ディズニーランド「ミート・ザ・ワールド」第6回

1983年4月15日、東京ディズニーランドの開園と同時に”ミート・ザ・ワールド”がオープンした。

meet86回転式シアターに、70mm、35mmのマルチプロジェクターを駆使した映像システムを備え、実写とアニメに完全同期したオーディオアニマトロニクスによる日本の歴史絵巻。

当時のディズニーランドでは、最も多い収容人数(4つのシアターをあわせて800人)と、最も長いアトラクション時間(約19分)、また未確認ながら建設費用も最も高価なアトラクションだと言われている(坂本龍馬のオーディオアニマトロニクスは、当時、1体で2000万程)。

”ミート・ザ・ワールド”は、まさにEチケットとなるべきアトラクションだった。

それが無料となったのは、できあがったアトラクションの評判を聞いた松下幸之助氏の「(それだけ良いアトラクションなら)天下の松下だ。無料にしろ」という一言だったという。

アトラクションの出口付近に、”未来の家”と呼ばれた”エレクトロホーム”が展示されたのも、松下氏の意向であった。

mirai1

東京ディズニーランドを作るにあたっての基本方針は、”オリジナルのディズニーランドのコピーに徹して、極力、日本独自のアレンジを抑える”というものだった。

だから”ミート・ザ・ワールド”は特別なアトラクションだったのだ。国内の人気は寂しかったが、海外からのゲストには高い評価を得ていた。

また”ミート・ザ・ワールド”をきっかけとして、歴史に興味を持ちはじめた子供も少なくない。楽しく学べること。それは、まさにウォルト・ディズニーや松下幸之助氏が望んでいたことだろう。

その一方で、残念な点もある。堀貞一郎氏は”ミート・ザ・ワールド”の歴史の取り扱いについて講演会でこう述べている。

「日本の歴史検証にはとても気を使いました。歴史学者にも協力してもらって、細かいところまで徹底的に調べ上げ、おかしなところがないように検証を重ねてリアリティを追求しました」

しかし、その検証は登場人物の台詞にまでは及ばなかったようだ。

劇中の案内役である”鶴”は、黒船の場面で「ペリー長官はね、戦うために来たのではないから、大砲なんて撃ってはいけないって言ってるわ。 それに友好を結び貿易することは、お互いにとって素晴らしいことだって」と語る。

meet85だが、実際にはペリーの日本に対する方針は、「恐怖に訴える方が、友好に訴えるより多くの利点がある」というものだった。

日本に開国を迫った目的は、当時、捕鯨大国だったアメリカの捕鯨船の補給基地や清との貿易の中継基地として利用することであり、お互いのことを考えたわけではない。

また事前に日本側に通告があったとはいえ、祝砲を名目とした威嚇目的で数十発の空砲を撃っている。

そしてペリーは、米国に片務的最恵国待遇を与える不平等条約(日米和親条約)を、日本側と締結することになるのだ。

もっとも、このあたりは作劇上の許容範囲だと言えなくもない。問題は、坂本龍馬,福澤諭吉,伊藤博文の会談における福沢諭吉のセリフだ。

meet84伊藤博文が「私は広く西洋を見聞し、近代文明の摂取に力を尽くしたのです」と述べると、諭吉は「しかし、その結果が中央集権体制であり、富国強兵政策でした」と答える。

まるで日本が誤った道を進んでしまい、それを反省するかのように。

しかし、実際の福沢諭吉は日本を欧米国家の植民地にされることから守らなければならないと言う強烈な意志を持っており、その考えは富国強兵策に近い

にも関わらず、偉人の口を借りて”日本は悪いことをした”かのような自虐史観の擦り込みが、ショーの中でさりげなく行われてしまう。朝日新聞のような歪んだ歴史観だ。

意図的にこの表現を使ったのならば悪意であり、よかれと考えていたのなら愚かしい。時代背景を抜きにして歴史を語るのは、驕りでしかないのだから。

”ミート・ザ・ワールド”は面白かったけれど、毎回、凝ったステージに感心しながらも、観終わった後で何かモヤモヤとしたものが心に残っていた。

このショーのストーリーを乱暴に表現すれば、「クラスのひとりぼっちがパシりになって、引きこもりになって、得意な趣味に打ち込んでたら、クラスの仲間が迎えに来てくれた。みんな仲良くしよう」という話だ。

テーマパークのアトラクションであること、80年代という時代を考慮しても、”諸外国は皆、恵みを与えてくれる善である”という前提は気持ちが悪い。

そんなワケがないだろう。各国は第一に自国の利益のために行動し、戦ってきた。ある国の英雄は別の国では忌むべき存在となる。これからもそうだ。その上で、避けられる争いは避けて、手をとりあうべきところは手をとりあう。

世界と出会うということは、そういうことではないのか。同じ構成のままで、台詞を少し考慮すればできたことだ。

現実を正しく捉えてこそ、”全ての人が笑顔絶やすこと無い平和な未来”の理想が輝く。たとえ理想が理想でしかないものだとしても。

1989年4月27日、”ミート・ザ・ワールド”がオープンしてから6年目。このアトラクションの立役者であった松下幸之助氏が、気管支肺炎のためにこの世を去った。

meet83それから約3ヶ月後の7月12日。東京ディズニーランドに「スター・ツアーズ」がオープンする。

松下電器は、このアトラクションのスポンサーとなり、”ミート・ザ・ワールド”から降板した。それと共に「未来の家」も撤去される。

”ミート・ザ・ワールド”は、スポンサー不在のまま10年以上に渡って運営されて、2002年6月30日にクローズした。

アトラクションの最終日となっても、劇場の混み具合は普段とあまり変わらなかったという。

しかし、最終公演が近づくにつれて入り口付近には行列ができて、場内は満席となっていった。最終回では、劇場内の「0分後に開演です」の表示ランプが消えると、ショーは大きな拍手でスタート。

meet81そして、最後に主人公達を乗せた気球が去っていくと、場内は万雷の拍手に包まれたという。

ところで、最終入場回のひとつ前の回を観たゲストには、思わぬハプニングが待ち受けていた。

ステージ4が終了した後、キャストから「もう一度、上演を希望される方、どうぞこのままでお待ちください。もう一度行きます。どうぞ、このままでお待ちください」とアナウンスがあり、ステージ4からステージ1へと座席が回転して、再びステージ1からの上演を見ることができたのである。

最終公演が終わった時、アトラクション前にはゲストがあふれており、キャストからの最後の挨拶に、大きな拍手と歓声があがった。

meet82”ミート・ザ・ワールド”は、こうして19年の歴史に幕を閉じた。

クローズ後の建物は、鶴の装飾を外され、外見をベージュに塗り替えられて、イベントや抽選会場として使用されたが、2006年頃に建屋の全てを取り壊された。

”ミート・ザ・ワールド”は人気のないアトラクションだった。しかし、人気とその価値は必ずしも一致しない。

・・・ その7に続く ・・・

home1