ディズニーランド「ミート・ザ・ワールド」資料編4

meet70本編に収録できなかった情報をまとめた資料編。

今回は、”ミート・ザ・ワールド”のショーの内容を、ネット上の映像からシナリオ風に書きおこしました。

■ステージ1

某海岸
横浜から来た兄妹、”とみお”と”みどり”(実写)が日本の成り立ちについて話していると、そこに不思議な”鶴”(アニメーション)が現われる。

兄「だからね、日本が今の形になるまで何千万年もかかっているんだよ」
妹「へぇ~、お兄ちゃんは何でも知っているのね」

兄「習ったんだよ、学校で」
妹「じゃあさ、そんな大昔、人間はどうしていたの?」

兄「えっ、あのね…えっと」
妹「あっ! 鶴だ!」

兄「本当だ!」
妹「うわぁ~、魔法みたい。どこから来たのかしら?」

鶴「あなた達の想像の世界からよ。それより、あなた達はどこから来たのか知ってる?」
妹「もちろん、私たちのお家からよ」

鶴「うふふ、あなた達は自分の国の始まりについて考えたことはある?」
妹「お兄ちゃんがいろいろ話してくれたわ」
兄「いや、僕は…」

妹「でも、まだ分かんないことがあるの。そんな大昔、人はどうしていたの?」
鶴「そうね、いらっしゃい!見せてあげましょう!」

meet40
縄文時代
舞台下手で、縄文時代の人々(オーディオアニマトロニクス)が狩りをしている。舞台中央には生活の様子が映像で流れている。

妹「あー!原始人」
鶴「縄文時代の人たちよ。あなた達の祖先なの」

兄「日本が大陸から離れた頃の?」
鶴「いいえ、それからず~っと後のことよ」

兄「それでも、今から何千年も昔でしょ?」
鶴「シーッ」

meet39
弥生時代
弥生時代の人々が、稲作をしている映像が流れている。

鶴「この頃の人たちはもう共同生活をしていたのよ。そして、もっと後の弥生時代になると、お米を作るようになっていたのよ」
妹「この鶴、どうしてこんなことができるの?」

鶴「驚かないで、今からもっと面白いものを見せてあげるわ」
妹「魔法?」
鶴「いいえ、日本がどんな風に外国と出会ってきたかってことを」

meet38
聖徳太子と唐への使者
聖徳太子の映像。そして、唐へ向かう船を目にする兄妹(オーディアニマトロニクス)。

兄「聖徳太子だ!」
妹「聖徳太子だ!…でも、誰?」
鶴「日本の国として、正式に外交使節を中国に送った人よ」

妹「ほら、船よ」
鶴「こんな風にして海を越えて中国に渡ったのよ」

妹「あんなお船で?」
鶴「そうよ、いらっしゃい!」

meet37

暗転(歌)

青い海原 遥か船は旅立つ
見知らぬ世界へ 吹き上げる波も恐れずに
手と手かさね出会うのさ世界の人々と 愛を胸に
We meet the world with Love
We meet the world with Love 愛を胸に
We meet the world with Love

ステージ2

唐の宮殿
舞台下手に唐の皇帝、舞台上手には日本からの使者。舞台中央の奥には、家来たちがいる(映像)。

兄「うわ~、ここはどこ?」
鶴「日本が使節を送った頃の中国」

妹「へぇ~、お父さんやお母さんが聞いたらなんて言うかしら?」
鶴「うふふ、驚いて口も聞けないでしょうね。だってここは今から1200年も前の唐の宮殿なんですもの」

妹「あれ、何?」
鶴「見てて御覧なさい。あの人、日本からの大使よ」

大使「私どもは、これより大海を渡り、帰国の途につきます」
皇帝「<<中国語>>」
通訳「いかに海が荒れようとも、無事日本に戻られんことを祈ります」

大使「困難な航海ではありますが、その危険を冒しても尚、貴国で学んだことは持ち帰るに十分値します。これは私どものお別れのしるしです」
皇帝「<<中国語>>」
通訳「あなた方にも、贈り物があります」

兄「どんな贈り物?」
鶴「ほら、みて御覧なさい。贈り物だけではなく、遣唐使達は色々なものを持ち帰ったのよ。その中にはインドやペルシャのものもあったの」

meet36
奈良の大仏
舞台上手に大仏が浮かび上がる。

妹「わぁ、大仏様」
兄「奈良の大仏様だ」

妹「ねぇ、この大仏様も中国から来たの?」
鶴「いいえ、日本人がつくったものよ。日本人は決して外国の文化をそのまま受け入れたわけではなかったの。いいこと? 日本人はただ影響を受けただけではないの」

兄「でも僕は」
鶴「つまりね、日本人は外国から持ち帰った種を自分達の土地に蒔いたのよ」

妹「あっ、ひらがな」
兄「これは日本のものでしょ?」
鶴「そうよ、こんな風に日本人は、その後も外国と交流を続けながら長~い時間をかけて、日本独特の文化を育てていったのよ」

meet35

戦国時代の種子島
嵐の海を、外国船が進んでいる。雷の音が大きく響く。

妹「こわぁ~い」
鶴「大丈夫。怖くないのよ。ここは1543年、戦国時代の種子島」

通訳「コノヒト、ポルトガルノショウニン。トテモトテモ、トオクカラキマシタ」
武士「ポルト・・・ガル? んぅ、見慣れぬ者どもじゃな」

通訳「ソウユウクニ、アルノデス」
商人「<ポルトガル語>」

通訳「コノヒトタチ、フネノシュウリヲシタイ、イッテマス」
商人「<ポルトガル語>」

通訳「コノヒト、アナタガタトシタシクナリタイ、イッテマス」

meet34

世界地図と外国交流の映像
世界地図と各国の船がアニメーションで表示される。

鶴「ポルトガル人の渡来は日本に、とっても大きな影響を与えたのよ」
妹「鉄砲が入ってきたから?」

鶴「そう、鉄砲の伝来が戦国時代を終わらせ、日本統一を助けたっていえるかもしれないわね。でも同時に、この時初めて日本は西洋に出会ったの。だから国内が落ち着くと人々は海外へ目を向け始めたわ。」
兄「日本も遠い外国へ出かけて行ったって言うこと?ヨーロッパへ行ったり?」

鶴「そうよ、アジアはもちろんのこと、遠くはメキシコやローマまでもね。大きな変化は国内でも起こっていたの。新しい科学知識やキリスト教などが、外国人の手によって入ってきたのよ。 ところが江戸幕府はね、こういった新しいものが与える影響を恐れたのよ」
兄「キリスト教のこと?」

鶴「そう、でも他にもあるのよ。たとえば貿易上の理由とかね」
兄「それで鎖国をしたんだね」

妹「外国人は入っちゃ駄目っていうことなの?」
鶴「日本人も出られなくなったの。だけどホントはね、中国人とオランダ人との貿易は、長崎で細々と続けられていたのよ。この2つの国を通して、日本は西洋の科学を少しづつだけど学びつづけていったのよ」

妹「良かったわね!」
兄「扉は本当はちょっぴり開いていたんだね」

meet33

暗転(歌)

ある日突然 国の扉が閉まる
長い年月を訪れる国に背を向けて
そして開く鮮やかな花びら一つづつ 文化の華
私達が私達が育て上げた文化の華

ステージ3

江戸時代
日本橋を渡ってきた江戸町人の二人組が、お屋敷の襖に描かれた日本画を見せる(アニメーション)。

鶴「この江戸時代、200年間の鎖国の中で人々はこれまで築き上げてきた文化に、さらに磨きをかけて、あらぁ~?」

妹「あの人たち、だぁれ?」
兄「知らないよ」
鶴「困ったわねぇ」

妹「一体、何してるのかしら?」
鶴「気にしなくていいわ、すぐ行っちゃうからね。気にしない気にしない。それより、あの襖をよ~く見てて、江戸時代に花開いた日本の独創的な文化よ」

兄「黒船だ!」
鶴「そう、1853年、アメリカ合衆国の軍艦が浦賀にやってきたの。日本と世界とが再び出会うときがきたのよ」

meet32

浦賀へのペリー来航
舞台上手に黒船で現れたペリーと仕官、舞台下手にはそれを見ている奉行と武士(オーディオ・アニマトロニクス)。

仕官「<英語>」
ペリー「<英語>」

妹「なんていってるの?」
鶴「ペリー長官はね、戦うために来たのではないから、大砲なんて撃ってはいけないって言ってるわ。 それに友好を結び貿易することは、お互いにとって素晴らしいことだって」

武士「江戸には早馬を走らせましたが、さていかがいたしましょう?お奉行」
奉行「その方、これよりあの船まで参り、慣例どうり長崎に回航するように申し伝えよ」

武士「あの・・・」
奉行「なんじゃ?」

武士「もし追い返されたら、いかがいたしましょう?」
奉行「その時はその時だ、拙者が相手になろう」

武士「あっ、あの・・・」
奉行「早く行け!」

meet31
明治維新
明治維新における侍同士の斬り合い(シルエットによる実写映像)と偉人たちの紹介。

兄「それでどうなったの?」
鶴「時代の波には逆らえなかったのね。日本は世界に向けて再び大きく扉を開いたの。日本が現代に向けて大きな変化を経験しようと言う時よ」

兄「何の戦い?」
鶴「明治維新よ」

妹「明治維新って恐ろしいこと?」
鶴「価値のあることにはそれなりの危険もあるものなの。でも幸いなことに、この時代の日本には立派な指導者達がたくさんいたのよ」

meet30

偉人達の会談
オーディオ・アニマトロニクスの坂本龍馬,福澤諭吉,伊藤博文が、舞台中央で会談を行っている。

妹「ほらっ、刀持ってるわ」
兄「当たり前だよ。侍だもん」
鶴「ふふ、さっ、ちょっと聞いてみましょうね」

坂本「ともあれ、欧米諸国の植民地となることも無く、日本は独立を守った。だが、わしにとって唯一残念なことは、生まれ変わった日本の姿を、この目で確かめることができなかったことだ」

伊藤「坂本さん、貴方の無念さは、察するに余りあります。しかし、貴方が青春をかけて成し遂げた仕事は、今日の日本の礎となっております」

坂本「伊藤さん、わしは独立国家として万国に恥じない日本にしたかった」

福沢「同感です。そのためには日本はまず、文明国とならねばなりませんでした」

伊藤「ですから福沢さん、そのために私は広く西洋を見聞し、近代文明の摂取に力を尽くしたのです」

福沢「しかし、その結果が中央集権体制であり、富国強兵政策でした。文明とは何か? それは、人々の衣食住を豊かにし、人間としての品位を高めることでありましょう。 つまり、人間の知徳の進歩が文明と私は考えます」

兄「偉い人たちなんだね」
鶴「そうよ、今の日本はこうした人たちの影響をたくさん受けているの。 この人たちはね、海は世界と日本をつなぐ窓であり、通路で無ければならならないと願ったのよ」

meet29

暗転(歌)

時の流れがきしむ扉を開けた
再び岸辺に人々が船を繋ぐのさ

meet28

ステージ4

某海岸
ステージ1と同じ某海岸にいる兄妹(実写映像)と鶴(アニメ)

妹「暗~い」
鶴「えぇ、そうね・・・でも、もう終わったのよ」

兄「あっ、そこにいたの? ねえ、質問していい?」
鶴「なぁに?」

兄「僕達、今まで日本の過去を見てきたんだけど・・・」
鶴「それで?」

兄「これからはどうなるの?」
鶴「これから・・・。これからはあなた達の時代よ! あなた達、あなた達の家族、そして友達、みんながいっしょになって未来を創っていくのよ!」
妹「どんな風に?」

meet27

鶴「ほら、見て御覧なさい。勉強している人たち。働いている人たち。人々の英知と努力、そして外国との数々の出会いを通して日本は大きく育ってきたわ。そして未来は…。そう、これからは世界中の人々とお互いの文化を理解し、分かち合い、平和で心豊かな世界を築きあげる時よ!」

meet26

朝焼けの空
朝焼け空を太陽が昇っていく。鶴が魔法をかけると太陽が気球になり、兄妹が乗っている。

スクリーンから気球が見えなくなると、観客席の頭上に、兄妹と鶴(オーディオアニマトロニクス)を乗せた気球が現れる。兄妹は気球からゲストに手を振りながら、下手へと移動していく。

meet25

すべての人が笑顔たやすことない平和な未来を
築くのさ 世界の友だちと~~
手と手かさね出会うのさ世界の人々と 愛を胸に
We meet the world with Love
We meet the world with Love 愛を胸に
We meet the world with Love

手と手かさね出会うのさ世界の人々と 愛を胸に
We meet the world with Love
We meet the world with Love 愛を胸に
We meet the world with Love
We meet the world with Love♪

ディズニーランド「ミート・ザ・ワールド」資料編

本編,資料編と長々と続いてきた”ミート・ザ・ワールド”の記事も、あとはステージ構造と構成を推理する考察編の3篇で終了です。

・・・ 考察編1に続く ・・・

home1