藤岡藤巻一フジ二フジ三オヤジの風景(2009/3/22)

どうぞ、お聞きくださいまし。それは先日のこと。もうすぐ終了する文化放送のレギュラー番組 「一フジ二フジ三オヤジ」の収録の時のことでございます。

収録用の机がひとつあるだけの小さなラジオブースで、番組収録は進行していきました。座席の定位置は、私と藤巻さんが並び、対面に藤岡さんです。

この日は、藤巻さんが遅刻したので、藤岡さんと私の二人だけで収録がスタートしました。しばらくすると、藤巻さんが「悪い悪い!」と言いながら入ってきて、番組はそのままダラダラと進みました。

この番組は、ラジオのプロデューサ自らが”ラジオ史上、一番いい加減な番組”というほどテキトーな進行なのです。

収録も終わりに近づいた時です。なんとなく胸騒ぎを感じた私が、ふと足元をみると何か霧のようなものが漂うのがうっすらと見えたような気がしました。そしてすぐに、鼻腔に襲い掛かった激しい臭気。

「クサッ!!!」…私は叫び声を上げると同時に吐きそうになりました。横では藤巻さんが、「わかっちゃった? 今、ウンコを我慢してるからさ。早く番組終わらせようよ」なんて言ってます。あんたは幼児か!

それはオナラなどという生易しい表現で許されるものではありませんでした。

目をこらせば粒子の粒が見えるほどの、花粉ぐらいの大きさのウンコ粒子が空中を浮遊し、触れるものすべてを腐らせ、濁らせ、死滅させながらスタジオを徘徊しているのです。

しかし、あまりの粒子の大きさ故に、移動速度は遅く、藤岡さんに到達するのには時間がかかっています。でも逃げることはできません。やがて藤岡さんも、毒霧に飲み込まれていきました。

「うわっ、クッセーー!」,「クサー!!!」,「もうダメだ!!!」,「助けてー!」

ラジオ収録途中とはいえ、こんな腐った空気を吸ってはいられません。

私はスタジオのドアに駆け寄ると、全開にしました。腐った空気は、ミキシングルームにも這い出していきます。収録は、ドアを開け放ったままで続けられました。

その間にも、壊れたガス器具のように藤巻さんの方から、なんかシューシュー漏れていて、私は絶えず新鮮な空気の在り処を探さねばなりませんでした。

地獄のような収録が終わると、藤巻さんはトイレに駆けていき、今度はなかなか戻ってきません。

残されたメンバーは帰ることもできず、私はなぜかその場にいた女性の結婚の悩みまで聞く羽目になってしまいました。藤巻さんが帰ってきたのは、20分後でした。

「いやー、ウォシュレットで刺激されると、何度もしたくなっちゃってさー」。

あんたはエロ本をはじめて買った高校生か!!

この人、ホントに紅白歌合戦に出た人なんだろうか? もしかして、紅白の楽屋でも藤巻さんのせいでドアが全開になっていたりしたのでしょうか

でも、そう考えれば、藤巻さんの楽屋前の廊下を歩いた有名人達も吸ったであろうこの蹂躙された空気を、自分も吸うことができて嬉しい…なんて絶対に思うわけないだろが!!

静炉厳(2009/3/22)

home1