鉄道車両の進化を考える

都内でね。駅の階段を降りてホームに着くと、いいタイミングで電車が到着したもんだから、こりゃラッキーだと思って車両に乗り込むてえっと、それが”女性専用車両”ってヤツだったりして慌てて降りるなんてことがあります。

アレ、いやなんだよねぇ。何もやましいことなんてしてないのにさ。なんか犯罪者にされた気分なの。

でもね。考えてみれば、そもそも”女性専用車両”ってモノの存在自体が「男なんて、みんな痴漢だから。犯罪者なのよ!」って主張してるようなもんでしょ。

そんでね、”女性専用車両”の話題になると「それは男女差別だから、だったら”男性専用車両”を作れ」なんて意見も出てくる。でも、それも違うと思うんだよね。だって、”男性専用車両”だって差別じゃん。

オレは”差別”なんてのは世の中にあって当たり前だと思ってるから、差別がどうとかっていうヤツは嫌いなんだけど、筋にはこだわるわけよ。”女性専用車両”がダメなら、”男性専用車両”もダメだよねってこと。

そもそも痴漢対策として”女性専用車両”を作ったわけでしょ? その考えが間違ってるんだよね。

作るべきは”女性専用車両”じゃなくて、”痴漢専用車両”なんだよ。それなら差別がどうとかならないじゃん。

痴漢が電車に乗るときは車両の表示を見て「えぇっと、オレは痴漢だから、こっちの専用車両に乗らなくちゃ」みたいな感じで専用車両に乗るわけ。

もちろん”痴漢専用車両”はグリーン車みたいに特別券を買わなきゃ乗れない。ゴールドの特別定期も発行されてる。

痴漢専用車両に乗りたい女性の料金はタダ。これは客寄せの商売ですから。

そういう趣味の女性がいる日もあれば、いない日もある。なかにはホモの痴漢だっているから、痴漢するつもりがされちゃうときだってあるよ。

で、この特別券や定期は鉄道会社の収入になるから、普通車で痴漢をするヤツは鉄道会社が許さない。

ここが重要なところで、これまでは警察が絡んで冤罪も生まれたけど、こんどは鉄道会社が怖いオニーサンを雇ってパトロールしてるわけ。

で、普通車で痴漢をみつけたら「商売のジャマをされちゃ困りますねぇ」ってとっちめられて、”拷問専用車両”に連れていかれる。警察に引き渡したりしないから、示談金目当ての冤罪も生まれないわけさ。

拷問専用車両”は、恐ろしい拷問が待ち受けている…かと思いきや車両には高級ソファが用意されて、葉巻もアルコールも無料で飲み放題。しかも、お小遣いまでもらえるという至れりつくせり…。

でも、車両は途中で切り離されて燃やされちゃう

この”専用車両”って考えは、もっと広げることができると思うんだよね。

例えば”しょんぼり専用車両”。これはしょんぼり気分の人が乗る車両ね。「会社で、また課長に叱られちゃった」とか「彼女に浮気されちゃったよ」なんて人がしょんぼり気分で乗るの。

車両の灯りも裸電球が薄暗くついててさ。で、天井には小さな風鈴みたいな鐘がぶら下がっててね、車両が揺れるたびにチーンって鳴るわけ。

周囲の人は皆しょんぼりしているから、空気が落ち着くの。泣いたって恥ずかしくないよ。

ウンコ我慢専用車両”なんてのもいいね。電車に乗るとなんかもよおしてきたりするでしょ?

で、ガマンするのって大変だけど、周囲の人もみんな我慢してるから。気持ちは通じ合うから。そういうので乗り越えたりできるかもしれないから。

この車両には、特に強力な換気扇と空気清浄機がついている。で、壁には飛行機の緊急ボタンみたいのがついてて、それを押すと紙オムツと携帯トイレが天井が落ちてくる。

だからウンコを我慢している人は迷わず”ウンコ我慢専用車両”に乗る! まぁ、電車に乗る前にトイレに行けばいいんじゃない?って思うけど。

こんな感じで、まだまだ鉄道には進化する余地があると思うわけ。

リニアモーターカーみたいに速度への挑戦も楽しいけど、サービスへの挑戦ってのも楽しいんじゃないかな。

カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい | 鉄道車両の進化を考える はコメントを受け付けていません。