ヒーローになったとき、それは今

まるで映画のヒーローのようにスポットライトを浴びる瞬間が、誰にだって人生の中で一度くらいは訪れることがあると言います。平凡な人生を歩んでいる私に、”その時”が訪れたのは予想もしていなかった突然のことでした。

その日、私はちょっとした買い物のためにショッピングモールを訪れていました。

ランチ時だったので目に付いたインドカレー店に入り、本場のカレーを食ベて、チャイ(インド式ミルクティ)を飲みました。その後は、モール内の店をブラブラとのぞいて、休日らしくゆったりとした時間を過ごしていたのです。

店を出てから30分ぐらいが過ぎた頃でしょうか、私はお腹に微かな痛みを感じました。

さっきのカレーの香辛料とチャイが、腸の中で手をとって激しく踊っているような感じとでも言いましょうか…。いや、まわりくどい言い方はやめましょう。ウンコがしたくなったのです。

少しでも前兆を感じたなら、我慢したりせずに近くのトイレに駆け込むことが本当の勇気だと思います。山登りと同じなのです。危険を察知したらムリをしてはいけません。

私は冷静に判断を下すと、近くのトイレへと向かいました。ここでグズグズしているようではダメなのです。それに次の角を曲がれば、そこはもう目的地なのですから。

男子トイレに入ると…ひっ! トイレの個室には行列ができていました。

選択肢は2つです。「大人しく列の最後尾に並ぶ」のか、それとも「別のトイレを探して旅に出るか」です。私は別階のトイレを探すことにしました。

かつて坂本竜馬は、「たとえドブの中でも、倒れるときは前のめりに倒れたい」と言ったそうです。もし、坂本竜馬がこの行列の最後尾に並んでいたなら、やはり別階のトイレを探しに旅立ったことでしょう。咸臨丸でアメリカを目指したように。

私は、うっすらと額に浮かんだ汗を拭うと、速やかに上階への移動を開始しました。こんなときはエレベーターより階段です。

タイムリミットに向かって無常なカウントダウンを続ける爆弾をお腹に抱えて、私はヨロヨロと階段を上がっていきました。次のトイレの個室が空いているといいのですが…。

しかし、ようやくトイレに辿り着いて中をのぞくと、そこにはまた行列が!…っていうかさ、お前ら、いい加減にしろよ! なんだよ、その死んだような表情は!

やる気がないなら今すぐ家に帰れよ! こっちは遊びでウンコしたいわけじゃないんだよ! 真剣なんだよ! やる気まんまんでハミ出そうなんだよ! 中途半端な気持ちのヤツはとっとと帰ってくれ!

私は青ざめた顔のまま心の中で毒づくと、再び上階へと足を進めました。限界の時が近づいています。本当にかなりヤバイのです。もし、次のトイレの個室に空きがなければ、もうダメです。

こんなことなら家にいればよかった。

上階に上がると、早足でトイレに向います。次の角を曲がればトイレです。果たして個室は…、個室は空いているんでしょうか!?

どうか空いていますように! トイレに飛び込むと個室は…

空いてた!! 助かった!

私は最後の力で個室の扉を押しました。和式トイレがやさしげに誘っています。私は扉を背にしてすばやく便器にしゃがみました。よかった…。

しかし、まさに爆弾処理にとりかかろうとしたその瞬間、何者かが私のお尻を触ったのです!

えっ? もしかして痴漢…?  こんなタイミングで?

いったい誰が…。私は驚いて背中を振り返りました。

ドアが開いてる!! 慌てていたので、鍵をしっかりとかけていなかったのです。

痴漢の正体は、自然と内側に開いてきたトイレのドアでした。

開いたドアの向こうには、小学生ぐらいの少年が目を見開いて立っていました。

涼しげな外の風が、からかうように私のお尻をそっと撫でていきます。

少年は硬直したまま視線をそらそうともしません。

「…また、あとでね」

私は尻を向けたまま、そう声をかけてドアを閉めました。

でも、座ったまま身体をねじった体勢では、ドアを閉めることはできても、ギリギリのところで鍵に手が届かないのです。いや、かろうじて指先で触れることはできるけれど、その鍵を閉める力が入りません。

このトイレは、鍵を閉め忘れてしゃがんでしまった人のことを考慮していないのです!

私は上半身をさらに捻って、右手を伸ばせるだけ伸ばして鍵をかけようとしました。もう少しで指先が鍵爪の部分にかかりそうです…あと、もう少しです。

さらに背骨を反らして、プルプルと震える指先を更に伸ばしました。もう少し…もう少し…

あっ!! あまりに上半身を反らしすぎたせいでバランスを崩し、私は後ろに倒れてしまいました。

倒れる瞬間、とっさに身体をささえるために、左手がトイレの床につきました。

しかし、本能的に「バッチィ!!」という意識が働いたのでしょう。その手はベッタリと床にはつかずに、5本の指先だけで身体を支える形になっていたのです。右手はドアを押さえ、左手は身体を支えています。

matrix1

このポーズは…。どこかでこんなポーズを観たことがあります。

そうです。映画『マトリックス』のクライマックスで、主人公のキアヌ・リーブスが弾丸を避ける時の有名なポーズがこれでした。私はトイレの個室で、キアヌ・リーブスになっていたのです。

matrix2

…ということは、もしかして今なの? オレの人生で一度はヒーローっぽくなるやつ。よりによって今きちゃってるわけ?

まさか、こんな形で映画の主人公みたいに輝く瞬間がくるなんて。それを誰もみていない個室で迎えてしまうなんて。オレの分の人生の輝きって、これでもう終わり? 今、すごく損した感じで使っちゃってるんだけど。

体重がかかった左手の指が痺れてきます。しかも、まだウンコだってしていないのです。

右手を離すとドアが開いてしまうので離すことはできません。それに、外で待っている少年がこの体勢を目にしたらどう思うことでしょう?

こうなったら床にたてている左手の指に力を入れて、勢いと反動で身体を元の位置に戻すしかありません。

しかし、それは危険な賭けです。もし失敗したら、さらに体勢を崩して”便器に尻ペッタン”状態となり、泣くに泣けない悲惨な事態へと突き進むことでしょう。

でも、私はキアヌ・リーブス。扉の向こうで待つ少年のためにも無事に生還せねばなりません。もし、キアヌが便器にはまってビショビショの状態でトイレから出てきたら、少年の夢を壊してしまいます。

ヒーローになってしまったからには少年の夢を守らねばならないのです。今、誰も観たことのない『マトリックス』番外編の上映がはじまりました。

体勢を立て直すチャンスは一度! 私は深呼吸をすると、全身の力を右手の指先に込めて反動をつける準備をしました。いくぞ、イチ、ニのサン!

ふぎっ! 指がズキっときて、思わず声が出てしまいました。

でも、なんとか体勢が整いました。私はすぐさま鍵をかけると、暴発直前となっていた爆弾の処理にとりかかったのです。

コトを終えてトイレの扉を開けると、さっきの少年が立っていました。私は、一瞬ほころびかけた表情を引き締めると、眉間にシワを寄せて少年に声をかけました。

水の勢いがスゴイ。流されないように気をつけるんだよ!

そして親指を立ててニコリと笑うと、自分の背中がヒーローに見えることを願いながらトイレを後にしたのです。

home1