ディズニーランド「ミート・ザ・ワールド」第5回

東京ディズニーランドの”ミート・ザ・ワールド”には、松下電器産業の創業者、松下幸之助氏の意向が大きく働いている。このアトラクションの建設が決定される前へと時間を戻そう。

東京ディズニーランドが導入したオフィシャルスポンサー制度は、日本では初めての試みだった。

そこで突破口として、まず松下電器産業を引き込みたかったオリエンタルランドは、最初に「カリブの海賊」のスポンサーを打診した。

meet88しかし、松下幸之助氏は「いくら人気アトラクションでも、我が社のイメージには結びつかない」とこれを断ってしまう。

他の様々なアトラクションを打診しても、どれも受け入れられない。

だが松下氏は以前からウォルト・ディズニーの思想やディズニーランドの経営には強い興味を持っていた。

東京ディズニーランドの建設にあたっても、「これからの日本には、こうした心の産業を育てていくことが必要だ」と賛成の立場だった。

そもそもウォルトが考えたディズニーランドは、パークを訪れた人たちが愉しい一日を過ごし、来園前には知らなかった知識を得て、その日の終わりに幸せな気持ちで園を去る場所であるということだった。

また松下氏は、アメリカのディズニーランドのアトラクション”The Hall of Presidents”(大統領の広間)が、アメリカ建国の歴史や歴代の大統領を紹介していることに感銘を受けてもいた。

そこで、「日本でやるのなら日本の成り立ちを見せたい。それであれば考慮する」と提案する。

東京ディズニーランド誘致の総合プロデューサーである堀貞一郎氏は、当時のディズニーの副社長であるディック・ヌーニス氏に、東京ディズニーランドにつくるアトラクションについて相談していた。

ヌーニス氏は「自分がこの国に生まれてきてよかったと、誇りの持てる施設が必ず一つ必要である」とアドバイスしたという。ディズニー側には、松下氏の提案を受け入れる下地があったのだ

もちろん、それはエプコットの日本館のアトラクションに利用するための計算だったかもしれないが。

とにかくウォルトディズニー・プロダクション社は、デザインとテクノロジーのシンクタンク組織であるWEDエンタープライズのライターに構成案(英文と絵コンテ)を作成させる。

meet125それはエプコットの日本館のために検討されていたアトラクションの原案だったのかもしれない。

ウォルトディズニー・プロダクション社の提案は、”日本神話に材をとった天照大神の国造りの物語”だった。しかし、松下側はこれを却下。

そして、「日本のことは我々がいちばん良く知っている。構成はこちらで考えるから、それを認めるならばスポンサーを引き受けてもよい」と方向を定めた。

松下電器はスポンサー参加の意志を表明した最初の企業となった(オフィシャルスポンサーの第一号は明治乳業)。

1980年1月にシナリオのコンペが行われて、2名のシナリオライターが選ばれた。4月からはオリエンタルランド社を通じて、WEDエンタープライズとのやりとりが始まった。

オーディオアニマトロニクスとしてとりあげる人物の決定、縄文時代や弥生時代の様子、明治維新の剣による戦いの実写パート、アニメのパート、オーディアニマトロニクスと映像の同期部分などが練られていく。

日本の未来を論じさせる三体のオーディオアニマトロニクスは、当初は胸像となる予定だったが、途中から全身像に変更された。

スタッフは、オーディオアニマトロニクス制作のために必要な偉人達の前、横、後の全身写真の資料探しに奔走したという。

”ミート・ザ・ワールド”の楽曲は、堀貞一郎氏がシャーマン兄弟に依頼した。リチャード・シャーマンは「彼らは”スモールワールド”のようなフィーリングで、日本的なフレーバーをもった曲を欲しがっていた」と語っている。

シャーマン兄弟は、曲が出来上がるとアメリカに堀氏を呼んで感想を求めた。彼らは一度も来日したことがなく、日本的なニュアンスを掴みきれていなかった。

そこで曲を聞いた堀氏が「このような感じで」と伝えることで、日本風にアレンジされていき、”We meet the world with love”という名曲が生まれた。

meet126

ウォルトは熱烈な愛国者であり、娯楽と教育は切り離せないもので、教育は愉しく、人を喜ばせるもので自己を導く経験になるものだ確信していた。

カリフォルニアのディズニーランドには、アメリカ建国史を伝える”リバティー・スクエア”があり、”大統領の広間”がある。

アメリカは異民族で構成され、民族としての共通のバックボーンを持たない国である。だからこそ、アメリカ人にとって、”建国物語”は重要だ。ウォルトが、ディズニーランドにアメリカの歴史を持ち込むのは当然のことだった。

meet87

東京にディズニーランドを作るには、本家ディズニーランドが取り込んでいる”アメリカの物語”を、どのように位置づけるかを定める必要がある。

ディズニーランドは単なる娯楽施設ではない。ディズニーランドの本質を捉えるのであれば、あるいは翻訳するのなら、ウォルトがアメリカを愛したように自国の文化を取り込むべきではないのか。

しかし、それは同時にディズニーランドというアメリカらしさ、擬似アメリカの世界を損なうことであり、形としてのディズニーランドらしさを減じることになる。

それでも、松下幸之助氏とオリエンタルランドは、日本の歴史を題材にした”ミート・ザ・ワールド”を導入した。

この決断は、高く評価されるべきことだ。なぜなら、そこにはこの国の未来を思う哲学と意志が存在するからである。それは結果として東京ディズニーランドを、より豊潤なテーマパークにしたのだった。

・・・ その6に続く ・・・

home1

※シナリオ作成部分参考:「時計仕掛けの昭和館