深夜タクシーと気まずい時間

仕事が終わると終電もなくなっていたので、駅前でタクシーを拾って帰ることにしました。ところが、タクシーが全然見当たらないわけ。

しょうがないから諦めて、会社に戻って寝るかとトボトボと来た道を戻り始めたら、ちょうタクシーが通りがかった。いやもう、嬉しかったね。

慌てて飛び乗って、自宅の場所を告げる。これで家に着くまでの間、眠れるよなと思うとホッとしたもんだから、ついつい運転手さんに話しかけちゃったんだよね。

「いやー、助かりました。全然、タクシーが見つからなかったんですよ」

「ほら、今日は天気予報が雪だったからね。あまり皆、出てないんだよ。私は東北出身だから雪は慣れてるからね。雪の日、運転したことある?」

50代ぐらいの運転手さんは嬉しそうに返してくれてさ。ホントは一言、二言で寝たかったんだけど、なんか運転手さんにスイッチが入っちゃったらしくて、やたらと饒舌なんだよ。

最初は雪の日の運転の話題でさ。寝たいんだけどと思うんだけど、なんか切り出すタイミングが見つからないみたいな。

でも、ときどき話が途切れてね。「今だ! 寝るぞ!」って思うんだけど、すぐに運転手さんが話題をふってくるわけさ。

「いやー、タクシーの運転手をしてますとね。誰でも1冊は本をかけますよ」

「へー、なんか面白い話とかあるんですか?」

相槌を打つ方も悪い?…わかってます。でも、なんか嬉しそうだと思うと無視できないんだよね。そんな風に返すしかないじゃん!

でもね、まぁ面白い話なら聞いてもいいかなとも思うしさ。どんな話をしてくれるんだろって期待するわけ。

オバケを乗せたって話かな? それとも骨壷を車内に置き忘れられちゃって…みたいなことかしらん? そんな風に一瞬にして様々なことを想像したんだけど、そしたらね、はじまりました。

「女性の方でね、お金がないからエッチで払わせてほしいってお客っていらっしゃるんですよ。私は今まで3回ありましてね。そのときは後ろの席でね…」

いきなり、まさかのエロ体験話。なんで運転手さんのエロ体験を聞かせられるとは思わなかった。完全に油断してた。タクシーの車内で、そんな話聞きたくないよ!

んで、ひとしきり、その話が終わってホっとしてさ。ここで話題を変えなきゃって思ったね。

「他になんか面白い話ってないんですか?」

そしたら、今度はちょっと悩んでね。

「うーん、ほかにねぇ。あっ、私は以前に航空会社と契約してましてね。スチュワーデスさんを40人ぐらい送り迎えしてたんですよ。んで、そのうちの一人とエッチしちゃいまして」

またエロトークかよ! どんなに話題を変えようとしても、延々とエロ体験話が続くわけ。もうやめてくれっつーの!!!

まさか面白い話ってのが、すべてエロ話だとは思いませんでした。もうね、何度も何度もムリヤリ聞かされて…。ワタシ、だんだん頭がぼうっとしてきちゃって、なんだかおかしくなっちゃいそうでした…。

ようやく自宅前に到着したときは心からホっとしたもんね。

なにが「タクシー運転手なら、誰でも一冊は本をかけますよ」だよ! おまえが書ける本は、エロ本だけなんだよ!!

静 炉巌

カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい | コメントは受け付けていません。