”湘から”の試行錯誤から”いつものペーパーバック”へ

2016年9月現在、僕は”いつものペーパーバック”というこのサイトをとても気に入っている。

だって、サイト内サイトの”葛楽堂で語ってみる“と”僕らの夏の時間”、そしておまけ的なコーナーを含めると、自分が書きたいジャンルをすべてカバーできているからだ。

”いつものペーパーバック”の母体であり、今はコーナーとして包含されている『湘南 から元気倶楽部』(以下、湘から)は、立ち上げ当初の構想とは異なる方向に転がっていったサイトだ。

1997年の11月から12月ぐらいのごく初期は、5つのハンドルネームを使い分けて、各々が毛色の異なるコーナーを担当する構成になっていた。

例えば、”説 勝男”(せつかちお)は政治や怒りを、”Tune”は音楽や詩を、”静 炉厳”はバカ話をといった具合だ。複数メンバーで運用するという建前だったから、『湘南 から元気倶楽部』というように”倶楽部”を名乗っていたのである。

サイトの運用は一年間のつもりだったから、各コーナーを充実させながら、一年間のうちに各々のハンドルネーム同士が交流して、やがて諍いをはじめて、最後に関係を修復できずにサイトを閉鎖する…というのが、『湘南 から元気倶楽部』立ちあげ時の構想だった。

20150201 湘南から元気倶楽部でも、この方針は1~2ヶ月で変更することになった。”静 炉厳”として書いていたバカ話が好評で、当時設けていた掲示板への書き込みも多く、他のコーナーとのバランスがとれなくなってきたからだ。

だから、”静 炉厳”としてのバカ話をメインにして、他のキャラクターやコーナーはなくすようにした。そうしたことが幸運な誤算だったことは間違いない。

掲示板に集ってくれた方と盛り上がって、サイト更新も楽しくなったし、さまざまな出会いも生まれた。とてもツイていたと思う。

その一方で、”くだらないこと”以外のことが書きにくい状況になってしまったことも事実だ。

くだらないバカ話が大好きだけど、ときどきは別のことも書きたくなる。でも、バカ話を楽しみに訪問してくれる方に別のモノを提供することには気が引ける。

そこで『湘南 から元気倶楽部』をはじめてから6年が経過した2003年の正月休みに、僕は”湘から”から派生する3つのサイトを作った。 ”湘から”では書きにくいことを書くことが目的だった。

kara-maniひとつは「湘南から元気倶楽部 マニアックス」というブルーを基調とした”湘から”のファン向けサービスサイトだ。

本家”湘から”の運営が長くなってくると、自然に”今だから明かせる裏話”とか”各エッセイについてのこぼれ話”,”一度は載せたけれど、完成度がいまいちで下げた話”、”ホームページ自体の話”なんかも書きたくなってくる。

これらをまとめた特典サイトみたいなものにして、偶然に辿り着いた方に楽しんでいただこうと思った。それが「湘からマニアックス」で、たしか自己紹介ページの意味のない画像をクリックすると飛ぶようになっていたと思う。このサイトについて告知したことはない。

kara-perふたつめは「湘南から元気倶楽部 Personal」と称するグリーンを基調としたいわゆる趣味系のサイトである。

元々は当時の”湘から”で使用していたプロバイダ(ODN)の容量が一杯になったため、画像や音声関係を置くためにNiftyのスペースを利用したのがきっかけだ。

画像関連の大半は趣味に関するものだったので、趣味関連や、本家”湘から”には不似合いな真面目系エッセイをこっちに分離することにした。

これまでも趣味のコーナーとして”Hobby Darlin‘”→”湘南 早起き倶楽部“といったサイトは短期に作ってたけど、この時点では「湘南から元気倶楽部 Personal」という名称に落ち着いた。

でも、このサイトも2011年には、”Inspiration Safari”と装いを変えるのだけれど。

kara-romaそして3つめは、恋愛や歌詞などを扱ったサイト「湘南から元気倶楽部 浪漫風」である。

初期の”湘から”のコンテンツには恋愛や詩に関するコーナーも含まれていたけれど、その後、バカ話が中心になってきたので、これらのコンテンツは収まりが悪くて削除していた。

でも、”ISS”というバンドで歌詞を書いていたし、たまにはそれっぽいエッセイも書きたかったので、過去のコンテンツと新規コンテンツをあわせる場を作ってみた。

結局は、サイトを継続するほどの更新頻度でもなかったので、短期間で閉鎖している。

湘南から元気倶楽部」と、そこから派生したこれらの3つのサイト。そこでやりたかったことは、”いつものペーパーバック”に集約されている。

湘南から元気倶楽部」と「湘南から元気倶楽部 マニアックス」は”いつものペーパーバック”に、「湘南から元気倶楽部 Personal」は、サイト内サイトの”葛楽堂で語ってみる”に、湘南から元気倶楽部 浪漫風」は、同じくサイト内サイトの”僕らの夏の時間”へと。

結局のところ、やりたいことは何も変わっていなかったってことだった。

by 静 炉厳

home1