ディズニーランド「ミート・ザ・ワールド」第8回

2001年9月8日、東京ディズニーランドの隣に東京ディズニーシーがオープンした。

meet75当時、独自のアトラクションが並ぶこのテーマーパークで、唯一、他のディズニーパークから持ってきたアトラクションが”インディ・ジョーンズ・アドベンチャー”である。

この古代遺跡の冒険アトラクションのスポンサーとなったのは、松下電器産業株式会社(現:パナソニック)だった。

かつて、東京ディズニーランドでオリジナルのアトラクション”ミート・ザ・ワールド”の後ろ盾となった松下電器産業は、ディズニーシーではコピー(細部は異なる)のスポンサーとなった。

さて、”インディ・ジョーンズ・アドベンチャー”の待ち行列に並び、建物内を歩いていくと、やがて物置の様なスペースに電球の木箱が積み上げられていることに気づくはずだ。

白い木箱に書かれた”National”(ナショナル)という文字。これは、松下電器産業が”パナソニック”の前に使用していた旧製品のブランド名である。

meet74

少し先にはインディ博士の机がある。机の上のラジオからは、発掘の様子を伝えるニュースが流れている。このラジオも脇にある扇風機も電球も、松下電器が密林探検隊へ提供したという設定なのだ。

何部かの新聞が無造作に置かれているが、一番上の新聞には日本語の文字を読み取ることができる。新聞の名称は『国際ジャーナル』、日付は昭和10年9月4日。

昭和10年(1935年)は、インディ・ジョーンズが映画内で”魔宮の伝説”の冒険をした年で、9月4日はディズニーシーと、このアトラクションがオープンした日だ。

新聞には、若き日の松下幸之助氏の写真と共に「松下電器 密林探検隊にラヂオや電気器具を提供」,「松下幸之助氏が中米へ渡り自ら引き渡しを監督」といった記事が掲載されている。

かつて、”ミート・ザ・ワールド”というアトラクションで日本の偉人達を蘇らせる力となった松下幸之助氏は、今はインディ・ジョーンズに協力した偉人として物語に入り込んでしまったようだ。

この新聞は、インディ・ジョーンズのスポンサーラウンジの壁面にも飾られており、そこで記事の詳細を読むことができる。

meet73

meet72

松下電器 密林探検隊にラヂオや電気器具を提供

「松下電器が密林探検隊に必要な電気器具類を提供することとなつた。深ひ密林に覆はれた水晶髑髏の魔宮に空中から物資を届けることは非常に困難である為、魔宮の近くを流れるロストリバーを利用して船による輸送が行はれた。生ひ茂つた密林、じめじめとした暑さ、熱病、突然のスコール、或ひは毒蛇やワニ、豹などといつた野生動物が輸送時の障害となつたものの、社長の松下幸之助氏が監督して直々に現地へと赴き、物資の引き渡しは無事に終了した。」

ディズニーランド「ミート・ザ・ワールド」本編

■記事雑感

”ミート・ザ・ワールド”についての記事を書き始めた時、まさかこんなに長くなるとは思わなかった。

自分自身は、ウォルト・ディズニーという一人の人間と作品には、興味と敬意をもっているけれど、彼亡き後のディズニー社は別物だと捉えてる。

meet71最初は、「そういえば昔、”ミート・ザ・ワールド”っていうアトラクションがあったなぁ」と思い出して、ネットを検索しただけのことだった。

でも、大抵のサイトに書かれていた「”ミート・ザ・ワールド”は、フロリダに作られるはずだったアトラクションを日本に作ったものだ」という記述が、自分には引っかかった。

だって、”ミート・ザ・ワールド”の内容は国内向けだと感じられるし、海外で見せることを主目的とするなら、ショーでアピールするポイントは異なるように思えたからだ。

そんなわけで、ついつい調べ始めちゃったんだよね。とは言っても、国内外の書籍やインタビュー記事、ネット上の情報や映像を整理して、それに考察を加えただけなんだけどさ。

ただ原則として、出典や根拠に乏しい情報は切捨てたから、正解ではないにしても、それなりにイイ線はついているんじゃないかと思う。

あっ、写真は結構あちこちからパクってます。著作権を持たれている方、ごめんなさい。

ニューヨーク博覧会やエプコットのことまで盛り込んだので長ったらしい記事になってしまったけど、”ミート・ザ・ワールド”の位置づけを考えるためには外せなかった。

でも、今回の記事を書いたことで、当時、ショーを観終わる度に感じていた”違和感”の正体も把握できたので、自分としてはスッキリした思いだ。

”ミート・ザ・ワールド”は特別なアトラクションだった。一部には復活を願う声もあるけれど、僕自身は同じ形で復活すべきだとは思っていない。

でも、その価値を考えれば、公式な映像や資料をDVDなどで残しておいてほしいとは思う。

”ミート・ザ・ワールド”の役目は終わったのだろう。残念なことに、その役目を引き継ぐアトラクションはまだ存在していない。そして、東京ディズニーランドのひとつの時代も終わった。

かつてウォルト・ディズニーは、ディズニーランドについてこう語っている。

ディズニーランドが魔法の王国と呼ばれるのは、ファンタジーと歴史、冒険と学習を様々なレクリエーションや遊びと組み合わせて、ひとつにしているからだ」。

それは、この国でも巨大産業となったディズニーリゾートが、ディズニーランドの原点として、あらためて取り組むべき課題ではないかと思う。

”永遠に完成しない”、”変わり続ける”という言葉を、ビジネスやゲストへの言い訳にして、大切にすべきことを忘れてはならないと思うからだ。

ディズニーランドが、映画『ピノキオ』の遊園地のようにならないために。

ここからは、本編に盛り込めなかった情報をまとめた資料編になります。小ネタ,音楽,シナリオについての3つの記事と番外編を追加して、”ミート・ザ・ワールド”を巡る旅も終わりとしたい。つまり、あともう少し続くってことです。

・・・ 資料編1に続く ・・・

home1


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>