”藤岡藤巻”講談社ミニライブ(2005/3/19)

■これまでのあらすじ

昨年から定期的なライブ活動を開始した”藤岡藤巻。2005年03月19日にはBSの「エンターティメント・マザーズTV」に「異色のサラリーマンデュオ登場」(『ラシドの歌』動画付)として出演し、今回は講談社からの招待を受けてミニステージをこなすために集まった。

2005年3月30日、講談社6階ホールでは広告局主催の”花見の会”の準備が進められていた。その会場にはなぜか”藤岡藤巻”のステージも用意されている。

実は”藤岡藤巻”は、”まりちゃんズ”のリバイバル・バンドを意識して活動しているわけではなく、”まりちゃんズ”路線の他にも自分たちの年代にふさわしい”大人のための音楽”にも取り組んでいた。

f2ko03その活動の一端として、彼らは昨年夏に『週間現代』の創刊45周年特別企画 ”おとなのいかす! バンド天国”というバンド合戦に参加したのだが、その際に編集長に気に入られ、今回、講談社から優勝バンドである”クッキー・サトナカ&ヘンデルとグレーテル”と共に招待を受けることになったのである。

本番前の控え室では、藤岡氏,藤巻氏、ギターの金谷氏,ベース/キーボードの羽生氏が練習をはじめようとしていた。藤巻氏は風邪のために土気色の顔色で、今にも死にそうな様子だ。

藤巻:「今日は何やるの?」

藤岡:「藤巻くんは風邪だから、『大きくなったら何になりたいの?』と『もうすぐ23才』、『ラシドの歌』の3曲。ちょっとあわせてみようか?」

藤巻:「藤岡くん中心の選曲だね、助かった。そういえば、今まで練習でちゃんとあわせたことないよね。」

藤岡:「だってやらないじゃん! 練習に来ないし! だから毎回、間違えるんだよ。一度、通しでやってみようよ。」

今まで一度も通しで練習してない? 確かに藤岡藤巻のライブといえば、歌詞や出だしを間違えるのが恒例であるけれど、本当に練習をしてなかったとは。

つーことは藤岡藤巻にとっては本番ライブが練習だったってことじゃん…っていうか、ちゃんと練習しなよ!!! もうすぐ本番前だというのに、『大きくなったら何になりたいの?』から練習がはじまった。

藤岡:「藤巻くん、このコードの押さえ方はこうだから。」

藤巻:「えぇっと、こことここを押さえてと…。あれ、難しいな。こことここ…。あぁ、もう!!! だいたいこんなコード、素人に無理なんだよ!」

藤巻氏が投げ出したコードは、C#7(シーシャープセブン)という普通のコードであった。

藤岡:「『ラシドの歌』の最後はこうね。」

藤巻:「えっ、『ラシドの歌』って最後はこのコードを繰り返すのか…。オレ、違うコードを弾いてたよ。」

f2ko04この人、”藤岡藤巻ライブ”をはじめてから、少なくても5回は本番でこの歌を演奏しているというのに未だにコードを知らなかったのか…。

通しの練習を終えたところで、いよいよ本番ステージだ。会場には立食形式で6つのテーブルが並べられている。

バイキングのように料理が盛られた各テーブルには参加客が群がり、会場内には”松嶋初音”などミス・マガジン2004の受賞者達が会場内を闊歩して写真撮影に応じている。そう、”花見の会”の”花”とは彼女達のことだったのである。

それにしても写真撮影や互いのお喋りに夢中な客たちが、果たしてまともにライブを聞くのであろうか?

そんな不安の中、藤巻氏がステージ上から第一声を発した。

藤巻:「どうも、こんばんわ。一応、そこらにいたオヤジがあがってきた訳じゃなくてですね。週間現代の編集長に呼んでいただきました。藤岡藤巻です。」

バンドが演奏を開始する。『大きくなったら何になりたいの?』では、スーパースターに憧れた少年がサラリーマンになった現実を歌い、『もうすぐ23歳』で若者がやがて寝たきり老人になってゆく人生を歌い上げ、『ラシドの歌』で人生をネガティブに昇天させる。

華やかであるべき花見の会には、ふさわしくない選曲…。客にしてみれば、まるで安上がりな公民館で結婚式をあげたら、薄い壁の向こうから延々とお経の声が聞こえてくるような気分であろう。 会場の反応は…

ドン引き!!

私は決して面白半分に表現しているわけではない!!

だが”藤岡藤巻”の演奏がはじまると、本当にステージ前のテーブルに群がって料理を食べていた人々は、まるで何か不思議な力でも働いているかのように少しづつ会場後方のテーブルへと移動していったのだ。前方のテーブルはどこもガラガラになってしまった。こ…これは!!

モーゼは海を割ったが、”藤岡藤巻”は人の海を遠くに追いやった!!

それはまさにイリュージョンとしか言えない不思議な光景であった。

テーブルにはまだたくさんの料理が残っていると言うのに、会場前方のテーブルには殆ど誰もいない。これはマズイ!! 私とて藤岡藤巻のファンである。なんとかしなければ!

人間の力量は危機的な状況をどう乗り越えるかで試される! この状況をむしろチャンスととらえるべし!!! よし!!

私の心は決まった。これはチャンスなのだ!

私はステージ前のテーブルに歩み寄ると、料理にパクついた。さっきまで大勢の人が群がっていて近づくことさえできなかったテーブルにはもう誰もいない。このチャンスを活かさないヤツはクズだ!! 今のうちに食うべし! 食うべし! 食うべし!!

エビの串揚げ、サーモン、本格ソーセージ…少しでも高そうなものから食うべし! 食うべし! 食うべし!

こんな時にコロッケなんぞに手を出すやつはチャンスを活かしてないチキン野郎だ!! あと唐揚げも。

f2ko05これで大丈夫だ! もし、あとで藤岡藤巻に「演奏はどうだった?」と聞かれたらなら、私は自信をもって「演奏中は大満足でした!!」と答えることができる。

ステージ終了後、近所の居酒屋で本日の反省会が行われた。

バカ話を交えながら決定した次のライブの目標は”歌詞とコードを間違えないようにしよう!”であった。

ちなみに風邪をこじらせた藤巻氏は翌日、会社を休んだという。

by 静炉厳(2005/3/19)

home1