上司の眼力を信じなさいの巻

syokuba1

[登場人物]

子分1号
中途入社だった私と入社年度がさほど変わらないからと、タメ口どころかときどき上から目線になる女性部下。

子分2号
妙な感性と仕事ぶりは評価できるが、かなりお調子者。子分1号の後輩となる女性部下。

朝、会社の部屋に入ると私の机の上にメモが置いてある。

それは昨日、私が子分2号の帰宅後に、彼女の机の上に朝一番の指示を書いて置いておいたメモであった。

静:「ちょっと! ちゃっぴちゃん(子分2号)!」

子2:「はい?」

静:「この紙は、昨日の帰りに今日のきみの仕事を指示したメモなんだけど。それがどうしてオレの机に戻ってきてるわけ? しかも、赤字で”却下”って書かれてるんだけど?」

子2:「あぁ、それは却下!」

静:「だからなんで却下なんだよ!? オレ、上司じゃん!!!」

子2:「それって山田さんのユーザIDを変更するやつでしょ? だって変更後のIDって、別の人がもう使ってるもん。」

静:「そうなの? ”山田”って名字の人、他にいたっけ?」

子2:「営業にいるよ。だから却下」

静:「…」

勝ち誇った顔の子分2号。そして悔しさを噛みしめる私。そこに子分1号が割り込んでくる。

子1:「静炉巌さん、ちゃっぴちゃんが産休になっても大丈夫なんですか? あと1ヶ月ですよ」

静:「大丈夫! 総務に派遣の人を捜してもらってるもん。オレもちゃんと面接するからへーきだよ。」(※[追記] 当時は面接可だった)

子1:「だから心配なんじゃないですか!! 茶髪の娘とが来ちゃったりして」

子2:「ありそー!! あぁーあ。」

静:「あぁーあじゃないよ! 外見で選ぶわけじゃないでしょ」

子1:「だいたい静炉巌さんは、人を見る目がないからなぁ」

子2:「そうなの?」

子1:「そうだよ。ちゃっぴちゃんがここに来る前も派遣さんをお願いしてたけど、3ヶ月ごとぐらいに入れ代わってたもん。皆、静炉巌さんが面接した人…ヘルプを頼む度に自分の仕事が増えてるの」

静:「あれはしょうがないじゃん! だっていつも社内で行方不明になっちゃう人とかだったんだもん」

子2:「毎回、そんな人ばかりのわけないじゃん」

静:「確かその次は、コピーを頼んだだけでも山ほど質問が返ってきて、説明するのに作業の何倍も時間がかかる人だったかな。おまけに絶対に間違えちゃうの。あの時は、その人の教育専用にもう一人雇ってもらおうかと思った」

子2:「…」

静:「でもね。一番びっくりした人は、精神安定剤の飲み過ぎで、一日中喋らなかったり、ゆらゆらしてる人。なんか怖かったよ」

子2:「なんでそんな人を採用したの!!」

静:「だって面接したときは、『頑張ります』って言うんだもん。だったらいいかなぁと思ってさ」

子2:「何にも考えてないじゃん!」

子1:「あの時は、私に世話役を押しつけて、自分はちゃっかり別の部屋で仕事してましたよね」

静:「いや、若い人同志の方が盛り上がるかなぁって…。だって怖いんだもん」

子1:「わたしは大変でしたよ」

静:「…」

子2:「静炉巌さんが人事担当だったら、会社潰れるね」

子1:「跡形もなくなるよ

子2:「でも、後任の人の面接って静炉巌さんがやるんでしょ。私がやってあげようか?」

子1:「そうだよ! わたし達で面接すればいいんだよ」

子2:「うん、もし静炉巌さんが来たら不採用決定ね! でも、最終面接までは通してあげるよ。元上司の顔をたてて。わははー」

静:「あのね。オレは今も、あなた達の上司ですけど!」

それにしても、こいつら、どこまでも図に乗りおって。”人を見る目がない”とはなんだー!!! まったく誰がこいつらの採用を決めたんだよ!

…あっ! 私は自分の”人を見る目のなさ”を呪った。

静 炉巌(2001/3/11)

home1