[葛楽堂] マッチボックスのトラベルトレイラー

葛楽堂タイトル1

『葛楽堂』と描かれた木製看板の奥に、古玩具だのワケのわからん品だのが所狭しと並んだショーケースが置かれている。そのショーケースを覗き込んで、いろんなモノたちを眺めながら、店主の桃源さんとときどき雑談を交わしている。

葛楽堂のショウケースにキャンピングトレーラーのミニチュアカーが飾ってある。

「桃源さん。このキャンピング・トレイラーはいいね。バルコニー付き!」

Matchbix  Lesneyが1965年から1969年まで生産していたTrailer Caravanな。バルコニーはいいよな!」

「前に”展望デッキがあるバス”のブリキ玩具で盛り上がったことがあったよね」

「乗り物で風を感じるのは解放感があるもんな」

「このミニカーって室内は見れないの?」

「屋根が取り外せるようになっているぞ。ほら」

「キッチン、ソファ、テーブル、ソファベッド、トイレ。いいね」

「キャンピングトレイラーの玩具は、遊びの想像が広がるな」

「頭の中のままごとみたいなところがあるよね」

「うむ。おまえもこいつを買って、いつかは本物のキャンピングトレイラーを手に入れる想像をしたらどうだ?」

「自分はインドア派だから、そんな必要はありませんから」

私は肩をすくめると葛楽堂を後にした。

home1