鈴木嬢の恋占い

23歳のOL鈴木嬢は、同じフロアにある別の課の佐々木君に片思いをしていた。

佐々木君は、『北斗の拳』のケンシロウみたいな顔で、言葉少なく真面目なタイプの男である。

彼を知る同僚からは「彼って結構、気むずかしいのよ」などと言われもしたけれど、恋する鈴木嬢にはそんなことは関係ない。

鈴木嬢は彼と仲良くなりたかったけれど、実際にはこれまでに春の社内親睦会で一言、二言の言葉を交わしたことしかなく、名前まで覚えてもらっている自信はなかった。

なんとか佐々木君と話をしたい鈴木嬢だったが、その機会は意外と早く訪れた。

彼女の周囲では朝、パソコンで「今日の占い」をすることが流行っている。誕生日を入力するとその日の運勢やラッキーアイテムを表示してくれるというかわいい占いだ。

その日の朝も、鈴木嬢の周囲では女性達がパソコンの前に集まってワイワイと占いをやっていた。

「私のラッキーアイテムはルビーだぁ」、「私は白いハンカチ!」 などと騒いでいると、出勤してきた佐々木君が脇を通りかかったのである。チャンス!!

鈴木嬢は思い切って、それでいて自然に見えるように佐々木君に声をかけた。

「今、占いをやってるんですけど、佐々木さんのお誕生日はいつですかぁ?」

鈴木嬢の嬉しそうな問いかけに、佐々木君は自分の誕生日を告げた。

ここで自分を可愛くアピールだ! 鈴木嬢は素早くパソコンに誕生日を入力すると、フロアに響く声で元気いっぱいに答えを告げた。

「でました! 佐々木さんの本日のラッキーアイテムは、雑巾(ゾウキン)…で…す…」

ラッキーアイテムが”雑巾”という思わぬ結果にフロアは爆笑だ。一瞬にして晒し者となる佐々木君。鈴木嬢は戸惑いながらフォローの言葉を探す。

「あれぇ? 私の時はダイヤモンドだったのにな…」

…それは少しもフォローになっていなかった。

黙って歩き去っていく佐々木君の表情はいつもより険しかったという。

鈴木嬢の耳には、「おまえの恋は既に死んでいる」という空耳が響いていた。

静 炉巌

カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい | コメントは受け付けていません。