[積んどくプラモ] コラム:模型少年のサンダーバード

”積んどくプラモ”を掘り返して思ったのは、『サンダーバード』率の高さだ。

考えてみれば、同世代の多くがそうであるように『サンダーバード』は、その後の嗜好にも影響を与えた特別な番組だった。少年時代の刷り込み恐るべし。

サンダーバードとは
1965年~1966年のイギリスで放送された人形劇による1時間枠の特撮テレビ番組。世界各地で発生した事故や災害で危機に瀕した人々を、国際救助隊と名乗る秘密組織がスーパーメカを駆使して救助する活躍を描く物語。1966年に『サンダーバード 劇場版』、1968年に『サンダーバード6号』が劇場公開されている。

小学生の頃はサンダーバード2号をはじめとする今井科学のサンダーバードシリーズのプラモデルを何個も組み立てて、高額で買ってもらうことのできない『サンダーバード秘密基地』に憧れた。

「サンダーバード」には子供心をくすぐる要素が満載されている。それは大人になってからも、奥底に眠っている少年の心を刺激し続ける。

例えばリアルなジオラマで活動する近未来SF的なメカ主役メカの緻密な発進場面英ドールハウスの伝統を彷彿とさせる室内セットトレーシー島のプールサイドに垣間見る南島のリゾートライフバリー・グレーが作曲した勇壮なマーチ日本独自の主題歌におけるロイヤル・ナイツの凝ったコーラスワーク危機に陥った誰かを助ける無償の行動、そしてドラマに端を発した模型工作小松崎茂氏のボックスアート等々。

あらためて考えてみると、いまでも大好きなモノやコトの原点がてんこ盛りだ。無意識のうちにどれほどの影響を受けてきたのだろう。

サンダーバードのマイブームは、忘れた頃になにかのきっかけで再燃して、また飽きてということをずっと繰り返している。きっとこれからもそうなんだろうな。

マイブームに火が点くきっかけは様々だけれど、サンダーバードに関する書籍の発行なんかはトリガーになりやすい。2015年に発刊された「サンダーバード完全記録」は情報が整理されていてよかったな。

2002年に日本語版が発売された『サンダーバード クロスセクション』は、1960年代に描かれたサンダーバードメカの公式クロスセクション(透視図解)をもとに用語を現代に置き換えたイラスト集だ。

同様のクロスセクションは2013年に発刊された『大図解 サンダーバード テクニカル マニュアル』にも掲載されている。

どちらも同じメカのクロスセクションが掲載されているけれど、角度が違っていたりカラーページが異なっていたりするから、互いに補完しあう関係となっている。

例えばトレーシー島なら前者には全体俯瞰図、後者には各部分の詳細図が掲載されているのだ。

こういうクロスセクションは、いつ見ても想像が広がって楽しい。

サンダーバードの物語の時代設定は西暦2065年。「バック・トゥー・ザ・フューチャー」の未来はレトロになってしまったけれど、僕らにはまだサンダーバードの未来が残っている。

サンダーバードのプラモデルや玩具の情報は、コレクターの伊藤秀明氏が1999年にケイエスエスから出版した『サンダーバードプラモ&玩具博物館』が決定版だ。

商品だけではなく、番組情報も網羅されて図版は2200点以上に及ぶ。素直にスゴイ。

 

遊人(2019/11/10)

home1