[葛楽堂] Mister Softeeのアイスクリームバン

葛楽堂タイトル1

『葛楽堂』と描かれた木製看板の奥に、古玩具だのワケのわからん品だのが所狭しと並んだショーケースが置かれている。そのショーケースを覗き込んで、いろんなモノたちを眺めながら、店主の桃源さんとときどき雑談を交わしている。

葛楽堂のショウケースに、アイスクリームバンを並べた一角がある。

「桃源さん。このアイスクリームバンはいい感じだね」

Corgiが1963年から1966年まで生産していた”smith’s Mister Softee ICE CREAM VAN”な」

「モデルとなった実車はあるの?」

「もちろんだ。アイスクリーム専門店の”Mister Softee”は、1956年にフィラデルフィアで創業したアイスクリーム店で、COMMERをベースとしたモデルの実車もあるぞ」

「ホントだ。子供の頃、楽しみにしていたアイスクリームバンが、ミニカーとして手元にあったら嬉しかっただろうね」

「我々にとってはミニカーが手元にあったとしても、アイスクリームバンの思い出をもっていないことが残念だな」

「でもさ。実在するアイスクリームバンのミニカーってことは、アイスクリームメーカーにとってもいい宣伝になるよね」

「ミニカーメーカーにしても、宣伝費として幾ばくかはもらえたんじゃないか? ミニカーの箱にアイスクリームの無料券がつくという広告を出したこともあったようだしな」

「日本でも、昔はお菓子とオモチャのタイアップがあったよね」

「それは景品だろ? お菓子を買ったら、特別な玩具が当たるみたいな」

「そうそう! ところでこのミニカーはCorgiだけど何か仕掛けはないの?」

「キャンティーン…これは荷台に設置された店部分のことな。キャンティーンの両サイドのガラスがスライドする。またミニカーの裏側のスマミを回すと販売員が回転するぞ」

「ちょっと地味のような…」

「これでいいのだ! 足りないところは思い出補正だ」

「そんなこといったって、当時身近だったのは、自転車のアイスキャンデー屋さんでしたから」

私は肩をすくめると葛楽堂を後にした。

home1