[葛楽堂] 先行者~中華キャノン

葛楽堂タイトル1

『葛楽堂』と描かれた木製看板の奥に、古玩具だのワケのわからん品だのが所狭しと並んだショーケースが置かれている。そのショーケースを覗き込んで、いろんなモノたちを眺めながら、店主の桃源さんとときどき雑談を交わしている。

葛楽堂のショウケースに妙なロボットのプラモデルが飾ってある。

「桃源さん。またオレをおちょくろうと思ってこんなロボットを置いたでしょ? なんなのこれ?」

「2001年にテキストサイトと呼ばれる界隈で話題になった”先行者”という中国のロボットの模型だ」

「先行者? またまたぁ」

「ホントだぞ。”先行者”ってのは、2000年に登場した中国初の人型二足歩行ロボットだ。中国の国防科学技術大学が10年もの歳月をかけて開発。平地も段差も歩行可能で言語も解するという当時としては高スペックなロボット技術だというふれ込みだった。ところがその写真を目にしたときは誰もが衝撃を受けたな。これだ」

「わっ! ホントにこんなロボットなの!?」

「テキトーなことを言ってるんだと思ってたよ」

「で、模型の方は”ネットランナー”という雑誌の2002年7月号の付録についていたプラモデルだな。名前は”中華キャノン”となって、若干のアレンジはされているがな」

「しかし、シャレにしてもよくこんなロボットをプラモデル化したね。メーカーはどこなんだろ?」

青島文化教材社だ」

「でもさ、こういうプラモデルが付録につくなんて良い時代だったんだね」

「うむ。確かにいまではちょっとできない企画かもしれんな」

「子供の頃はプラモデルの黄金時代だったけど、いまは玩具店でもプラモデルを置いてるところは殆どないしね」

「どうだ。こいつを譲ってやろうか。安くしておくぞ」

「いや、別に先行者マニアじゃないし」

私は肩をすくめると葛楽堂をあとにした。

home1