ディズニーランド「ミート・ザ・ワールド」資料編3

meet70本編に収録できなかった情報をまとめた資料編。

今回は、”ミート・ザ・ワールド”のエントランスから、劇場内までの案内についてまとめます。

■エントランスまで

東京ディズニーランドに入園してからワールドバザールを抜けて、右に曲がると紫と白色に彩られた建物が目に入る。これが”ミート・ザ・ワールド”だ。

meet55

開園時はオレンジを基調としたデザインだったけれど、半年程度でリニューアルされたため、多くの方たちの記憶に残っているのは、壁に鶴をあしらったこの建物になる。

meet54

エントランス(入口)の手前には、噴水が様々な色でライトアップされているが、水の中には、なぜか”トレビの泉”気分になってしまったゲストが投げ入れたコインが沈んでいる。

meet53

この噴水には、”ライトが全部、赤の時に写真を撮ったカップルは幸せになれる”という噂もあったらしい。もっとも、このアトラクションにゲストを呼び込むために流布されたような気がしないでもない。

meet52

噴水の両脇を囲む緩やかなスロープを上がり切ったところがエントランスだ。扉の上には、次の開演までの時間を告げる表示板が設置されている。

meet51開園時はチケット制だったディズニーランドだったけど、”ミート・ザ・ワールド”にはチケットが不要だった。

やがて、チケット綴りに”ミート・ザ・ワールド”の無料招待券がつくようになり、これはチケット制が廃止されるまで続くことになる。

エントランスの扉が開いたら、キャストにこのチケットを渡して建物内へと進むのだ。

meet50

■プレショーエリア

エントランスをくぐると、そこはビデオギャラリーと呼ばれる円形のホールになっている。いわゆるプレショーエリアだ。

meet49ビデオギャラリー(扉が開いた状態)

天井には世界地図が取り付けられている。周囲の白い内壁には絵巻をイメージした”たなびく雲”と”気球”が描かれており、壁の上部にはたくさんのモニターが、様々な国の映像を映し出している。

meet48各国の映像の一部

やがて、キャストのスピール(キャストが大勢のゲストにアナウンスすること)がはじまる。

meet46meet47

「皆さんこんにちは、ミート・ザ・ワールドへようこそ。
あと3分ほどであちらの劇場へご案内しますが、それまでの間、こちらのビデオギャラリーをご紹介しましょう。
皆さん、ちょっと回りを見回してみて下さい。皆さんの周囲には、世界各国の風景が映し出されています。
中には、皆さんがよくご存知の場所や実際に行かれた場所があるかもしれません。次に上をご覧ください。
天井には世界地図が取り付けられ、世界10都市の現地時間がわかるようになっています。皆さんの時計と見比べてみてはいかがですか?
それでは次のショーがはじまるまでの間、もうしばらくこちらでお楽しみください」

開演間近の時間になると、壁に取り付けられているすべてのモニター表示は、世界の風景から、青地に白文字で”MEET THE WORLD”と書かれた表示に変わる。

meet45

■第一の扉

ビデオギャラリーから、第一の扉の奥へと案内するスピールがはじまる。

meet44

「皆さんこんにちは、ミート・ザ・ワールドへようこそおこしくださいました。
こちらの入り口、扉が完全に開きましたら、皆さんをこの奥の劇場へとご案内いたしますが、劇場内のスクリーンは、たいへん大きいため、3列目よりも後方の席がご覧になりやすくなっています。
皆様から向かって左側の扉が後方となります。なお、最後列は英語の音声席です。海外からのお越しの方々をご優先ください」

■第二の扉

第一の扉を進むと、すぐに第二の扉の前に出る。この先が劇場だ。後方の扉が閉じられると、薄明りの中でスピールがはじまる。

meet43

「あらためまして、皆さん、こんにちわ。これから皆さんは、約20分間のタイムトラベルへ出発します。
その際、旅の途中で何かお困りのことがございましたら、劇場内左手奥の方に私がいますので、大きく手をあげてお知らせください。
それでは間もなく、こちらの3枚の扉が手前に大きく開きますが、ご案内までもうしばらくお待ちください」

この時、劇場内では、ステージ4が終わった際に出そびれた方や車椅子の方などを、反対側の出口へと誘導しているはずだ。

「…それでは出発です。どうぞ」

■劇場内へ

第二の扉を抜けると劇場内である。ゲストが着席すると、いよいよ開演前のスピールがはじまり、舞台の幕が開く。

meet42

「皆さん、こんにちわ。ミート・ザ・ワールドへようこそ。上映の前に皆さんにお願いがあります。
劇場内での飲食,喫煙,フラッシュを使っての写真撮影,携帯電話のご使用はご遠慮ください。
また安全のため、出口へ到着するまでは座席から立ち上がらないようにお願いいたします。
それでは松下電器提供でお贈りする、ミート・ ザ・ワールド、最後までごゆっくりお楽しみ下さい」

なお、松下電器がスポンサーを降板した後は、”東京ディズニーランドがお贈りする、ミート・ ザ・ワールド”とアナウンスされていた。

meet41

・・・ 資料編4に続く ・・・

home1