『傷だらけの天使』のエンジェルビルを訪ねてみた

2002年12月に書いた記事である。当時の職場は都庁の近くにあり、ときどき代々木駅まで歩いていた。駅前なのにボロいビルが残ってるなぁと思いながらいつも通り過ぎていたのだけれど、ある時、そのビルが『傷だらけの天使』のロケ地だと知った。怖ろしいことに、このビルは2017年3月現在もまだ残っている。

あえて死語からはじめさせていただこう…オレはブったまげたぜ!! まさか会社帰りによく歩いている通りに、あの『傷だらけの天使』で修が住んでたペントハウスのビルがあったとは!!

『傷だらけの天使』…知らないとは言わせないぜ!! おいっ! トヨエツの映画版を思い浮かべたヤツ!! 一歩前へ!! ビシビシビシビシ!! 『傷だらけの天使』っつったら、ショーケンと水谷豊のドラマ版に決まってんだろ!

そんなのはな、ケロッグといえばハニー・ポンって決まってんのと同じことなんだよ!! …えっ? ハニー・ポンってもう売ってないの? あの…ハチの絵のやつなんだけど…麦チョコの中身みたいな…。

kizu1まぁ、いいや。今や、ショーケンといえば偏屈ジジイ、水谷豊は能面野郎(by 『相棒』)になっちゃったけど、『傷だらけの天使』での彼らはめちゃくちゃにカッコ悪くて、それが最高にカッコよくてシビれたわけよ。

オレの中では、このドラマでの彼らの印象があまりにも強烈だったから、これ以降はショーケンも水谷豊も、もう別の役者だもんね、知らない人だもんね。

えっ? そんなドラマ知らない? おいおい、ブルレイとかDVDが出てるから、男だったら今すぐ財形貯蓄を解約して2箱ずつ買ってこいよ! バイブルを手元に置いておくのは常識だろ? で、買って来たら1箱はオレにちょうだいよ、オレも持ってないからほしいんだよね。

とにかく1974年10月から75年3月までの半年間に放映された『傷だらけの天使』は、探偵事務所の下請けでヤバイ仕事を押し付けられるチンピラの修(萩原健一)と子分の亮(水谷豊)を主人公に、岸田今日子、岸田森といった強烈な役者を脇に展開された素晴らしく強烈なドラマだった。

でも放映当時は、視聴者から「下品だ」、「エロだ」、「暗すぎる」と散々クレームをつけられて、視聴率も平均で15%前後、最終回でも20%に届かなかったんだよ。なっ? なんとなく思い出してきただろ?

なにぃー!! 本放送を見てなかった!? おいおい若いの! 勘弁してくれよー。「まだ生まれてませんでした」じゃないだろ、そんなのは只の言い訳なんだよ!

全話、丸暗記しとけ!! まったくもう…えっ、オレ? いやー、オレはまだ子供だったからさ。実際に観たのは再放送…いや、再々放送のときだったかな…まぁ、そんなことはいいじゃん。

んで、そのドラマで”修”が住んでたのが、どっかのボロビルの屋上にあるペントハウスなわけよ。そんで、この屋上に上がるのがもう大変なの!

まず1階から階段を上がると2階では赤いハチマキのヌンチャク使いが待ち構えているわけ。修も対抗してヌンチャクを振り回してさ。なんとかこいつを倒して階段を上ると空手の達人が立っている! あっという間に亮はボコボコに…。

怒った修は、空手野郎を倒して階段をかけあがる。だが、最上階にはサングラスをかけた謎の黒人大男が待っていた! こいつの弱点は太陽の光だー!!  なっ? 聞いてるだけで燃えてくるだろ!

えっ? …修はヌンチャクとか使わない? そんなことないよ、ほらっ、修が黒のストライプが入った黄色いトラックスーツを着ててさ、あれ、憧れたんだよな、通信販売のカタログを眺めたりしたもんよ…。えっ、違う…そうだっけ? まぁ、でもビルが出てくるってとこはあってるだろ?

とにかく! ペントハウスのボロビルは、『傷だらけの天使』に魂を熱く焦がした野郎どもにとってはエルサレムも同然!

そのボロビルが、現在(02/12/17)でもボロいままで…いや、さらにとんでもなくボロさをパワーアップして代々木にあり続けてるってことなの! これは奇跡だぜ!

オレはさっそく、その奇跡をこの目で確かめるべくビル探検を開始した。

男のエルサレム探検記

kizu1

しかし、あらためてビルの外見を観察すると本当にボロい!! だいたいドラマが撮影された1970年代でさえ既にボロかったもんなぁ。近くでみると今にも崩れ落ちてきそうだ。

1階は飲食店街だけど、ビルの取り壊しが決まっているために半分ぐらいの店は退去していて、あちこちにシャッターが下りている。2階への階段を上ると、亮(水谷豊)が、よく新聞を盗んでいた郵便ポストが並んでいた。

kizu2

そんで2階は…げっ? まるで昭和のテーマパークのように昭和30年代の面影を引きずった店が並んでいる。エレベータは撮影当時からずっと故障してんじゃないか? ”開かずのエレベータ”かぁ…。きっと、お約束で死体とかが入ってるんだろうなぁ。

kizu3

狭い階段をさらに3階へと上っていく。正面にはビリヤード場があるけれど、どうやら潰れた様子だ。ドラマの放映当時はゲームセンターだったんだよな。左手には当時のままの中国書店がある。本は天井まで横積みにされているけど、下の方の本はどうやってとるんだろう?

kizu4

さらに4階に突入する。左には弁護士事務所の残骸、廊下をのぞくと誰もいないアパートのドアが並んでいる。ビル内の廊下は薄暗い。これね、はっきし言って廃墟だから。こんな都会の一等地だっつーのにねぇ。それにしても、よく残ってたよなぁ。

kizu5

さらに狭い階段の上にはペントハウスがある屋上に通じるドアが見える。この階段を修も亮も上ってたのかー! 階段を上ってドアのノブに手をかける…。

うーーん、開かない!!! そりゃ鍵がかかってて当たり前だよなぁ…ええぇい…蹴飛ばしてもだめだ。あぁ、でも屋上を見たい!!!

kizu6

とりあえず階段を下りて廊下を進み、ビルの反対側にある階段に向かってみる。突き当たりのトイレには「大便禁止!」とデカデカと貼り紙があった…水道が止まってるんだな、こりゃ。

廊下の突き当たりを曲がると、屋上に上がるためのもうひとつの更に狭い階段があった。のぼってみると、やっぱり扉には鍵がかかっているものの、少しだけ屋上の風景が見えた。

このすぐ先で修や亮や辰己が暴れてたのかぁ。なぜか屋上に風呂桶があって、よく女優と風呂に入ってたのが羨ましかったんだよなぁ。

kizu7つーわけで、屋上には出れなかったものの、未だに当時の面影を色濃く残したビルの探検は楽しかった。このビルは取り壊しの話が何年も前から出てるのに、なぜかいつまでも残っているらしい。

あぁ、それにしても取り壊し前にペントハウスの中をのぞいてみたいなぁ。たまらんぜ!!

静 炉厳[2002/12/18]

home1