ミニ黄昏の職場日記:ヒロくんの話題だよの巻

1980年のドラマ『3年B組金八先生』の不良役でデビューした”ヒロくん”こと、沖田浩之。ある程度の年齢でなければ知らない芸能人だ。
1999年に亡くなってしまったけれど、彼のモノマネをする人は必ず人差し指で目を吊り上げて「E気持ち~」と歌うのがお約束だった。

子分2号

職場の女性部下。妙な感性と仕事ぶりは評価できるが、かなりお調子者。

昼休みのこと。最近、気になっている歌について子分2号に尋ねてみた。

静 :「今ってさ、SARSが流行ってるんだよ、伝染病のさ。知ってる?」

子2:「知ってるよ!!」

静 :「じゃあ、沖田浩之…ヒロくんね。彼が『おまえにマラリア』っていう歌を歌ってたの知ってる?」

子2:「えっ? ヒロくんって”Eきもぉちー♪”とか歌ってた人でしょ? そんな歌あるわけないよ! …いや、でも静炉厳さんはとんでもないコトを言ってて、実は本当ってことがあるから油断できないんだよな。」

静 :「そうでしょ! 歌ってたはずなんだよ…やっぱ知らないよね?」

子2:「ネットで調べてみよっか…(カチャカチャとキーを打つ)…あっ!! ホントだ!! わははーー!」

静 :「やっぱあったでしょ。でもさー、これって恋人に言われたくない言葉って感じだよな」

子2:「ねぇ、『はみだしチャンピオン』って歌もあるよ。わははー。」

静 :「それ、ツボにくるなー。わははー。」

子2:「『プールサイドでタキシード』っていう歌もある。濡れちゃうじゃん!」

静 :「わははー。これ、メドレーにするとキツイいねぇ。『プールサイドで、はみだしチャンピオン』とかさ。何をはみだしてんだっつーの!

子2:「わははー。なんかCD欲しくなってきた!」

静 :「オレ、500円だったらベスト盤買っちゃうな。」

子2:「レンタルでいいよ! あたし、レンタルで探しちゃお!!」

2003年5月、突如として職場に吹き荒れたヒロくんブーム。しかし、子分2号の地元ではレンタルショップにヒロくんのCDを置いているのだろうか? 素朴に疑問である。

2003/05/08

home1