[更新情報] クレイジーキャッツ『実年行進曲』は奇跡の一枚

このところクレイジーキャッツを聴きながら通勤していたので、彼らの最後スタジオ録音となった『実年行進曲』について書いてみたくなった。

クレイジー5

クレイジーキャッツ、植木等といったところで、今となってはどの位の人たちが知っているんだろうとも思うのだけど、好きなんだから仕方ががない。

自分は大学4年の頃に復刻されたクレイジーキャッツのレコードで彼らのことを知った。

無責任一代男』は座右の銘…とまではいかないけれど考え方には影響を受けたと思う。

そのうちクレイジー映画が面白いということが耳に入ってきたけれど、当時はビデオなんて出てなかったからおいそれと観ることはできなかった。

やがて浅草東宝のオールナイトでクレイジー映画が定期的に上映されていることを知った。

その頃は茗荷谷に住んでいたから、週末になると浅草まで車を走らせて、路上に車を停めて、クレージー映画を観たものだった。まだ路上駐車が当たり前だった時代である。

満員には程遠く、宿代わりに眠る人もいる独特のくたびれた空気が漂う映画館で観るクレージー映画は、まるでその時代にタイムスリップして観ているような気になったものだ。『ニッポン無責任野郎』『日本一のゴマすり男』は衝撃的だったな。

実年行進曲』は、リアルタイムで購入することができたクレイジーキャッツの唯一のシングルだ。この曲が発売された1986年はまだ20代だったけど、友人と車で大音量でかけて走ったことを思い出す。

いつの間にか、この歌の年代になってしまったけれど、それはそれでテーマソングのように思えたりして愉しい。

そんなわけで…

日曜日の探偵 に ”クレイジーキャッツ『実年行進曲』は奇跡の一枚なのだ” を追加しました。

ちなみにこのコーナーは、”針野蒸郎(はりのむしろう)”名義で書いてます。だって、その方が探偵っぽいから。

カテゴリー: 20.更新情報 | コメントは受け付けていません。