KGAT:クロスバイク Trek FX1に乗りはじめた

karagen1

野外活動なんてまったく興味のないインドア派。フットサルだのマラソンだのと活発に運動する人の気持ちがわからない。運動なんて健康に悪そうなことを誰がやるんだと思ってたわけです。

で、50代半ば。身長171センチなのに体重が88キロになってた。堂々たるデブだよ。

そしてデブと運動不足がたたったのか、2016年頃から歩いたり立ち上がったりするのにも両足が痛みが伴ってた。ひどいときなんか、車の運転席に乗り降りするときも足に手を添えてさ、階段の上り下りも壁や手すりに手をあてたりして。

行きつけの整骨院では姿勢の悪さを指摘されたから姿勢については意識するようになったけどそれだけじゃ治らないこともわかっていた。このままじゃ、いずれ動けなくなっちゃんじゃないかと思ったね。

でね、だったらさっさと運動しろって思うよね。だけど運動なんてできないわけ。だって肥満なんだもん。デブと運動は、水と油だもの。ジョギングは身体が重くてキツイし、腹筋なんてお腹が出てるから起き上がれないし、何をやろうとしても負荷が高すぎ。

そんなときApple Watchのワークアウトをみていたらサイクリングという項目が気になった。自転車だったら負担は軽そうだ。

調べてみたらスポーツ自転車タイプなら足と腕と尻の3ケ所に負担も分散されるらしい。それなら何とかなるんじゃないかと思った。

もっとも、この時点ではロードバイクやクロスバイクといった分類も知らなかったけれど。

でも、ロードバイクみたいな本格的な自転車に乗る気なんて最初からない。選ぶのは最初から街乗りもできるクロスバイクに決まっていた。

自転車の知識も全くないけど、ネットで見ているとアメリカのTrekというメーカーの自転車に惹かれる。初心者用のモデルFX1なら5万円程度だから何とか手がでそうだ。

そんなわけで2017年8月5日、夏休みの一週間前にショップを訪れて明るいブルーのFX1を注文してきた。納車日は2017/8/12だ。

fx1-1

自分の自転車を持つなんて高校生以来だし、スポーツ自転車なんてはじめてだ。サドルが高いから乗り降りの加減もよくわからない。

ペダルを漕ぐたびに足に軽い痛みが走るし、すぐに尻も痛くなる。初日はいくつかの坂を上って自宅まで帰るだけでキツかった。

それでも景色を楽しみながら走れる自転車は楽しい。毎週末の土日は早朝からペダルを漕ぐことにした。

日の出前の5時頃に目が覚めて、雨が降っていなければいそいそと出かける。Apple Watchで、サイクリング用のアプリ”Cyclemeter”を呼び出してスタート。

cyclemeter最初は鎌倉~長谷という約20キロのコースを走っていたけれど、人力で走ることが気持ちよくて、いろんなコースを試しながら距離を伸ばしていく。

1ヶ月も経たないうちに鎌倉~江の島~藤沢~北鎌倉と約30キロを走るようになった。

決めていたのは約75分を乗ることだけだった。スピードなんて関係ない。

名称未設定-2これは何かの記事で、毎日運動ができない人は、週末に有酸素運動を連続で75分続ければ毎日運動するのと同じ効果があると書かれていたのを読んだからだ。ウソかホントはわからないけど、そんなことはどうでもいい。

鎌倉から江の島へと国道134号線を走るのはいつだって気持ちがいい。オートバイともオープンカーとも違う空気感。

気温と風と匂いと音と坂を体感する自転車は、テレビ画面のよう味気ない車のフロントガラスに写る景色を眺めるのとは違って、風景と一体になれる。

何週間かで、自転車を漕ぐときの足の痛みはほぼなくなった。

そうなると自転車に乗るのが楽しくて仕方がない。

88キロあった体重は、約6カ月で10キロ減って、78キロになっていた。

fx1

Shang

home1