ディズニーランド「ミート・ザ・ワールド」第4回

1982年10月1日、ファンファーレと共にフロリダのディズニーワールドに、エプコット(エプコットセンター)がオープンした。

meet99エプコットは、ウォルトが構想していた”明日のための実験的未来都市”としてではなく、娯楽と教育を兼ねたテーマパークとして作られた。

このテーマパークは、1975年に発表されたように”フューチャーワールド”と”ワールドショーケース”という2つのパークから構成されていた。

しかし、ワールドショーケースは発表されていたモール形式ではなく、大規模な人工湖を米国,日本,メキシコ,ノルウェー,中国,ドイツ,イタリア,モロッコ,フランス,イギリス,カナダの11ヶ国(当初は8ヶ国)のパビリオンが囲む形となっている。

それは常設の世界博覧会のようだった。各々の国の特徴的な建物を模したパビリオンでは、その国の文化や料理を楽しむことができる。また、いくつかのパビリオンにはアトラクションも用意されていた。

しかし、ワールドショーケースには、”本物を超える作り物”で夢を与えてきたディズニーらしさはあまり感じられず、世界の縮図と言うよりも実物の劣化コピーが並んでいるように見える。

アメリカン・アドベンチャー館には、オーディオ・アニマトロニクスによるアトラクションがある。1回のショーの収容人数は1024人。他のパビリオンと比べるとここだけ豪華な印象だ。

meet98その理由はアメリカだからである。アメリカン・アドベンチャー館の建物は、ディズニーランドで言えば、城の位置づけなのだ。

アトラクションの23メートルにも及ぶステージでは、35体のオーディオ・アニマトロニクスと移動するセット、映像、音響と照明の特殊効果を組み合わせて、アメリカ合衆国の歴史を約30分で紹介する。

このアトラクションが制作された期間は、東京ディズニーランドの”ミート・ザ・ワールド”の制作期間とほぼ同じだ。

ショーはフランクリンとマーク・トウェインをホスト役にして、ピルグリムとメイフラワー号、ボストン茶会事件、独立宣言書の執筆、フォージ渓谷と独立戦争、奴隷制度と南北戦争、ネイティブ・アメリカンの苦悩、フィラデルフィア、ヨセミテ国立公園の設立、第一次世界大戦、第二次世界大戦など、アメリカ近代史の出来事と偉人を紹介していく。

ノルウェー館のアトラクションは、ドラゴンの頭が先頭についたバイキング船で、ノルウェーの自然や民話を探検する”マウルストラム”(Maelstrom)だ。マウルストラムとは、ノルウェーの民話に出てくる妖精のことである。

meet97

カナダ館には、ナイアガラやロッキー山脈など、カナダの雄大な大自然を360度のスクリーンで楽しめる”オーカナダ!”(O Canada!)がある。

meet96

メキシコ館は、”エル・リオ・デル・ティエンポ”(EL RIO DEL TIEMPO)だ。このアトラクションは、星空の下をボートでアステカの廃墟を巡りながら、時間の河を遡ってメキシコの過去と現在を探るというものだ。”スモールワールド”の地域限定盤のようなものである。

meet95

中国館のリフレクションズ・オブ・チャイナ(Reflections of China)は、360度のパノラマ映像で紫禁城や万里の長城、モンゴルの平原を疾走する馬など、中国の景色や歴史を紹介する。


meet94

では、日本館のアトラクションはどうなっていただろうか?

日本館は、アメリカン・アドベンチャー館の隣に位置しており、日本庭園を囲むように五重の塔と桂離宮、厳島神社の鳥居、京都御所・紫宸殿、姫路城正門、姫路城(二条城とも言われるが、デタラメ過ぎて不明)をイメージした建物で構成されている。それは”アメリカ人が想像する日本”の姿だ。

meet93スポンサーは米国三越。

パビリオン内には観光客用の着物や浴衣、盆栽、 食品(菓子、日本茶、麺類、日本酒等)、和陶器など様々な商品が並び、ショップの他にも寿司や天ぷら、鉄板焼きなどの和食レストランが入っている。

また、近年では漫画やアニメグッズ(ポスターなど)、おもちゃなどポップカルジャー製品が数多く並べられている。

秋葉原と浅草の外国人向けお土産ショップを足したような店内は、やはりアメリカ人から見た日本の具現化であり、日本人から見るとヘンテコのカオスと化している。

なかでも強烈に印象に残るのは、真珠の販売ショーだ。これは畳を模した床の上に、これまた石造りを模した販売ブースが設えてあり、太鼓と貝を沈めた水槽が用意されている。

販売員はワイヤレスヘッドマイクをつけて、周囲に客とのおしゃべりを聞かせながらショーを進めるのだが、客は途中で日本風のお辞儀を強要されたりする。

客が水槽の貝を選ぶとその場で貝を開き、スケールをあてて大きな真珠が入っていると大げさに太鼓を叩いて盛り上げる。

真珠はアクセサリーにしたり、お持ち帰りすることができるが、もちろん有料だ。昔、地方でやっていたインチキ販売さながらの光景である。

meet92

日本館に併設された美術館”Bijutsu-kan Gallery”には、カラス天狗やカッパの置物など、日本の文化を象徴する作品が展示されている。2003-2010年には、北原照久氏のブリキ玩具コレクションも展示されていた。

しかし、当初の計画に盛り込まれていた新幹線型アトラクションはもとより、他のパビリオンのようなアトラクションも作られていない。

アトラクションの計画がなかったわけではなかった。

空撮写真では、日本館の城の背後に倉庫のような広大な建物が見える。現在、三越のショップと美術館が入っている場所だ。

meet124ここが日本館のアトラクションがあるべき場所だった。

さまざまなアトラクションのアイデアが検討されたが、最終的には日本の歴史を紹介するショーが考えられた。

これが、東京ディズニーランドで”ミート・ザ・ワールド”として公開されたアトラクションだと言われている。

アトラクションが実現しなかった理由としては、日本の歴史を取り上げる際に、第二次世界大戦に触れると退役軍人を混乱させるリスクがあったためとも言われているが、最大の理由は資金を提供するスポンサーが見つからなかったことだ。

しかし、日本館のために計画されていたというアトラクションは、本当にあの”ミート・ザ・ワールド”のことだったのだろうか?

その答えは、”イエス”であり、”ノー”だ。

meet91日本館用には何らかのアトラクションが考えられていた。そのための建物も残っているのだから、具体的な計画もあっただろう。

おそらくはそれは回転式劇場で日本の歴史を紹介するというプランだった。

しかし、その計画が東京ディズニーランドの”ミート・ザ・ワールド”として実現されたはずがない。

なぜなら、エプコットの着工日は1979年10月1日だが、4ヶ月後の1980年1月末に、オリエンタルランド社は、電通を通して東京ディズニーランドの”ミート・ザ・ワールド”用シナリオコンペのために、何人かのシナリオライターに声をかけているからだ。

つまり、”ミート・ザ・ワールド”のシナリオは、日本が独自に用意したものなのである。

おそらく東京ディズニーランドに”ミート・ザ・ワールド”の建設が決まった時、日本館にも同じアトラクションを導入するように計画が変更されたのだろう。

「エプコットに建てる予定だった”ミート・ザ・ワールド”を、東京ディズニーランドに持ってきた」のではなく、「東京ディズニーランドに建設する”ミート・ザ・ワールド”を、エプコットにも作る予定だった」ということだ。

meet901982年に発売された”Walt Disney’s Epcot Center: Creating the New World of Tomorrow”では、”ミート・ザ・ワールド”のコンセプトアートの一部を見ることができる。

さて、シナリオコンペに参加したシナリオライターへの依頼内容は、”世界との出会いをテーマにした日本の歴史”を見せるためのシナリオ作成だったという。

採りあげる時代は既に有識者に図っており、16分ですべてをまとめることになっていた。4分ごとの4ステージである。

シナリオがなければ、ショーの製作には入れない。舞台装置と多くの複雑なオーディオアニマトロニクスを準備するためには、少なくても2年の製作期間が必要だった。

meet89ディズニーランドの建設工事が実際にはじまったのは1980年12月3日。工期は24ヶ月。着工と同時に、アトラクションにスポンサーをつけるための企業との交渉がはじまった。

東京ディズニーランドのスポンサーとして選択する企業は、米ディズニー本社と協議を重ねて決定した3つの基準を満たしている必要がある。

その基準は、ひとつには「1業種1社であること」、ふたつめは「原則として業界トップの企業を選ぶこと」、そして「アルコール飲料会社と薬品会社をスポンサーに選ばないこと」の3つである。

その5に続く

home1