『崖の上のポニョ』公開とライブの案内(2008/7/19)

■これまでのあらすじ

2008年7月19日に映画『崖の上のポニョ』が公開された。主題歌を歌わせていただいた藤岡藤巻にとっても、これは大躍進のチャンスである。そこでさっそくライブの企画をたてて、公式サイトに告知することにした。

fujifuji080905そんなわけで藤岡藤巻は、赤坂BLITZで2008年9月5日にライブをやることが決まって、公式サイトにライブの案内の第一弾を掲載した。

その案内の内容が下記のもので、掲載したのは『崖の上のポニョ』公開翌日の2008年7月20日。これね、自分で書いておきながら、なんてテキトーな書きっぷりだろうと思う。

藤岡藤巻の宣伝については、”褒め殺し”の逆となる”ケナし褒め”っていう手法で行こうと思ってたわけ。

もちろんこんな言葉なんてないんだけど、要は”ケナしてるフリして持ち上げる”っていうやり方がいいんじゃないかと考えた。

でも、たいていの場合はケナしただけで終わってるの。今回のチラシもそんな感じ。あらためて読み返すと、ヒドイなこれって思います。

映画『崖の上のポニョ』で藤岡藤巻を知り、このサイトを訪れてくだった皆様。それからポニョに感動して、藤岡藤巻のアルバムを買ってしまった皆様、ご期待に沿えず大変申し訳ありませんでした。

例えて言いますとね、ディズニーランドとかに遊びに行って、楽しい気持ちになってですよ。気に入った着ぐるみキャラクターのブロマイドをつい買っちゃってね、家に帰ってワクワクと開けてみたら、着ぐるみを脱いだオヤジの写真が入ってた…みたいな失望感っていうんですか。藤岡藤巻の実像を知ったら、きっとそんな気持ちだと思うんです。

いや、別に悪い意味で言ってるんじゃないですよ。だって”キモ格好悪い”って流行ってるんでしょ? 藤岡藤巻は、そのあたりは自信がありますから!

そもそもね、テレビで良いオジサンぶって『崖の上のポニョ』を歌っている藤岡藤巻が悪いんです。もちろん、映画も主題歌も素晴らしいですよ。藤岡藤巻がポニョを歌わせていただいてることだって、すごく素敵なことなんです。ただね、日ごろの藤岡藤巻が悪いっていうんです。

だいたい藤岡藤巻の基本は、気が弱いくせに”おやじパンク”とか、怒られないように”ヒット&エクスキューズ(攻撃と言い訳)”とか、”単なるぼやき”とかなんですから。

本来なら藤岡藤巻もね、テレビ出演の際には自ら「おらおらー、もっとオレの頭頂部を映さんかい!」と薄い頭をカメラに突き出したり、「もっと下っ腹がぷっくり出てる角度を狙わんかい!」とスタッフを蹴り飛ばしたりとか、それなりに誤解をとく努力をしなければいけないんですよ。

でも、波風たてたくないじゃないですか、サラリーマンですから。まぁ、そのあたりのご不満は、皆さんもひとつ大人になって飲み込んでくださいな。

そんなわけで、藤岡藤巻の次のライブ(赤坂サカス 9/5)は、いつもの藤岡藤巻でいきます。はじめての皆様も、ぜひどうぞ! もちろん、ご家族で楽しめるなんて思っちゃだめですよ。それから期待にもお応えできません。

行きたいライブがあったけど当日券がとれなくて、でもせっかく外出したからそのまま帰るのも悔しいし、とりあえず誰のでもいいからチケット買っちゃおうと…みたいな感じでおいでくださいね。皆様、お待ちしております。赤坂サカスライブの詳細は近日中にご案内しまーす。

ぜってー、いかねーから!

ちなみに”ぴあ”に掲載する宣伝文として書いたのはこんな感じ。

『崖の上のポニョ』を歌う女の子の後に、背後霊のように佇む謎のオヤジ二人組。サポートにしては歌は下手。ボディガードにはひ弱そう。TV番組でも浮いている。そんな藤岡藤巻が、9月5日の赤坂BLITZライブで禁断の本領発揮! これを見なきゃ、一生モヤモヤしたまま。お子様の夢を守るために、大人だけでおいでください。

当日は、大橋のぞみちゃんがカゲアナ(会場アナウンス)を担当してくれました。のぞみちゃん用に書いた原稿がこれね。

藤岡藤巻の赤坂ライブ カゲアナ原稿

開演前)
ほんじつは、『クレ・プレゼンツ 藤岡藤巻のあかさかライブ』に、ごらいじょういただきまして、まことに、ありがとうございます。
かいえんに、さきだちまして、お客さまに、お願いいたします。
藤岡藤巻のライブを、さつえい、ろくおんすることは、きちょうな、しげんの、ムダづかいになりますので、地球のために、おひかえください。
また、けいたいでんわは、いまだに古いキシュを使っている方が、うらやましがる場合がありますので、でんげんをオフにして、みえないところに、しまってください。
それでは、かいえんまで、いましばらく、おまちください。

2回目
おまたせいたしました。ねむっている方は、そろそろ起きてください。それでは、まもなくカイエンです。

3回目
いじょうを、もちまして、ほんじつのこうえんは、すべてしゅうりょういたしました。きたいはずれだった方は、よそでは、今日のことを、いわないようにしてください。それでは、おきをつけて、おかえりください。大橋のぞみでした。

24

■メルマガからの抜粋

先日、藤岡藤巻は赤坂BLITZでライブをやりました。今回のライブは藤巻さんが仕切ることになってます。ところが、出番の直前になって藤巻さんの姿が見えないんですよ。

舞台監督やゲストのマネージャ、他にも様々な方が本番前の確認をしようとしてるのにいなくなるとは!

でもね、藤巻さんは、だいたいこういうときはオシッコにいってるんです。藤岡さんなんて、今まで藤巻さんのオシッコ待ちにどれほどの時間を費やしてきたことか。想像ですけど、全部あわせると1年近いじゃないんですかね。生まれたての赤ちゃんだって、1年たてば歩き出しますよ。

「藤巻さんは?」,「藤巻さん、どこ?」…そんな声が聞こえるなか、遂に目撃者が名乗りでたのです。

「私、藤巻さんがトイレにいくとこを見ました」

やっぱり、オシッコだよ…と思ったんですが、私の予想は大きくはずれました。ウンコだったんです。

廊下に面したトイレ(個室)の前を、遠巻きに人が囲んでいます。私はこんな光景をどこかで見たような気がしました。それはまるで、人質をとって山小屋に立て込もる犯人を、警察が取り囲んでいるかのような光景だったのです。

舞台監督が勇気を出してトイレに近寄り、ドア越しに会話をはじめます。

「藤巻さん、そのままで結構なので聞いてください。映像を出すタイミング
なんですが…」

舞台監督も、まさかウンコしながらの人と打ち合わせをするとは思わなかったことでしょう。

次に山田さん(ゲストで「もっとクリスタル」を歌う予定の元ステゴザウルスのメンバー)が近寄り、笑顔を浮かべながら無言でドアにガシガシと蹴りを入れます。

女性マネージャは、さすがにトイレ越しに話をすることはできず、廊下で固まっています。

やがてドアが開くと、取り囲んでいた人たちは慌てて口を抑えて臭気から我先にと逃げ出しました。私の脳裏にTVで見た毒ガス事件の光景が重なります。

山田さんはさっそく事件現場を検証しに行きましたが、慌てて戻ってきました。

「静炉厳さんよー。ヤバイよー! 藤巻さん、流しきってないよ! どうすんだよ!」

ニコニコと嬉しそうな山田さんは、今年で55歳です。

by 静 炉厳(2008/7/19)
home1