服はマークVスーツと呼ばれ、ゴム引きキャンバス製が特徴となっている」

「結構、古くからあるんだね」

「ちなみに喜劇俳優バスター・キートンは、1924年の映画『海底王キートン(The Navigator)』で、この潜水服をきてギャグをやっているぞ」

 Title: NAVIGATOR, THE (1924)  Pers: KEATON, BUSTER / McGUIRE, K「漂流する大型船が舞台の映画だよね。本物の廃船を使って撮影したやつ」

「よく知ってるな。キートンは最高だろ!?」

「同感! ところでGIジョーの潜水夫って結構、作り込まれているんだね」

「本物と同じようにスーツの内側はゴム引きで、ウェイトベルトには8つの鉛、靴のウェイトの素材も本物と同じく鉛が使われている。まぁ、ゴム引きをしたところで水は入りまくるがな」

 「それにしても凝ってるねぇ」

「実際に水に入れて遊ぶことを想定しているからな。付属の説明書を見てみろ。GIジョーを水に沈めて、付属のチューブから空気を送り込んで遊ぶようになっている」

diver2

 「なんか凄い割には地味なような…」

「気分だよ、気分! だいたいGIジョーのコマーシャルは外で遊ぶものが多いだろ? 女の子が遊ぶお人形とは違って、男の子向けのアクション・フィギュアは外で遊ぶことを強調しているわけだ」

「なんだか付属のパーツとかすぐになくなりそうだね」

「家の中で遊んでいてさえ無くなるからな。アメリカ人は大雑把だから、そんなことは気にしないんだろ。おまえも金額なんて気にしないでDEEP SEA DIVERを買っていったらどうだ?」

「金額を気にしなくたって、買えるお金がないからね」

私は首を横に振ると『葛楽堂』を後にした。

home1