セミが逝くとき

最寄り駅に向かって歩く通勤途中のこと。前の方から何かが飛んできたと思ったらお腹のあたりにぶつかった。

視線を下に落とすと、セミがワイシャツのお腹にしがみついている! えっ? なになに? なんで!?

短い命を終えようとしているセミが飛んでいるうちに力尽きてぶつかってきたのか?

セミはツメをシャツの生地に引っかけてこっちを見ている。よく見るとセミの顔って結構怖い。その目はこう語っていた。

「お先に逝かせていただきます」

ひぃーー! ちょ…ちょっと待ってよ! なんでオレのお腹で死ぬんだよ。朝から止めてくれよー!!

オレは普段からセミには同情的な立場だ。だって何年も土の中にいて、やっと成虫になったら1週間で死んじゃうんだからさ。

セミのうるさい鳴き声は、まるで「オレはまだ死にたくなーい!」と叫んでいるように聞こえて切ないし、歩道でセミが死んでたら草陰にそっとどかしてあげるくらいのことはしている。

なのにこんなのってないよ! だいたい、ここで死なれたら腹上死になっちゃうじゃん!

とりあえずセミを振り払おうとは思うものの、間近でみるとセミって不気味だ。死んでるセミなら怖々と羽をもつことぐらいはできるけど、生きてるセミを触るのには覚悟がいる。だってオレは基本的に虫が苦手なのだ。

でも、このままで会社に行くわけにはいかない。セミをシャツにつけたまま電車に乗るのは変だし、万が一転んでしまったら、セミがシャツに張り付いてド根性ガエルの”ぴょん吉”状態になってしまう。

そうなったところでセミの寿命は短いから、遅かれ早かれ、死骸をシャツに貼りつけて歩くことになるわけで、そんなのイヤだ。

オレはおっかなびっくりでセミを振り払った。セミは一度は力んだけれど、二度目の攻撃で飛び去っていった。よかった…。

その日、会社から帰って家に着くと、玄関前の床にセミがいた。マ…マジ…?

じっとしてるけど死んでるのかな? 朝ぶつかってきたセミじゃないよね?

怖々と羽の辺りを触ってみると、勢いよく飛び去っていた。なんなんだよ、もう!! ビックリしただろ!

オレは家に入って、空気を入れ換えるためにベランダの扉を開けた。

すると今度はベランダの床にセミが…。もうやめて~!!!

カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい | コメントは受け付けていません。