[葛楽堂] Dinkyの1960年型サンダーバード

葛楽堂タイトル1

『葛楽堂』と描かれた木製看板の奥に、古玩具だのワケのわからん品だのが所狭しと並んだショーケースが置かれている。そのショーケースを覗き込んで、いろんなモノたちを眺めながら、店主の桃源さんとときどき雑談を交わしている。

葛楽堂のショウケースにビンテージカーのミニカーが飾っている。

「桃源さん。これフォードサンダーバードでしょ?」

「うむ。フランス ディンキー(Dinky)が1961年に発売した Ford Thunderbirdな」

「ディンキーとイギリスじゃないの?」

「1901年にイギリスで総合玩具メーカー”Meccano”が創業した。Meccano社は金属製組み立て玩具の”Meccano(メカノ)”、ミニカーの”Dinky(ディンキー)”、鉄道模型の”Hornby(ホーンビィ)”などを製造していた。その分工場としてフランスにMeccano Franceが設立されたのだ。Dinkyにはフランス、イギリス、スペインがある」

「でも、同じものを作ってたんでしょ?」

「いや、同じものもあればそれぞれに生産したモノも多い。特に人気があるのはフランス・ディンキーで、世界のミニチュアカーのスタンダードとも言われている。2010年代から復刻版が生産されており、オリジナルを求める人は注意が必要だな」

「ふーん。モデルとなったFord Thunderbirdは何年型なの?」

「1960年型だな。テールランプが3つずつ並んでいるからすぐわかるぞ。”スクェアバード(Square Bird)”と呼ばれたこのタイプのサンダーバードは1958年に発表された。それ以前はヨーロッパのスポーツカータイプの2人乗りだったが、1958年から1960年までのサンダーバードは、”フォードがその時代の典型的なクロム付属品のような贅沢なデザイン特徴を妥協せずに作成したファミリー的な商品”なのだ」

「この車がファミリー向けって、どんだけ贅沢だったのよ!」

「それが黄金時代のアメリカだ。ビーチボーイズの”Fun Fun Fun”には ”And she’ll have fun fun fun ‘Til her daddy takes the T-bird away♪”という一節がある。”父親の車をこっそり持ち出した彼女と車をとり返されるまで楽しもう”という歌詞だ。歌詞中のT-bird とは、Ford Thunderbirdのことだからな。つまりは家族で楽しむための車ということだろ」

「家族向けの意味合いが違う感じだね」

「うむ。お前もこれを買って、文化の違いをしみじみと感じてみるといい」

「いやいや。余計に自分がちっぽけに思えちゃいますから」

私は肩をすくめると葛楽堂を後にした。

home1