アイス・バケツ・チャレンジってバカみたい

アイス・バケツ・チャレンジというものが流行っているらしい。筋委縮性側策硬化症(ALS)の認知を高めるための運動で、氷水を被るか寄付をするかを選択(両方可)して、次の3名を指名するというものだ。

テレビは見ないので、webでいくつかのニュースを見ただけだけど、これをやってる人はバカ丸だしにしか見えない。

奇抜なことで注目を集め、慈善運動のための資金調達をするってのは、手段としてはわかる。胡散臭かろうと、偽善だろうと、結果として寄付が集まればいいってのもそのとおりだ。

だけど注目を浴びて嬉しそうにしてる人の写真を見ると、そんな考えを持っているようには思えなくて、心根が貧しくみえてしまう。

「寄付かアイスバケツか?」ってのは、”TRICK or TREAT”の変形みたいなものだから、ベースとなる文化がある海外でやってる分にはまぁわかるよ。

でもねー、これを自分が注目される機会と捉えてやってる人はなんなのって思うわけさ。同じことは「24時間テレビ」という催しにも感じるけど、寄付を訴えかける側が、これをネタに金儲けや人気取りを考えてるようにしか見えないんだよ。

そもそも募金なんてのは怪しいものが多い。テレビ朝日の”ドラえもん募金”,アグネス・チャンの”日本ユニセフ”(ユニセフとは別組織),”あしなが育英会”、ホワイトバンドなんてのもあったね。

どれも調べていけば集められた募金が、おかしな方に流れていることがわかる。主催者にとっては、人々の善意は自分たちの食い物でしかない。

もっとも、アイス・バケツ・チャレンジだって悪いことばかりじゃない。だって、バカ発見機としても機能してるし、怪しい人たちが次々と炙りだされていく効果は素晴らしいと思うもの。

この輪がどんどん続いて、途中で心臓麻痺で亡くなる人が出て、今度は追悼のための募金運動としてファイアー・バー・チャレンジという炎の棒を飲み込む運動がはじまって、そんで途中で焼け死ぬ人が出て、これまた追悼募金のためにハンギング・チャレンジという首吊り運動がはじまって…みたいに狂っていくようなこれからの展開に期待したい。

ちなみに僕自身は、募金は日本赤十字社と決めている。

[2014年8月22日]

home1