[葛楽堂] マッチボックスのなんちゃってバイク

葛楽堂タイトル1

『葛楽堂』と描かれた木製看板の奥に、古玩具だのワケのわからん品だのが所狭しと並んだショーケースが置かれている。そのショーケースを覗き込んで、いろんなモノたちを眺めながら、店主の桃源さんとときどき雑談を交わしている。

葛楽堂のショウケースの片隅にビンテージ・ミニカーが並んでいる。

「桃源さん。このバイクのミニカーは子供の頃に遊んでたよ」

「英国のMatchbox社が、1967年から1972年まで発売してた”Honda Motorcycle & Trailer”な」

「これってホンダのバイクだったんだねバイクの車種なんて興味なかったっていうかみんな同じに見えたから気にしてなかったな」

「バイクに詳しい人は、こんなのは”なんちゃってバイク”だなんてことを言うが、この時代の玩具にそこまで精密さを求めるのことはないと思うがな」

「うん。バイクのミニカーってだけで珍しかったよ。ミニカーを手で動かすのとバイクを動かすのは遊び方が違うもんね」

「子供がオモチャを眺めてるだけのわけないからな。動かして遊ぶってのが面白んだろ。それがこの手のオモチャの役目だしな。眺めるのは大人になってからだ。おっと眺めるのはこの店じゃなくて、買って帰ってからだがな」

葛楽堂の店主はそういって、オレを見るとニヤリと笑った。

home1