ディズニーランド「ミート・ザ・ワールド」資料編2

meet70本編に収録できなかった情報をまとめた資料編。その第2回目は、音楽編です。

シャーマン兄弟のペンによるテーマ曲のエピソード、英語歌詞、日本語歌詞、イベント用の別歌詞、カバーアルバムなどについて取り上げています。

■”ミート・ザ・ワールド”の楽曲

東京ディズニーランド誘致の総合プロデューサーだった堀貞一郎氏は、”ミート・ザ・ワールド”の楽曲を、シャーマン兄弟に依頼した。

シャーマン兄弟は、曲が出来上がるとアメリカに堀氏を呼んで感想を求めた。

彼らは一度も来日したことがなく、日本的なニュアンスを掴みきれなかったので、曲を聞いた堀氏が「このような感じで」と伝えていくことで、日本風にアレンジされていき、”We meet the world with love”という名曲が生まれた。

meet62シャーマン兄弟の弟で作曲担当のリチャード・シャーマンは、2007年のインタビューでこう答えている。

「80年代に、日本の歴史を紹介する”ミート・ザ・ワールド”の曲を依頼された。彼らは”スモールワールド”のようなフィーリングで、日本的なフレーバーをもった曲を欲しがっていた」

兄のロバート・シャーマンは、後述するアルバム「Ragtime at the Magical Kingdoms」(1998年)のライナーノートに、”EPCOTの日本パビリオンのテーマソングとして作成した”ことや、日本からの電話で『もし、イッツ・ア・スモールワールドのソングライターが現役だとしたら、日本向けの歌を作ってくれると嬉しいのに』という一言から曲作りがスタートしたというエピソードを書いている。

シャーマン兄弟については、2014年にドキュメンタリー映画(DVD)が発売された。ドキュメンタリーなので盛り上がりなどはないが、貴重な証言や映像が続く。

しかし、兄弟の複雑な関係は時に痛々しい。なお、このドキュメンタリーには、”ミート・ザ・ワールド”に言及する部分はない。

■”ミート・ザ・ワールド”の英語音声

”ミート・ザ・ワールド”には、エプコットを考慮したのか、英語音声も用意されていた。日本語音声では主人公の兄妹の名前については触れられていないが、英語版では”とみお”と”みどり”であること、横浜から来たことなどが語られる。

興味深いのは、英語音声における演奏部分だ。日本語版と同じカラオケを使用して歌部分だけを入れ替えていると思いきや、日本語版と英語版では演奏が異なっているのだ。

英語版では、ベースがフィーリングあふれる演奏を聴かせ、ドラマ部分にもBGM的な音が挿入されている。また冒頭の兄妹の会話部分には、日本語版では笛の音が流れているが、英語版では短い女性スキャットが被さる。

演奏の違いが顕著なのは、4番の歌詞に該当する演奏部分である。笛と奇妙なパーカッションのリズムは日本語版とは全く違う印象だ。オーケストラの演奏部分だけは日本版の音をミックスしているので、英語版のために歌と共にバンド演奏を録り直しているのだろう。

シャーマン兄弟による英詞は下記の通り。彼らがピアノだけをバックに歌うこの曲のデモ版は、シンプルで力強く美しい。

Born of the great mother sea
The outside world was a dark mystery.
We lived on our islands alone,
’til our first great sailors explored the unknown.
Reaching out,friendly hands,
To meet the world around us
Friendly people of Japan.
We meet the world with love,
We meet the world with love,
We meet the world with love,
Reaching out,friendly hands,
We meet the world with love.

Japan turned away from the west,
Our ancient readers decreeded so fast.
And so from within us we prove,
Of philosophy, culture, and art that was new.
Samurai, Haiku, Zen, Kabuki, No, and Sumo.
Like the cherry blossom tree,our culture came to bloom.
Philosophy, and art, our theatre plays it part.
And for three centuries, our culture came to bloom.

Time and the tides open doors.
Once more, we welcome the West to our shores.
We shared, and we learned, and we grew.
Our recognized, modernized world had come true.

Japan of today leads the way,
Dynamic dreams and great hopes on display.
And each year, our efforts increase.
For we know the world over with friendship and peace.
Reaching out, friendly hands,
to meet the world around us.
Friendly people of Japan,
to meet the world with love.
We meet the world with love,
We meet the world with love,
Reaching out, friendly hands,
We meet the world with love.

■”ミート・ザ・ワールド”の日本語歌詞

”ミート・ザ・ワールド”の歌詞はシャーマン兄弟の英詞が先にあり、それを康珍化が翻訳を担当しmeet60たが、原詩の方は”侍”,”俳句”,”禅”,”歌舞伎”,”能”など日本文化に言及した内容となっている。

アトラクションでは場面転換ごとに異なる歌詞が歌われた。そのため演奏は各々で完結しており、今のところディズニーのミュージックアルバムなどに収録されている歌は、フィナーレとなる4番に該当する部分のみだ。

キャストから歌詞カードをもらうこともできて、そこには全体の歌詞が掲載されていた。

青い海原 遥か船は旅立つ
見知らぬ世界へ 吹き荒れる波も恐れずに
手と手重ね 出会うのさ世界の人々と愛を胸に
We Meet the World with Love
We Meet the World with Love
愛を胸にWe Meet the World with Love

ある日突然 国の扉が閉まる
永い年月を 訪れる国に背を向けて
そして開く鮮やかな花びら ひとつづつ文化の華
私たちが私たちが育て上げた文化の華 文化の華

時の流れが きしむ扉を開けた
再び岸辺に 人々が船を繋ぐのさ
古い夢が新しい希望に受け継がれ 明日を待つ
We Meet the World with Love
We Meet the World with Love
愛を胸にWe Meet the World with Love

全ての人が 笑顔絶やすことない
平和な未来を築くのさ 世界の友達と
手と手重ね 出会うのさ世界の人々と 愛を胸に
We Meet the World with Love
We Meet the World with Love
愛を胸に We Meet the World with Love

”ディズニー・アラウンド・ザ・ワールド”の歌詞

1992年、ディズニーランド・パリのオープンを記念して、東京ディズニーランドで”ディズニー・ワールドフェア/ディズニー・アラウンド・ザ・ワールド”が開催された。

プラザ前特設ステージでは、フランス、meet59アメリカ、日本の4つのテーマパークからのダンサーが、ディズニーの仲間とミュージカルショーを繰り広げる。

約20分のショーで、フィナーレを飾った歌は、歌詞を変えた”We Meet the World with Love”だった。

演出上とはいえ、妙な宗教のような歌詞になってしまったのは残念だが、ショーアップされたアレンジはステージを盛り上げた。

夢と幸せ 広げようよ 世界に
あたたかい心 みんなの胸に 届けたいのさ

手と手をとって つくろうよ 世界の幸せを 夢にのせて
世界中に 喜びの輪 広げるのさ
Disney around the world

果てしない夢 いつも心に持てば
平和な世界は 必ずみんなで つくれるのさ

ほほえみあい 喜びを共につくりだそう 夢にのせて
世界中に 幸せの輪 つくりだそう
Disney around the world ,Disney around the world

■”ミート・ザ・ワールド”の収録アルバム

ミート・ザ・ワールドのテーマ曲、”We Meet the World with Love”は『東京ディズニーランド ミュージック・アルバム』(2001年版)に収録されている。

但し、収録されているのはフィナーレに該当する4番部分のみ。同タイトルのアルバムが何枚か発売されているが、これより新しいアルバムには収録されていないようだ。

meet58

またChris Calabrese氏の1998年のアルバム「Ragtime at the Magical Kingdoms」には、ラグタイム風にアレンジされた”We Meet the World with Love”が収録されている。

この方は、東京ディズニーランドでバイシクルピアノ(自転車付の移動ピアノ)の演奏をしていたこともあるらしい。他の収録曲もディズニー関係で、原曲の陽気なピアノアレンジが愉しい好アルバムだ。

meet57

東京ディズニーランドには、ラグタイムやディキシーランド・ジャズがよく似合う。あらためて考えてみれば、ディズニーランドのイメージは、郷愁を感じるオールドアメリカンだ。未来的なアトラクションでさえ、どこかレトロフューチャーの香りがする。

日本におけるよき昭和時代に該当するのかもしれないが、日本人であってもこのオールドアメリカンの世界に郷愁を感じることが興味深い。このあたりを考察していくのも楽しそうだ。

なお、エントランスで流れていた曲はCD化されていないが、YouTubeで美しい演奏をされている方(ふと『ミート・ザ・ワールド』のエントランス曲を弾いてみた)がいる。

また毛色は異なるが、2000年ごろに運動会用の音楽として、『KIDSたいそう~ミート・ザ・ワールド~』というコロンズの歌が発売されている。

これはミート・ザ・ワールド~いつか王子様が~トゥ・ワールズ~ハイ・ホー~狼なんかこわくない~ミッキーマウス・マーチ~ホール・ニュー・ワールド(新しい世界)~ミート・ザ・ワールドをメドレーにした子供向けの歌だ。

by 静 炉厳

meet56

・・・ 資料編3に続く ・・・

home1