ディズニーランド「ミート・ザ・ワールド」第7回

2009年4月15日、東京ディズニーランドの”ミート・ザ・ワールド”跡地に、モンスターズ・インク“ライド&ゴーシーク!”がオープンした。では、フロリダにあるエプコットの日本館は、どうなっていただろうか?

日本館には、”ミート・ザ・ワールド”がオープンしてからも、そしてクローズした後も、今に至るまでアトラクションは作られていない。

”ミート・ザ・ワールド”がクローズしたとき、日本館のアトラクションとして、これを移設する案もあったという。

meet03しかし、スポンサーが見つからなかったため、実現には至らなかった。

日本館のアトラクションについては、様々なアイデアが検討されては消えていった。

1990年代初期にイマジニアが考えていたのは、屋内型ローラーコースターのアトラクション”Mount Fuji rollercoaster”だった。

これはカリフォルニア・ディズニーランドに1959年にオープンした”マンハッタン・ボブスレー”から発想されたアトラクションだが、モチーフとなるのは富士山だ。

meet80本館の城門の背後に巨大な空洞の富士山を建設して、その中を内側と外側からなる螺旋状のローラーコースターが競うように疾走する。

コースの途中ではゴジラ、あるいは大トカゲが、ライドを襲うというアイデアも考えられた。

さらにアトラクションの出口付近には、銀座をイメージしたショップ街を設けるという案も検討されている。

このアトラクションの有力なスポンサー候補となったのは、富士フィルムだった。

meet79しかし、同じエプコット内のアトラクション、”the Journey into Imagination”のスポンサーだったイーストマン・コダック社が、同業社のスポンサーがつくことの懸念をディズニー社に申し入れたために実現することはなかった。

これは実現されなかったことが、実に勿体なく思える企画である。

後にディズニーワールド内に作られるエベレストの高さが約61メールなので、もし、作られていれば富士山も同程度の高さになったことだろう。

フロリダの地にそびえ立つ富士山。想像すると実に楽しい。しかも、ある意味で日本人の信仰的な対象となっている山がカリカチュアライズされて、その中を縦横無尽にローラーコースターが走り回るのだ。

meet78五重塔や城門に、今度は富士山と銀座が加わるのだから、まさにカートゥーンの世界である。

せっかくのアイデアを、このまま埋もれさすぐらいなら、東京ディズニーランドに日本エリアを設けて、ぜひ作ってほしいものである。

もちろん、そのままの日本エリアじゃ面白くないから、”レトロフューチャーな進化を遂げたもうひとつの日本”なんていう設定にすると愉しいんじゃないかしらん。

メガネをかけたロボットがウロウロしてたり、昭和と未来が融合した建物があったりみたいな。

meet127あるいは、”アメリカ人が想像する勘違い日本”なんてのもいいな。サムライ,ニンジャ,富士山,天ぷら…、城下町に銀座があって、ディズニーが手掛ける忍者屋敷のアトラクションもあったりしてね。

「カリブの海賊」だって想像の産物でしかないわけで、あんな海賊は実際には存在しない。アメリカ人がイメージする”海賊”として以外には。だったら、そんな”日本”があってもいい。

残念ながらフロリダの富士山は実現しなかったけれど、ライドをゴジラが襲うというアイデアは、2006年4月にディズニーワールド内の”アニマル·キングダム”にオープンした”エクスペディションエベレスト(expedition everest)”に、”イエティ(雪男)”として取り入れられることになった。

meet76

・・・ その8に続く ・・・

home1