ディズニーランド「ミート・ザ・ワールド」考察編1

meet02資料編に続いての記事は、考察編です。

今回は、”ミート・ザ・ワールド”というアトラクションについて、劇場とステージの構造を考えてみます。

劇場の構造

”ミート・ザ・ワールド”は、オーディオ・アニマトロニクスによる回転式劇場で、内部は下図のような構造になっている。

meet24

図の右下、扇のように広がっている部分がエントランス(入口)だ。ビデオギャラリーを抜けると劇場への入り口がある。

劇場はステージごとに4つに別れており、下図の①から④のように、ひとつのステージが終わるごとに、左回りに90度ずつ座席が回転する。

meet22

劇場の入り口から座席に着くまでの間に足元を見れば、金属のレールのようなものが見えるはずだが、これが円形劇場のターンテーブルの境界線になる。

ment17

ステージの構造

”ミート・ザ・ワールド”が紹介される際には、回転式劇場であることに加えて、”70mm、35mmのマルチプロジェクターを駆使した映像システムを備え、実写とアニメに完全同期したオーディオアニマトロニクスによる日本の歴史絵巻”であると説明される。

この舞台の構造について考えてみる。下の写真は、ステージ2の冒頭、”唐の宮殿”の場面である。左手に皇帝と使者、右手に鶴と兄妹が並んでいる。

meet20

この場面を側面からみると、客席側から、「兄妹(オーディオ・アニマトロニクス)」、「鶴(70mm用スクリーンにアニメ投影)」、「皇帝と使者(オーディオ・アニマトロニクス)」、「家来たち(35mm用スクリーンに投影)」と配置されている。

meet19

70mm用スクリーンは、70mmフィルムを投影するスクリーンの意味で、スポットで”鶴”を投影したり、スクリーン全体に映像を映すときに使用される。

ちなみに70mmフィルムとは、航空写真に使われていた65mmフィルムに5mmの音声トラックを付けたものだ。通常の35mmフィルムと比べるとより鮮明で、画面サイズはシネスコより若干横幅が短い。

このスクリーンは、常にステージにセットされた状態にあって、ゲストは70mm用スクリーンを通して舞台を見る

meet21そのため、スクリーン全体に映像が投影されているときは、その奥にある舞台は客席からは見えてはならず、オーディオ・アニマトロニクスの舞台がメインとなるときは、スクリーンは透明になる仕組みが必要になる。

これを実現するために、スクリーンには紗幕(しゃまく)が使われていると思う。

紗幕というのは、目が粗く織られた薄い布で、演劇に使われることもある。

この布は幕を下ろしていても、背後から光を当てると幕は透けて、その場に存在しないように見え、暗くすると、幕はそのまま見える性質を持っている。

また、この紗幕に”鶴”のアニメを投影すれば、舞台の前を自在に”鶴”を飛び回らせることもできる。

ホーンテッドマンションのプレショーにある”伸びる部屋”の場面を思い浮かべていただきたい。突如として、天井に首吊り死体が浮かび上がる場面だ。

あの場面にも紗幕が使われている。紗幕に天井の絵が描かれており、最初は首吊り側は暗くなっているのでゲストからは奥が見えない。

しかし、雷鳴と共に首吊り側が明るくなると紗幕が透けて、ゲストから首吊り死体が見えるようになる。

meet23ミート・ザ・ワールドの舞台も、場面ごとに当てる照明を変えて、ゲストから見える舞台の範囲を上手,中央,下手などと変えている。

さらに舞台の”せり上がり”と”せり下がり”を組み合わせて、同じステージでも、オーディオ・アニマトロニクスやセットを変更しているように思う。

さて、”唐の宮殿”の場面では、オーディオ・アニマトロニクスの皇帝や使者の後ろに、35mm用スクリーンがあり、家来たちが映像の中で動いている。

この映像は70mm用スクリーンを通して、さらに35mm用スクリーンに映しているのだろうか? スクリーンを経由して、別のスクリーンに映像を投影することなんてできるのだろうか?

しかし、35mm用スクリーンの映像をよくみると、手前にあるオーディオ・アニマトロニクスや舞台装置の影が映し込まれていない。

これはおそらく、背面投影をしているのではないかと思う。スクリーンの正面から映像を映しているのではなく、裏側から映すのだ。この方法なら、疑問は解決する。

meet18

今となっては、ネット上の映像から推測するしかないのだけれど、”ミート・ザ・ワールド”の基本的なステージの構造は、このようになっているのではないかと考える。

それにしても、映像ひとつとっても実に凝っている。加えてオーディオ・アニマトロニクスとマルチスクリーンが完璧にシンクロした上に、回転式劇場となっているのだから、”ミート・ザ・ワールド”は、実に高度で贅沢なアトラクションだった。

1983年当時はもちろんのこと、現在でも、これほどの規模のアトラクションはなかなかないのではないだろうか。

by 静 炉厳

・・・ 考察編2に続 ・・・

home1