ディズニーランド「ミート・ザ・ワールド」資料編1

meet70本編に収録できなかった情報をまとめた資料編。その第1回目は、いわゆる小ネタ編です。

隠れミッキー、Eチケットのこと、修学旅行、同期のアトラクション”エターナルシー”のことなどを取り上げています。

■”ミート・ザ・ワールド”の隠れミッキー

”ミート・ザ・ワールド”のステージには、イースターエッグ…いわゆる隠れミッキーが2つあった。ひとつはペリー来航の場面で、ペリーのベルトにミッキーを見つけることができる。

もうひとつのミッキーは、遣唐使の場面に登場する。元キャストの方によれば、”使者が手にしている贈り物の箱に描かれた模様が、角度によってミッキーの顔に見える”とのこと。

はっきりとミッキーの形になっているわけではないが、確かに横顔のミッキーが見える。ちょっと変わった隠れミッキーだった。

meet69

■”BIG10”のチケット

meet68本編で、「”ミート・ザ・ワールド”は、Eチケットに該当するアトラクションだった」と書いたけれど、今となっては「Eチケットって何なの?」という方が大半だと思う。

オープン当時のディズニーランドは、パスポートではなく、基本的に入園料とアトラクション料は別々だった。

だからゲストは入園券を買って、さらにアトラクション用のAからEまでのチケットを買う。Aは1枚100円で、Eは400円だ。

アトラクションは、チケットに合わせてランク分けされていたので、Eチケットのアトラクションが一番人気がある。

1983年6月にスペースシャトル・チャレンジャーに乗った女性宇宙飛行士サリーライドが、その乗り心地を「気分はEチケットよ」と答えた話は有名だ。

チケットの買い方の主流は、入園券とアトラクションチケットを組み合わせた”ビッグ10”と呼ばれるチケット綴りを買うことだった。

当時もパスポートは売られていたのだが、休日や祝日、夏休みなど学校の休業期間、ゴールデンウィークなどを除く、平日しか使えなかった。

meet66

■”ミート・ザ・ワールド”と修学旅行

東京ディズニーランドができた時、日本人は初めてテーマパークというものを体験した。それまでは遊園地ぐらいしかなく、キャラクターやパレードの楽しみ方もわからなかった。

”ミート・ザ・ワールド”では、修学旅行に関する文部省のガイドラインを視野にいれて、…修学旅行をあて込んで…、教師向けのパンフレットも作成されていた。

しかし、テーマパーク内で自由に楽しみ、自然と学ぶのが本来のディズニーランドの考え方である。教師に引率されるよりも、自分の意志でふと入ったときの方が楽しみを味わえたことだろう。

■アナザーワールド

ウソのような話だが、”ミート・ザ・ワールド”(Meet The World)を、カナ表記から”肉の展示館”(Meat The World)だと勘違いして来館しなかったというゲストの思い出話がいくつもある。

しかし、あらためて思うのは、パーク内のメインキャラクターに牛やブタがいなくてよかったということだ(三匹の子豚やフェルディナンドはメインではないので)。

だってレストランでステーキやトンカツを食べてるときに、そんなキャラクターたちが来たら気まずそうだ。「仲間が一匹足りないんだけど」なんて言われたら、目を逸らして押し黙るしかない。

また、オーディオアニマトロニクスを本物の役者と思い込んで、「平日や夜間に子供を働かせて!」と怒っていた方がいたとの逸話も残っている。

■ステージ3のアニメ登場人物

ショーのステージ3では、冒頭に痩せ型と太目の二人の江戸町人が登場して騒ぎを巻き起こす。コンセプトアートの時点では、この二人には「東海道中膝栗毛」の主人公である弥次さんと喜多さんが予定されていた。

meet65

ところで完成版に登場する二人組の町人には、どうにもディズニー側の偏見を感じてしまう。日本人ならこうは描かないであろう着物柄や丈の長さ、褌ではなくパンツを履き、言葉もなく奇声を発するだけの登場人物。これがアメリカ人の視点ということか。

■”ミート・ザ・ワールド”の歴史認識

ペリー来航以外にも、史実と異なっている場面がある。鉄砲伝来のエピソードでは、ポルトガル語を通訳する中国人と日本人が会話をしているが、実際には筆談だった。

なお、”ミート・ザ・ワールド”では、第一次世界大戦,第二次世界大戦を扱っておらず、ステージ3から4に観客席が回転する時に、一瞬だけ戦争の場面が映り、歌のサビ部分の歌詞が緊張的な音楽にかき消されてしまうことで、その時代を表現するに留まっている。

これが、歴史を中途半端に取り扱っている印象を与える結果となってしまった。関わりあった国の歴史認識が一致することなど有り得ないのだから、自国視点での歴史を主張してほしかったところである。

アメリカン・オリジナルのディズニーランドでは、それが難しいことだとはよくわかっている。でも、いかに他国から批判を浴びようとも、自国を大切にしないで世界を考えられるわけがないのだから。

歴史観なんて、各国で異なっていて当たり前なのだ。捏造した歴史の上に成り立っている国もある。それぞれがどう考えているかを知り、捏造には事実を突きつければいい。他国に配慮して、自国の歴史を曲げたりしないことだ。

■”ミート・ザ・ワールド”の同期”エターナル・シー”とは

アメリカのディズニーランドの完全コピーを目指した東京ディズニーランドだったが、オープン時には日本だけのオリジナルのアトラクションがふたつあった。ひとつは”ミート・ザ・ワールド”、そしてもうひとつは”エターナル・シー”である。

meet64”エターナル・シー”は、1983年の開園と同時にオープンして、1984年9月16日に閉鎖された。これは東京ディズニーランドの閉鎖アトラクション第1号でもある。

”エターナル・シー”は立ち見の鑑賞型アトラクションで、場内には縦5m×横8.6mのスクリーン5面を横並びにして、200度スクリーンを形成していた。

テーマは、アトラクション名が示すように”永遠なる海”。

映像は原始時代の漁の様子、大英帝国の海軍の歴史絵巻、エーゲ海、ベニス、シドニー港などの世界の海を紹介する。

またホオジロサメの生態研究や黒真珠養殖、ロボット深海探査もあり、日本の海として”築地市場”と”島根県のイカ釣り(漁火)”が登場した。

撮影には1年の期間を要したというが、アトラクションとしてはかなり微妙だ。教育的な内容であることはともかく、それを楽しく見せる工夫もなく、目を見張るような技術が導入されていたわけでもない。はっきり言ってしまえば、見せ方がつまらない。それが”ミート・ザ・ワールド”との違いだ。

東京ディズニーランドの建設時期は、フロリダのエプコットと重なっているが、エプコットは教育をメインテーマにしたテーマパークだ。もしかすると、その影響を受けていたのかもしれない。

いずれにせよ、結果としては、パーク内で遊んで盛り上がった気持ちが、一瞬で”素”に戻るような気まずいアトラクションとなっていた。

それでいて、当時の花形だった”スペースマウンテン”と同じEチケット。アトラクションの出口から出てくるのは、複雑な表情を浮かべたゲストたちであった。

meet63

・・・ 資料編2に続く ・・・

home1